ピクシブ百科事典

ジシャクイノシシ

じしゃくいのしし

ジシャクイノシシとは、仮面ライダーV3に登場する機械合成怪人である。
目次[非表示]

「G作戦は成功した!ドクトルGは無事日本に上陸したのだ!」
CV:峰恵研 山下啓介(映画)

概要

仮面ライダーV3』第13話「恐怖の大幹部ドクトル・ゲー!?」に登場するアマゾン原産のイノシシ磁石機械合成怪人。鳴き声は「シャシャシャシャシャーッ」

時速300kmもの速さで敵に体当たりする「イノシシダッシュ」が必殺技。
また右腕についている「スーパー磁石」は空を飛んでいる飛行機の計器や仮面ライダーV3の電子頭脳を狂わせ、自動車を浮かび上がらせられるほどの磁力を持つ。この力で敵に物をぶつけることもできる。この磁石からは周囲に電磁網を展開して触れるものを吹き飛ばす「ジシャクバリア」を放つこともある。
人間に変身することもできるが、体に流れている電流までは誤魔化せないため周囲に電波障害が発生する。

丹沢の牙ヶ岳に伝わる伝説の猪男の写真を撮りに来た風見志郎の後輩である吉村秀夫を襲い、吉村のガールフレンドである陽子が入院している病院に吉村に化けて現れ「猪男はいなかった」と告げてその場を去る。
次に「G(ゲー)作戦」の下準備として自動車を襲撃し、運転手を救助したV3と戦闘。スーパー磁石の磁力で苦しめ爆殺させた。
だがV3の爆発が逆ダブルタイフーンの偽装であり、実際は生きていることに気づいておらず、またしても吉村の姿でビルの屋上からスーパー磁石で新幹線を破壊しようと企んだが、追ってきた風見と交戦。

逆ダブルタイフーンが原因で変身出来ない風見を追い詰めたが、制限時間が終わったことで再度変身したV3と路線が見渡せる丘で闘い、背後を取られてV3電熱チョップでスーパー磁石を壊される。だが、「G作戦」の実態はドクトルGの日本上陸を悟られない為の囮作戦であり、作戦成功をV3に明かした。
そして、V3を道連れにしようとイノシシダッシュを放つも避けられてしまい、自分だけ崖から転げ落ち立ち上がるもそのまま爆死した。文字通り「猪突猛進」というところだろう。

その後の登場

映画『仮面ライダーV3対デストロン怪人』にて再生怪人として登場。
デストロン基地にやってきた風見をピッケルシャークと共に迎え撃ったが返り討ちにあい、撤退する。
そしてデストロン無人島基地にてスプレーネズミレンズアリガマボイラークサリガマテントウバーナーコウモリ、ピッケルシャーク、ドリルモグラと出撃し仮面ライダー2号を迎え撃ったが、ドクトルGの無茶な命令でタイホウバッファローの砲撃に巻き込まれ死亡した。

漫画『仮面ライダーSPIRITS』では四国を襲撃した再生怪人の一人として登場。
高知のバダンニウム鉱山に殴り込みをかけたV3を襲撃するが、V3レッドボーンリングに巻き込まれて粉々に引き潰されて爆死した。

関連タグ

デストロン 機械合成怪人 磁石 イノシシ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジシャクイノシシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント