ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

南米大陸の西側をS字に広がる山脈地帯。
アルゼンチンなど7ヶ国に跨る世界最長の山脈である。

北部は赤道に近い為気候が温暖で、中部は乾燥した高原地帯が広がり、南部は寒冷で地形が険しいのが特徴。
中部はかつてインカ帝国首都クスコが置かれていたり、ジャガイモの原産地であったことなど人類史的に見ても非常に重要な地域である。
農地として優れている土地ではあるものの、ボリビアの首都ラパスと北部のユンガス地方を結ぶ車道は「死の道路」と呼ばれ、険しさは他の地域に勝るとも劣らない。
南部は農地に向かない土地が多いのでリャマアルパカなど高地に強い家畜放牧を行なっている。

汽船が航行するとしては世界一の標高にある「チチカカ湖」や天空の鏡と呼ばれる絶景を堪能できる「ウユニ塩湖」、インカ帝国の遺跡として名高い「マチュ・ピチュ」は中部に存在する。

最高峰チリとの国境に近いアルゼンチン領内に位置するアコンカグア(6,960m)。

フィクションにおいて

(必殺タクティクスが「アンデスのありじごく」、キャプテンのテレス・トルーエの異名が「アンデス不落の要塞」であるなど)。

  • どうぶつの森シリーズに登場するワシ系の住民「アンデス」はこの山脈に生息するカラカラというが元ネタ。ただしアンデス山脈に生息する種は顔が黒い。

山域国

ボリビア ペルー アルゼンチン チリ
エクアドル ベネズエラ コロンビア

関連項目

山脈 南米 地理 パタゴニア
コンドル リャマ アルパカ
フォルクローレ コンドルは飛んでいく

関連記事

親記事

山脈 さんみゃく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンデス山脈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1189

コメント