ピクシブ百科事典

ヒマラヤ山脈

ひまらやさんみゃく

南アジアに位置する山脈

世界最高峰の山脈。
名前はサンスクリット語で『の棲みか』という意味。

解説

南アジア(中国南西部・東南アジアインドの国境)に位置する山脈であり、ユーラシア大陸インド亜大陸の衝突の際にできたとされる。
世界最高峰であるエベレストを擁するほか、K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー、チョー・ユオー、ダウラギリ、マナスル、ナンガ・パルバット、アンナプルナ……など、8000m級の独立峰を14も抱えている世界一高い山脈。
別名を世界の屋根

インド神話ではヒマヴァットと言う名で神格化されており、世界の神話でも珍しい雪の神だとされる。
また彼の娘はシヴァ神の愛妻パールヴァティーとされる。
仏教では天部が住まう山『須弥山(しゅみせん)』の根元だとされ、チベット仏教における聖地として崇拝されている。

ブータン中国(チベット自治区)・インドネパールパキスタンアフガニスタンの国境となっており、特に中国・インド・パキスタンによる政治的問題から争乱が絶えず、互いに領有権を主張して睨み合っている。

毎年数多くの登山家が、その険しい頂たちを制覇せんと挑戦に訪れるため、地元では貴重な観光資源ともなっている。

関連タグ

世界 地理 山脈
エベレスト

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒマラヤ山脈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2454

コメント