2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

所在地ペルーボリビア
標高3,812 m
面積8,372 km^2
周囲長1,125 km
最大水深281 m


チチカカ湖とは、南米大陸ペルーボリビアにまたがる淡水湖である。湖面の60%がペルー領で、40%がボリビア領となっている。
流入河川は複数存在するが、流出河川はデサグワデーロ川のみであり、ポーポ湖へと連なっている。

湖には、チチカカ島や太陽の島、月の島など41の島々がある。またペルー側にはウル族がトトラという葦で作った浮島に居住している。この浮島群はウロス諸島と呼ばれ、大小100程度が集まり、5000人程度が暮らしている。かつては漁業で生計を立てていたが、2005年から観光客の受け入れが始まっている。
1998年8月に領域800km^2がラムサール条約登録地となった。
また、チリとの戦争に負けて太平洋に面する領土を失ったボリビアの海軍基地がある。

生息生物

外来種

北米原産のニジマスヨーロッパ原産のブラウントラウトアルゼンチン原産のペヘレイなどが持ち込まれた。

在来種

魚類としては、カラチイスピといった魚が捕獲でき、唐揚げなどにして食べられている。また、マウリと呼ばれるナマズがいる。
両生類としては、チチカカミズガエルなどの大型の水棲のカエルが生息し、他に ヒキガエル属なども生息する。
そのほか、全長40-50cmほどのヘビも棲息している。

関連タグ

ペルー ボリビア

関連記事

親記事

みずうみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チチカカ湖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました