2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

HEROSAGA

ひーろーさーが

『月刊ホビージャパン』で連載中のS.I.Cを挿絵に使用した『仮面ライダー』シリーズの外伝的小説。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 作品一覧
  • 2.1 MASKED RIDER KUUGA EDITION -オデッセイ-
  • 2.2 MASKED RIDER BLACK RX EDITION -After 0-
  • 2.3 MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-
  • 2.4 MASKED RIDER AGITΩ EDITION -HEAVEN'S DOOR-
  • 2.5 MASKED RIDER AMAZON EDITION -プレ・ステージ-
  • 2.6 MASKED RIDER RYUKI EDITION -アドベントカレンダー-
  • 2.7 MASKED RIDER ZO (& J) EDITION -ZO vs J-
  • 2.8 MASKED RIDER RYUKI EDITION -IFの世界-
  • 2.9 MASKED RIDER EDITION -ここより永遠に-
  • 2.10 AKUMAIZAR3 EDITION -BEFORE and AFTER-
  • 2.11 MASKED RIDER HIBIKI EDITION -SEVEN OGRES-
  • 2.12 MASKED RIDER EDITION -脱出-
  • 2.13 MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW-
  • 2.14 KIKAIDER01 EDITION -ANOTHER YESTERDAY-
  • 2.15 MASKED RIDER AGITΩ EDITION -PROJECT G1-
  • 2.16 MASKED RIDER KUUGA EDITION -DARK SIDE-
  • 2.17 HERO SAGA SPECIAL EDITION -FOUR CARDS-
  • 2.18 MASKED RIDER X EDITION -ゼウスの息子-
  • 2.19 MASKED RIDER DEN-O EDITION -1971年4月3日-
  • 2.20 MASKED RIDER KIVA -KING OF VAMPIRE-
  • 2.21 MASKED RIDER DECADE -ストロンガーの世界-
  • 2.22 MASKED RIDER KABUTO EDITION -since 1986-
  • 2.23 KAMEN RIDER W -Playback-
  • 2.24 MASKED RIDER ZX -FORGET MEMORIE'S-
  • 2.25 MASKED RIDER GILLS -仮面ライダーになってしまった男-
  • 2.26 KAMEN RIDER OOO EDTION -OOZ-
  • 2.27 MASKED RIDER SHIN EDITION -終わりの始まり、始まりの終わり-
  • 2.28 MASKED RIDER EDTION -仮面ライダー #99-
  • 2.29 KAMEN RIDER WIZARD EDTION -魔法使いの弟子-
  • 2.30 MASKED RIDER DECADE EDTION -オーズの世界-
  • 2.31 KIKAIDER REBIRTH 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
  • 2.32 KAMEN RIDER AMAZONS 『獣人症候群(シンドローム)』
  • 2.33 MASKED RIDER DEN-O 『ロスト・トレイン』
  • 3 本作オリジナル設定の一覧
  • 3.1 1号・2号
  • 3.2 V3
  • 3.3 アマゾン
  • 3.4 真
  • 3.5 BLACK
  • 3.6 ZO&J
  • 3.7 クウガ
  • 3.8 アギト
  • 3.9 龍騎
  • 3.10 ファイズ
  • 3.11 剣
  • 3.12 響鬼
  • 3.13 電王
  • 3.14 キバ
  • 3.15 ディケイド
  • 3.16 W
  • 3.17 オーズ
  • 3.18 ウィザード
  • 3.19 鎧武
  • 3.20 アマゾンズ
  • 3.21 その他
  • 4 関連項目
  • 概要

    石森プロ早瀬マサトによる小説雑誌月刊ホビージャパン』で掲載されており、挿絵にはS.I.Cを使用している。
    内容は基本的に特撮番組仮面ライダーシリーズ』の外伝であり、基本的にはそれぞれ番組の設定に準じた内容だが、中にはキバ編みたいにパラレルになっているものや、本編とは設定が変更されている作品も多い。また仮面ライダー以外にも東映特撮作品のキカイダー01アクマイザー3もある。
    本作オリジナルの戦士や怪人も数多く登場し、設定上存在する・しうるものも、独自解釈で立体化している。また、一部はバンダイとホビージャパンの連動企画として、S.I.Cの作例を元に商品化されている。

    なお、石森プロは平成ライダーシリーズなどで東映に設定協力するなど関わりが深いが、本作に関しては東映「公式」ではない
    あくまでも。公式設定に含めてはいないが、否定もしていないという「公認」作品にあたり、公式作品である映像および、その関連作品と分けて考える必要がある。ただし、後述の単行本などでは「協力」としてバンダイと共に、クレジットされている。
    一方で、作品紹介の際は「オフィシャル(ジオラマ)ストーリー」と表記されるが、これは石森プロおよび、S.I.Cにとってのものと思われる。

    ホビージャパン社からは、内容をまとめた単行本『S.I.C OFFICIAL DIORAMA STORY S.I.C HERO SAGA』が発売されており、現在『vol.1』『vol.2』『KIKAIDER00(キカイダーダブルオー)』『vol.3』『vol.4』『仮面ライダー電王SPECIAL』『仮面ライダー/仮面ライダーウィザード編』『仮面ライダーディケイド/仮面ライダー鎧武編』が刊行中。

    作品一覧

    MASKED RIDER KUUGA EDITION -オデッセイ-

    2002年2月号から2002年5月号まで連載。
    記念すべき第1作で、時系列は仮面ライダークウガ第一話以前の超古代の時代を描く。クウガの高寺P直々に監修を行なっている。ただし、クウガのプロローグとは言っても、リント族やグロンギ族を初めとした各設定が根本的に本編とは異なっており、明確にTV本編とはパラレルの作品である。

    MASKED RIDER EDITION -Missing Link-
    2002年7月号から2002年10月号まで連載。
    時系列は、仮面ライダーがテコ入れされ始めた、テレビ本編の13話から14話の間を描く。仮面ライダー2号の誕生秘話。

    MASKED RIDER BLACK RX EDITION -After 0-

    2002年12月号から、2003年3月号まで、連載。
    仮面ライダーBLACKRXの後日談。シャドームーンのRX版や、創世王とは何なのかが語られる作品。
    レッドシャドームーンの実質的な初出がこの作品であり、バトライド・ウォー創生を思わせる要素が多い。

    MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-

    2003年5月号から、2003年8月号まで掲載。
    時系列はV3最終回からXまでの間。ライダーマンが、プルトンロケット破壊後どうなったかを描く作品で、仮面ライダーSPIRITSでも似たシチュエーションがあったが、発表はこちらが先。また仮面ライダーXとのリンクも見られた。

    MASKED RIDER AGITΩ EDITION -HEAVEN'S DOOR-

    2003年10月号から、2004年3月号まで連載。
    HEROSAGAの中でも、色んな意味で有名な作品の一つ。時系列はアギト終盤で、連載時には仮面ライダー555とのハイパーリンクが為されていたが、当時は平成ライダーの世界観が独立していた事もあって、単行本化された時にはそこら辺の設定が無かった事にされた。

    MASKED RIDER AMAZON EDITION -プレ・ステージ-

    2004年5月号から、2004年7月号まで連載。
    時系列は、アマゾン第一話より前。アマゾンライダーが如何にして誕生したか、ギギの腕輪がないアマゾンはどうなるのかが描写された。作品のベースは原始少年リュウ
    アマゾンアルファの元ネタになった作品なのかは、不明。

    MASKED RIDER RYUKI EDITION -アドベントカレンダー-

    2004年8月号から、2004年12月号まで連載。
    龍騎の繰り返された戦いの一つ。『城戸真司』と言う人物は何者であるかが描かれる。王蛇がサバイブになったり、オーディンゾルダ以外の契約モンスターを合体させると言う、テレビ版以上にやりたい放題する作品。

    MASKED RIDER ZO (& J) EDITION -ZO vs J-

    2005年2月号から、2005年5月号まで連載。
    時系列はJ終了後。(ZOから5年後とされている為、1998年と思われる。)ZOとJが何故姿が似通っているか、フォッグと言う組織の成り立ちなどの設定が明かされた作品で、地空人が、ZOに大自然の力を与え、JにはZOの姿を基にした姿を与えたと言う設定は、この作品が初出。

    MASKED RIDER RYUKI EDITION -IFの世界-

    2005年6月号から、2005年8月号まで連載。
    龍騎の繰り返された戦いの一つで、前作に引き続き、王蛇サバイブと、新規にリュウガサバイブが登場した。
    何と今回は、オルタナティブが13人登場する。(その内の数体は神崎士郎が作っているが、それって龍騎のライダーの条件満たしてるんじゃないの?と言うツッコミは野暮である。)
    のちに、リュウガサバイブに相当するフォームはドラゴンナイト小説版にも登場した。

    MASKED RIDER EDITION -ここより永遠に-

    単行本第1巻書き下ろし。
    仮面ライダー旧1号が、新1号へとパワーアップする、第52話から第53話の間の出来事。

    MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-
    2005年10月号から、2006年1月号まで連載。
    パラダイス・ロストの前日譚で、仮面ライダーデルタが劇場版に登場しなかった理由や、オルフェノクが如何にして世界の覇権を握ったかが語られた。本編とは別方向に草加の悪辣な面が描かれている。

    AKUMAIZAR3 EDITION -BEFORE and AFTER-

    2006年3月号から、2006年4月号まで連載。
    アクマイザー3』のプロローグでザビタンの両親とザビタン出生の秘密が描かれた。

    MASKED RIDER HIBIKI EDITION -SEVEN OGRES-

    2006年6月号から、2006年9月号まで連載。
    7人の戦鬼(戦国時代視点)の続編。

    MASKED RIDER EDITION -脱出-

    2006年10月号に掲載。
    本郷猛の改造シーンを、緑川博士の視点で描く作品。

    MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW-

    2007年2月号から、2007年5月号まで掲載。
    最終回後の後日談。時系列的には、ジオウや小説版の前日譚となる。
    展開は、ハイパーバトルビデオに近い構成となっている。

    KIKAIDER01 EDITION -ANOTHER YESTERDAY-

    2007年8月号掲載。
    TV版キカイダー01の誕生を描いた作品。

    MASKED RIDER AGITΩ EDITION -PROJECT G1-

    2007年10月号から、2008年1月号まで掲載。
    PROJECT_G4の後日譚。クウガの設定をミックスした作風となっている。

    MASKED RIDER KUUGA EDITION -DARK SIDE-

    単行本第2巻書き下ろし。
    超古代における、ン・ダグバ・ゼバの視点で描かれた作品。
    ただし、残虐性以外は本編のダグバとは完全に別人であり、ほぼオリジナルキャラになっている。
    また、色々な謎を残したまま物語が完結しているのも特徴。

    HERO SAGA SPECIAL EDITION -FOUR CARDS-

    2008年3月号から、2008年6月号まで掲載。
    ディオラマのみで、小説部分はなし。

    MASKED RIDER X EDITION -ゼウスの息子-

    2008年7月号から、2008年9月号まで掲載。
    テレビ本編の後日談。神博士や呪博士ととある人物の関係がとアポロガイストの素性が語られた。

    MASKED RIDER DEN-O EDITION -1971年4月3日-

    2008年12月号から、2009年10月号まで掲載。
    クライマックス刑事の後日談。7人ライダーと、ショッカーからバダンまでの怪人が激突する。サブタイトルは、『仮面ライダー』の初回放送日である。

    MASKED RIDER KIVA -KING OF VAMPIRE-

    2010年1月号から、2010年4月号まで掲載。
    キバ最終回のIF展開を描く。仮面ライダーキバーラが登場。

    MASKED RIDER DECADE -ストロンガーの世界-

    2010年6月号から、2011年5月号まで掲載。
    時系列は、RXの世界アマゾンの世界の間。劇場版2作の設定が組み込まれており、ディケイドの根幹設定に触れた作品の一つ。
    ストロンガーのリ・イマジ世界を舞台としているが、原作のストロンガーと思わしき城茂も、登場する。

    MASKED RIDER KABUTO EDITION -since 1986-

    単行本第3巻書き下ろし作品。
    天道加賀美の父が、赤い靴システムについて語らうストーリー。

    KAMEN RIDER W -Playback-

    2011年7月号から、2012年1月号まで掲載。
    第48話で消滅したフィリップが、仮面ライダーの原作者と出会うストーリー。
    本作に登場する石ノ森章太郎のいた世界は、仮面ライダーが藤岡弘、の撮影中の事故による降板を受けて打ち切りになったと言う設定になっている。

    MASKED RIDER ZX -FORGET MEMORIE'S-

    2012年3月号から、2012年6月号まで掲載。
    原作を再構成した作品で、一部描写が異なる。

    MASKED RIDER GILLS -仮面ライダーになってしまった男-

    2012年8月号から、2012年11月号まで掲載。
    サブライダーである仮面ライダーギルスを主人公に添えた非常に珍しい作品で、時系列は、アギト最終回後から10年後の2012年。

    KAMEN RIDER OOO EDTION -OOZ-

    2013年2月号から、2014年1月号まで掲載。
    レッツゴー仮面ライダーの後日談で、夢オチとも取れる不思議な物語が特徴。
    主にオーズライダーマンが活躍し、7人ライダーが戦った、悪の組織をモデルにしたグリード達と戦う。
    思わぬゲストも登場。

    MASKED RIDER SHIN EDITION -終わりの始まり、始まりの終わり-

    単行本第4巻書き下ろし作品。
    現時点に置いて、唯一の真・仮面ライダー序章の続編と言える作品。主人公は、真の息子である新を主人公としている。尚、本作の真は改造手術の影響で人間性を失い、敵と言う形で登場する。
    続編とはいえ、一種のIFなので、現行の映像作品には繋がらない設定となっている。
    それにしても、息子の名前がと言うのは中々粋な計らいである。

    MASKED RIDER EDTION -仮面ライダー #99-

    2014年3月号から!2014年7月号まで掲載。
    初代の最終回からV3第2話までのダブルライダーの戦いを描く。V3第一話で描かれなかったシーンの補完作品でもあり、カメバズーカを道連れにしたダブルライダーが助かった理由も判明している。
    マイナーなショッカー怪人が登場した。

    KAMEN RIDER WIZARD EDTION -魔法使いの弟子-

    2014年10月号から、2015年9月号まで掲載。
    仮面ライダーウィザードの、後日談…に見せかけたMOVIE大戦MEGAMAXの、後日談。『世界三大何やってるんだかわからない企業』なるものの存在が語られており、鴻上ファウンデーションスマートブレイン社の名前が上がっていた。流石にウィザード時点でスマートブレインは倒産しているだろうが。後に、最後の一つがユグドラシル・コーポレーションである事がわかっている。

    MASKED RIDER DECADE EDTION -オーズの世界-

    2015年12月号から、2017年3月号まで掲載。
    仮面ライダーオーズ仮面ライダー鎧武の原典によく似た、リ・イマジ世界を舞台とした作品。
    時系列についてはスーパーヒーロー大戦GPの後だが、士以外はライダー大戦を経験していないかのような節がある。ディケイドライバーがまだネオ仕様ではない為、ジオウの前である事は確かである。
    士のセリフから、GPでショッカーライダーに改造されたのはそういう役割であった事が窺える。
    余談だが、この作品の世界では人間の負の感情に引き寄せられる怪物と戦う黄金の騎士が主人公の深夜特撮番組が放送されている模様。

    KIKAIDER REBIRTH 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

    2017年7月号から、2018年5月号まで掲載。
    キカイダー01仮面ライダー鎧武の登場人物も登場する。
    実質的なキカイダーREBOOTの続編なのだが、ジローは、鎧武のゲスト回以降はREBOOTの戦いに身を投じていないようである。物語としては、漫画版キカイダーの最終章付近がベースになっている。

    KAMEN RIDER AMAZONS 『獣人症候群(シンドローム)』

    2018年10月号から、2018年11月号まで掲載。
    アマゾンズシーズン1からシーズン2までの期間を描く作品。『外伝_蛍火』とは、時系列的に、どちらが先になるのかは不明。

    MASKED RIDER DEN-O 『ロスト・トレイン』

    2019年3月号から、2020年8月号まで掲載。
    クウガからディケイドまでの平成1期ライダーが、歴史改変で消えてしまった昭和10人ライダーの代わりにショッカーからバダンまでの組織と戦うと言うストーリー。同時期の仮面ライダージオウや、往年のバトライド・ウォー創生に酷似した作風だが、奇しくも、前者で触れられている昭和ライダーが、BLACKRXからJまでである所が、ニクい。

    本作登場のディケイドは、ディケイドライバーの状態から、ジオウ以前のディケイドである事は確か。また、登場人物は全て原典の登場人物なのだが、時々原作と異なる話し方をしている(特にキバはシナリオ面のミスなのか、時折変身者である紅渡の他、ミュージカルの様にキバットが喋っているような描写が見て取れる)。どうやらこれには意味があるようで…?

    ライダー対応表

    消滅したライダー代打敵対する組織備考
    ダブルライダークウガ&アギトゲルショッカー平成1号と平成2号。本格的に世界観が同じであるクウガとアギトが絡むのは珍しい。尚アギトは、どちらかといえばV3のオマージュが多い。
    V3&ライダーマン龍騎&555デストロンどちらかといえば555は、Xライダーオマージュのヒーローである。また、555が主役のある作品では、ライダーマンを元ネタにしたライダーが登場している。
    XブレイドGOD機関ブレイドは本物の神とも言うべき存在に挑んだのに対し、Xは神話モチーフの怪人と戦った。
    アマゾン響鬼ガランダー帝国響鬼は平成のアマゾンの異名を取る。
    ストロンガークウガ〜カブトデルザー軍団カブトとストロンガーは、同じカブトムシモチーフ。また、カブトはストロンガーを参考に、デザインされた。
    スカイライダー電王ネオショッカー
    スーパー1キバジンドグマどちらも月に関係があるライダーである。
    ZXディケイドバダン同じく10号。大ショッカーバダンは、過去作の総決算組織と言う共通点もある他、両者は過去に戦った事がある。。また両者はどちらも敵組織の大首領と関係があると言う共通点もある


    本作オリジナル設定の一覧

    1号・2号


    V3


    アマゾン



    BLACK


    ZO&J


    クウガ


    アギト


    龍騎


    ファイズ



    響鬼


    電王


    キバ


    ディケイド


    W


    オーズ


    ウィザード


    鎧武


    アマゾンズ


    その他


    関連項目

    S.I.C ホビージャパン 東映ヒーロー 石ノ森ヒーロー

    関連記事

    親記事

    S.I.C すーぱーいまじねいてぃぶちょうごうきん

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivで「HEROSAGA」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21545

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました