ピクシブ百科事典

大沼

おおぬま

日本の地名、または日本人の苗字
目次[非表示]

地名

  • 大沼(七飯町):北海道七飯町の。本稿で詳述。
  • 大沼(稚内市):北海道稚内市の沼。
  • 大沼(赤城山):群馬県赤城山頂にある湖。


苗字


大沼(七飯町)

北海道亀田郡七飯町にある。また、大沼とともに渡島駒ヶ岳のふもとに広がる小沼、蓴菜沼などを含めた地域の名称でもある。カヌー釣りスキー乗馬登山ゴルフ、バードウォッチングなど多岐にわたるアトラクションが楽しめる、道南を代表する観光地のひとつ。

江戸時代の古くから知られた紅葉の名所で、周辺に流山温泉、東大沼温泉などの温泉が多い。湖中に「流山」と呼ばれる島(駒ヶ岳の山体崩壊で流されてきたもの)が点在し、日本庭園を思わせる奇観を呈する。JR函館本線が湖中を通っており、ゴールデンウィーク時期と夏休みの時期、そしてクリスマスシーズンには蒸気機関車が走る。

現在の大沼は1640年の駒ヶ岳の噴火時に形成されたものだが、それ以前から当地には湖沼(古大沼)があったようだ。「沼」という名前であるが、深さが10m以上あるので、湖沼学上はに当たる。

名物に大沼だんご、わかさぎ佃煮、二色だんご、ソフトクリーム、くるみなどがあり、このうち、くるみ餅が大沼くるみの名前の元ネタであると思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「大沼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13187

コメント