ピクシブ百科事典

レンズアリ

れんずあり

仮面ライダーV3に登場する機械合成怪人の1人。
目次[非表示]

「教えてやろうか?全世界にその名を轟かせたレンズアリとはオレ様のことよ!!」
CV/辻村真人

概要

仮面ライダーV3』第9話、10に登場するアンデス山脈に棲息するアリレンズの能力を付与されて制作されたデストロン機械合成怪人
背中が曲がった禿頭の左半分がケロイド状の傷に覆われた不気味な男性人間態を持つ。鳴き声は「チャカー」。プライドが高く上記の通り、全世界にその名を轟かせたと言う自負からか、自らの手でV3を倒そうとしていた。その一方で首領への忠誠心も高く、カミソリヒトデの共闘を一度は断ったがそれが首領の命令だと知ると素直に従い彼と息の合った戦闘を行なった。

全日本モトクロスチャンピオンレースにおいてバイクレーサーたちを誘拐して改造液を注入。洗脳を施して『レーサー地獄部隊』に仕立て上げ、彼らを使って人工衛星用の核物質の強奪を目論んだ。

しかしそうはさせじとアジトに乗り込んできた風見志郎に『還元液』を奪われ、『レーサー地獄部隊』に仕立て上げたレーサーたちの洗脳を説かれてしまった為、最後の決戦に突入。
カミソリヒトデを伴い、絶妙なコンビネーション攻撃で善戦するがV3・26の秘密の1つである『レッドランプパワー』で熱線を跳ね返され両目を焼かれてしまい、最後は『V3きりもりキック』を受け爆死した。

能力

アリの怪人だけあって怪力の持ち主で左に装着された万力で敵のを絞め上げる。
また、両目に装着されたレンズから5000℃の高熱熱線を発射してあらゆるものを焼き尽くしてしまう事ができる。

また、両足にはドリルが組み込まれており、これを使って地中を自在に掘り進み神出鬼没にどこへでも現れることが出来る。

派生作品

映画『仮面ライダーV3対デストロン怪人』おいてドクトルGが万が一V3の弱点が入った時の備えとして用意していた再生怪人軍団の一員として登場。V3及び彼の加勢に加わったダブルライダーと激闘を繰り広げるが、最後はGの無謀極まりない作戦指示を受けたタイホウバッファロー砲撃を受け犬死してしまった…。

すがやみつるによる漫画版ではカミソリヒトデミサイルヤモリと共に基地に乗り込んできたV3を襲撃するが、逆ダブルタイフーンに巻き込まれてカミソリヒトデ共々何もしないうちに殉職した。

仮面ライダーSPIRITS』では、暗闇大使が時空魔法陣で復活させた再生個体が登場したと思われる(登場している描写は無いが、時空魔法陣は15巻のブラックサタンを見れば分かる様に、ライダーと戦った個体は勿論、改造に失敗し廃棄された個体も復活させるようであるため)。
特に倒された描写は無いため、カメバズーカピッケルシャークなどと同じくバダンUFOで撤収していったと思われる。

関連項目

機械合成怪人 デストロン怪人 アリ レンズ デストロン 改造人間

pixivに投稿された作品 pixivで「レンズアリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 853

コメント