ピクシブ百科事典

仮面ライダーゼクロス

かめんらいだーぜくろす

『仮面ライダーZX』シリーズの主人公。
目次[非表示]

概要

「オレの体は今日のためにあることを…V3、あんたが教えてくれた!!」

10号誕生!



バダンによって改造された村雨良変身する仮面ライダー
モチーフはカミキリムシ。体の99%を機械化されたパーフェクトサイボーグである。脚部にはジェットエンジンが搭載され、最大300mまで上昇することが可能。
それまでのライダーのように体術を駆使した技はあまり使えないが、その代わり忍者ライダーの異名どおり全身に備えた武器を駆使して戦うライダーである。
設定によれば100mを0,6秒という驚異の俊足を持つ(『仮面ライダーの常識 乱世激闘編』より)。これは仮面ライダーアマゾンジャングラー仮面ライダークウガトライチェイサーよりも早く、加速能力体感速度操作を除けば今の所最も「素」の状態で足が速い仮面ライダーと言える(フォームチェンジも含めれば、仮面ライダードライブタイプフォーミュラの0.2秒が最速)。
漫画仮面ライダーSPIRITS」の設定では彼はバダン首領の新たなる体となるために開発されたことになっている。

技の一例

 ヒジの部分にくっついている。ダイヤモンドより硬いを持ち、1000m先の鉄板だって貫くほどの威力を持つ。別名:十型手裏剣

 膝に装着されている、カラフル爆発を起こす爆弾(ダイナマンか)。ZXの意志によって爆風のベクトルを調節できるため、閉所でも使用できる。
  • マイクロチェーン
 5万Vの電撃を流すことのできる。普段は手の甲に収納されているが、いざとなったら長さは20mまで伸び、1tの重量物を牽引できる。
 伸縮自在の電磁ナイフ。熱と磁力を帯びることで金属すら焼き斬る。
  • 虚像投影装置
 薄いガスを発生させて空気をスクリーンに変え、自らのホログラムを出現させて相手を混乱させる装置。要するに分身の術ですね。
またこれで他人に変装することも可能。
  • ZXキック
 皆さんおなじみライダーキック。赤いオーラを纏って放つのが特徴で、仮面ライダーSDでもしっかり再現されていた。雑誌連載時は「ZXイナズマキック(後述)」と呼称されることもあった。ヤマアラシロイドを倒した「爆発蹴り」というバリエーションも存在する。
  • ZX穿孔キック
 『仮面ライダーSPIRITS』でのオリジナル技で、仮面ライダー1号から受けたライダーきりもみシュートと、立花藤兵衛と共に行った渦潮内での特訓で編みだした。きりもみシュートの要領で小規模な竜巻を作り、その中に巻き込まれた敵に向かって錐揉み状にキックを放って撃破する。
  • ZX稲妻キック
赤い稲妻をまとったキックでZXの最強技。ZXアームズでも使用が可能。



余談

昭和ライダーとしては珍しく、デザインが左右非対称になっているのが特徴。
また初期案には『1号からスーパー1』までのライダーに変身できるというものがある。
この設定はある作品で採用されることとなる

『仮面ライダーZX』の主人公であり、一応映像化もされてはいるものの『仮面ライダーZX』自体がほぼ雑誌のグラビア企画程度にしか展開されず起承転結のある物語として描かれていない為、長い間昭和ライダーの中でもかなり影が薄く不遇な存在だった。
漫画仮面ライダーSPIRITS」で主役となった事で現在では知名度や人気も上がっている。

ガンバライド/ガンバライジング

ガンバライドでは第7弾から参戦。SRで登場。
声は菅田俊氏。なんと本人ボイスである。スタッフにZXファンがいるからとの噂。
必殺技は「衝撃集中爆弾」。演出が地味なのが残念。

第11弾で再びSRで登場。
新必殺技として「ZXキック」が実装された。

その後、S2弾でSR、S3弾ではオールタイプキャンペーンの1枚・機械タイプ代表としてCPで登場した。

ガンバライジングでは3弾から参戦。SRで登場。
こちらでも声は菅田俊氏。
バースト必殺技は「ZXキック」。

関連項目

10号誕生!仮面ライダー全員集合!! 仮面ライダー大戦
コマンドロイド

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーゼクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24678

コメント