ピクシブ百科事典

ドクトルG

どくとるげー

『仮面ライダーV3』に登場するショッカー首領がゲルショッカーの次に結成した悪の組織、デストロンの大幹部の1人。
目次[非表示]

演:千波丈太郎/細井治(ゲーム版)、奥田達士(スーパーヒーロー大戦)

概要

仮面ライダーV3』に登場する悪の組織デストロンショッカー首領ゲルショッカーの次に結成した組織)の大幹部
V3によって、作戦を次々と阻止され、日本征服の遅れを取ったデストロン首領によって、ジシャクイノシシがV3の注意を引いている間に上陸する「G作戦」によりドイツ支部から来日した。

性格は冷酷かつ尊大で、任務に失敗した者はたとえ怪人でも容赦しない非情さを持つ。
だがV3や1号及び2号を倒す為に味方の怪人軍団を巻き添えになる承知でタイホウバッファローに砲撃を指示して味方を無駄に全滅させたり、デストロンの改造人間工場の位置を示した暗号書類をデストロンハンターに盗まれた上に暗号を解読され改造人間工場を爆破される等と短慮かつ迂闊な一面を持つ。

その一方で日本皆殺し作戦が失敗しアジトの自爆装置が作動した際にはショッカー、ゲルショッカー幹部達に自ら責任を取ると宣言したりV3に敗北した際には自らの敗北を潔く認める等独自の騎士道精神と哲学を持った武人である。V3打倒や日本征服を目的とした様々な作戦を展開し、その作戦の元に強力な機械合成怪人を送り込んだ。

常にで身を固めた物々しい格好だがドイツ出身のを専門とする科学者でもあり、ナチスでも一定の地位を務めた。
なお妻帯者であったが、実験中に妻をサソリの毒で失ったというエピソードもある。
ドクトルの名の通り改造人間制作技術にも長けており、デストロン怪人カメラモスキートは彼の自信作。

また作戦において細菌戦を好む傾向がある他日本上陸時は棺の中から現れ、最終決戦前には悪魔の生霊を召喚して自らに憑依させる等呪術師的な面も持ち合わせる。
また実際には使用されなかったが、腰に差している剣からは稲妻を発する能力が有るとされる。

仮面ライダーV3との最終決戦では怪人”カニレーザー”に変身した……しかし外見は「サソリレーザー」にしか見えない。
なお、千波氏自身もサソリの怪人になると思っていたらしい。かつ、視聴者や雑誌読者からの正体怪人募集でもほとんどがサソリモチーフの怪人だったという。
最後はV3との激しい死闘の末にV3きりもみ反転キックを受け敗北し、元の姿に戻った後自らの敗北を潔く認める。そして偉大なるデストロンは永久に滅びないと言い残し、V3に最後の別れを告げて爆散した。

余談

劇中で仮面ライダーのことを、「仮面ラーイダ」と発音していたが、これは演じた千波丈太郎氏が歌舞伎の見得の切り方にヒントを得たものである(『仮面ライダーSPIRITS』12巻本人インタビューより)

その他の作品におけるドクトルG

ショッカー戦闘員を主役とした舞台『戦闘員日記』で千波氏がオファーを受けた際も「俺が演るならドクトルGしかないだろう」ということで、”ショッカー幹部としてのドクトルG”が実現した。この作品中では部下を思いやる場面や義侠心を見せる場面もあり、武人的な面がより強調されている。
なお今作の宿敵は風見志郎ではなく一文字隼人である為、「おのれ、仮面ラーイダ!」と唸った。

仮面ライダーSPIRITS』では四国の地底に眠るバダンニウム採掘のために高知県テロをおこして占領、市民を強制連行して奴隷のようにこき使っていた。V3が現れたのを知りカニレーザーに変身して迎え撃つが、26の技の一つ「レッドボーンリング」でレーザーを弾き返された挙句回転に巻き込まれて木端微塵に砕け散った。残った三大幹部も仮面ライダーZXの手により全滅する。

仮面ライダー11戦記』では、再生強化怪人を戦力とする大首領直属の組織「ガイスト」の大幹部として登場。
この作品では上述の尊大な性格が強調されており、「冥途の土産」として南光太郎に大首領の復活を教えた後に逃亡されたり、本郷猛抹殺の為にネオキングダークを導入した挙句に戦力を失ったり等の失態を続け、カニレーザーに変身する間もなく大首領に処刑された。

仮面ライダーSD』では八鬼衆の一人、サイボーグ怪人軍団長と設定されている。
とかくマニアックなあおきけい氏の『マイティライダーズ』では「ラーイダ」を連呼する。部下にグランショッカー一の科学者と言わしめるが、他の八鬼衆のようにアホさやセコさも見せる。

スーパーヒーロー大戦』でも同名のキャラクターが大ショッカー副首領として登場したが、その正体は鳴滝であった。

関連タグ

仮面ライダーV3 デストロン カニレーザー

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクトルG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10464

コメント