ピクシブ百科事典

本郷猛

ほんごうたけし

ライダー…変身っ!
目次[非表示]
仮面ライダー
らいだぁぁぁぁぁ変身ッ!!



仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘密結社である。仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!

概要

仮面ライダー』の主人公
世界征服を狙う特殊結社ショッカーによって拉致され、強制的に身体改造手術を受けさせられた事により仮面ライダー1号に変身し、以降に連鎖的に出現し続ける全ての悪の組織に対して戦いを繰り広げ続ける、伝説にして始まりの男。
1948年8月15日生まれ。父親は造船業を営み、母親ピアノ教室を開いていたが、両親には先立たれて天涯孤独の身(ライダーカードより)。

城南大学の若き生化学者にして、立花モータースのバイクレーサーであり、知能指数600にしてスポーツ万能という超人的な能力の持ち主であったことからショッカーに目を付けられ、バッタの能力を持った改造人間にされてしまった。だが脳改造寸前に恩師・緑川博士の手引きで脱出し、親から貰った体を奪い去られ異形の怪物にされた悲しみを乗り越えて、ショッカーと戦うことを誓った。

IQ600という超頭脳のなせるワザなのか、目上の老人を「君」呼ばわりしたりと言動のそこかしこにズレた部分が見られるのはご愛嬌。

初期の頃はを騙して利用するなどヒーローらしからざる振る舞いも見せていたが、これは番組が元々「怪奇アクションドラマ」として企画されていたからであり、いわゆる正統派な「ヒーロー番組」路線となったのは旧2号が主人公になってからである。

天才的な生化学者であるため、科学的な分析や他のライダー達のサポートも得意としている。風見志郎を死の淵からすくい上げ、仮面ライダーV3として蘇らせたのも生化学者である彼の手腕の成せる技であった。

演者

演・藤岡弘、
最初期の頃は藤岡弘、が仮面ライダーの中の人も兼任しており、バイクアクションと格闘をこなしていたが、第10話のロケ中に藤岡がバイク事故で右足を複雑骨折してしまったため、13話まではずっと変身したままの姿であり(一部シーンでは映像を流用し登場しており、その際の声は納谷六朗)、後に佐々木剛演じる一文字隼人こと仮面ライダー2号に復帰までの間主役を交代してもらった。
第40話で復帰を果たし、第53話から再び主役に返り咲いた。

以後のライダー作品での客演は少なく、昭和シリーズでは仮面ライダーV3仮面ライダーストロンガーのみであった。
平成に入ると、『レッツゴー仮面ライダー』で1号役の声を担当したことを皮切りに、『仮面ライダー大戦』、『仮面ライダー1号』にて変身前の姿である本郷猛役でも出演している。

『仮面ライダー大戦』パンフレットでは製作陣、そして藤岡本人が、「この映画の本郷猛は、ショッカーバダンが滅んだ後も、ずっと悪と戦い続けてきた姿」であると明かしており、衣装は世界各地でボランティアを長年続けてきた藤岡の私物である。

『仮面ライダー1号』では、何十年も戦ってきた戦士として主役を務める。
歳を取ったことで価値観も変わったのか、随所で本郷のものというよりは、藤岡自身のものと思しき論が語られている。
これは原作者の石ノ森章太郎が、かつて「本郷猛のその後が見たいなら、今の藤岡君を見るといい。あれがその後の本郷だよ」と語ったことが根拠の一つとなっているらしい。
(ただしそうした場面の後には、「らしくないことをしている」というツッコミが入っている)
一方、長年の力の酷使は、肉体に多大な影響を与えており……

他媒体の本郷

漫画版の本郷猛

「バカな 人間はみな平等だっ 自由を奪って統制するだと! そんな平和があってなる物か」

TV版同様に天涯孤独の身ではあるが、親の財産を受け継いで邸宅で暮らしている。TV版では立花藤兵衛を父親のように慕っていたが、漫画では彼は執事であり、「猛坊ちゃま」と呼ばれている。
大学でも五指に入る若き研究者で、モトクロスを趣味にしているが、練習中にショッカーが起こした交通事故に巻き込まれて拉致され、改造人間にされてしまう。
漫画版においてはTV版とは異なり、感情が高ぶると顔に手術跡が出てしまうため、それを隠すために自らバッタの仮面をかぶっていた(首から下の「第二の皮膚」はベルト風車を受けると勝手に生えてくる)。
本郷はその力で「大自然が生んだ正義の使者」としてショッカーの改造人間を次々に倒していくが、彼の前に一文字隼人と名乗る謎の新聞記者が現れ…。

仮面ライダーSPIRITS』の本郷猛

「スマンな滝…遅くなった」
「敵は多いな…。いや…たいしたことないか…」
今夜はお前と俺でダブルライダーだからな

変身ッ!!!


スーパー1』終了後の設定で登場。世界各地を飛び回っていたという設定。主人公ではないためあまり出番は多くないものの、存在感は抜群。卓越した頭脳と磨き抜かれた技で、悪の野望を打ち砕く。

小説版の本郷猛

初代仮面ライダーのリメイク小説、「仮面ライダー1971-1973」では、未来永劫ただひとりの【仮面ライダー】として登場する。詳しくは本郷猛(小説版)の項を参照。

映画FIRST・NEXTの本郷猛

「俺はただ 美しい物を守りたい それだけだ」

本郷猛


演・黄川田将也

映画仮面ライダーTheFirst」では城南大学大学院の研究員という設定で登場。
は美しい物である」という信条を持ち、そうした美しい物に反応すると考えていた水の結晶について研究していた。
彼の研究について取材をしていた雑誌記者の緑川あすかに惹かれていたが、彼女に婚約者がいたことから手を引いており、本人も自身の感情が恋愛感情であると自覚していなかった。

ショッカーの怪人、バットによって改造人間の素体として拉致され、バッタ型の怪人ホッパー(このシリーズでは仮面ライダー1号としての名前は登場せず、一貫してホッパーと呼称されている)に改造される。
ショッカーのマインドコントロールにより「ショッカーの改造人間である自分達は選ばれた特別な存在である」という選民思想を植え付けられ、ショッカーの命じるままに破壊活動に手を染めていた(仮面ライダーZXに近い)。
しかし、ショッカーの活動を探っていたあすかとその婚約者を抹殺しようとしていたスパイダーのサポートを命じられていた時に、すなわち水の結晶を目撃したことで本来の自我を取り戻し、ショッカーに反旗を翻した。

ショッカーを離反してからは人知を超えた力に戸惑いを隠せず、ビーカーを握り潰す、大型トラック張り手一発で止める(※変身してません)などの行動に出てしまい怪物になってしまったのかと苦悶するが、あすかを救うためにかつての仲間だったスパイダーと戦いこれを撃破したことで、迷いながらも自らの信じるもののために戦うことを決意した。
本郷抹殺の命を受けて現れたもう一人のホッパーこと一文字隼人とは、一文字もあすかに惹かれた事もあり何度もを交えることになったが、最終的に一文字がショッカーの意に反してあすかを庇い本郷同様裏切り者と見做されたこと、そのあすかがショッカーの新しい改造人間の素体として拉致されたことから、一文字と共闘しショッカーの基地を壊滅させた。

ちなみに本作で本郷が行っていた研究については、明らかに疑似科学であることからDVDのオーディオコメンタリーでも「トンデモ」と称されていた。

続編の映画「仮面ライダーTheNext」では人間としての平穏な生活を求め、城南大学付属高校の生物教師になっていたが、受け持つクラスは学級崩壊して生徒からは馬鹿にされ、ショッカーの刺客からも人知れずを狙われていた。
教え子の親友がショッカーの実験に巻き込まれて行方不明になったことをきっかけに、再びショッカーとの戦いに正面切って身を投じることになる。

関連イラスト

仮面ライダー本郷猛は改造人間である
変身


変身!
永遠の英雄



関連タグ

仮面ライダー 仮面ライダー1号 仮面ライダー2号
藤岡弘、 一文字隼人 立花藤兵衛 滝和也 ショッカー
ゲルショッカー サイクロン号
仮面ライダーSPIRITS 仮面ライダーTHEFIRST 仮面ライダー大戦 
仮面ライダー1971-1973 本郷猛(小説版)

pixivに投稿された作品 pixivで「本郷猛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389602

コメント