ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

せがた三四郎

せがたさんしろう

せがた三四郎とは、白い柔道着を身にまとい、セガサターンを携えながら、遊びの道を極めんと日夜修行に励む熱血漢である。
目次 [非表示]

概要編集

セガサターンのPRキャラクターとして登場。1997年11月から1998年11月にかけて放送された。演じたのは俳優の藤岡弘、氏。

得意技は柔道だが、空手剣道など多数の武道に精通している。

また、1km先の針が落ちる音すら聞き逃さない聴力や氷上を99.9km/hで走れる脚力、分身能力、頭に刀が刺さっても死なない脅威の生命力なども併せ持つ。

決め台詞は「セガサターン、シロ!」

これは「セガサターンで遊べ」という意味の他、「セガサターンの色が変わって白になったぞ」という意味も含んでいる(公式での色名は「ミストグレー」)。

テーマソングのタイトルにもなっており、歌うのはせがた三四郎(藤岡弘、氏ととみたいちろう氏)。


名前の元ネタは小説の『姿三四郎』をもじったもので、『セガサターン、シロ!』とひっかけて名付けられた。

CM解説編集

遊びの道に魂込めた 一人の男が今日もゆく

真面目に遊ばぬ奴らには 体で覚えさせるぞ

せがた三四郎 せがた三四郎 セガサターン、シロ!

登場初期は道往く人の目の前に突如現れ、有無を言わさず投げ飛ばし絞め落としてはセガサターン(白)を置いて立ち去る一種の通り魔として描かれていた(テーマソングから察するに、セガサターンで真面目に遊ばない奴らと判断し遊びの道を彼らの体に叩き込んだものと思われる)。


だが、何の罪もない一般人にいきなり襲い掛かる描写には当の藤岡氏も困惑していたらしく、制作側もさすがにまずいと判断したのか、その後はセガサターンのゲームをPRするため、頭突きでを割ったり野球ボールを素足で蹴ったり(そのあと胸板で野球ボールを受け止めたり)ゾンビの群れ相手に柔道技だけで立ち向かったり、スケートリンクを素足で駆け抜けたりなど、体を張った活躍を繰り広げるようになった。


しかし1年後、謎の組織のミサイル攻撃からセガ本社、および次世代機ドリームキャストを守るためその身一つで立ち向かい、死力を尽くしミサイルごと宇宙空間で爆発、そのまませがたは姿を消してしまった……

今もどこかでSEGAのことを見守っているだろう。


SONIC R編集

記念すべき初登場作品

「野球しようぜ」と仲良く歩く子供達の前に突然立ちはだかり、投げるわ絞め落とすわの残虐ぶり。死屍累々の彼らの所に「セガサターン、シロ!」とセガサターンを置いて立ち去っていった。最近珍しい外で積極的に遊ぶ子供らだったのに…


シャイニングフォースⅢ編編集

「朝まで踊ろうぜ!」とディスコで遊ぶ若者達を強襲。男女差別無しで投げるわ絞め落とすわの残虐ぶりで全滅させてしまう。ここでも「セガサターン、シロ!」とセガサターンを置いて立ち去っていった。

この時の若者たちは役者ではなく、渋谷でスカウトした素人のエキストラであった。


サターンボンバーマンファイト!!編集

採石場らしき場所で、柔道家を投げ飛ばして爆破!「ボンバーマン、シロ!」と叫び、ダメ押しにもう一度爆破して去っていった。ちなみにボンバーマンではなく、どうみてもライダーきりもみシュートである。

なお、本作より主題歌であるせがた三四郎テーマソング「セガサターン、シロ!」が使われるようになった。


クリスマス編集

サンタクロースコスプレをしてとある民家に出没。スケボーぬいぐるみをねだる子供達の前で、サンタのマスクを取り、恐怖におののく子供達に「セガサターン、シロ!」とセガサターン本体のみを渡す。

当時のセガサターンの定価から考えたら、スケボーやぬいぐるみより高価な物をプレゼントしたからなのか、 珍しく 喜ぶ子供達を見て去っていった。


年末年始だッ!→今年は凄いゾ!編編集

巨大なセガサターンのトレーニング器具で修行に勤しむせがた三四郎。

なお、このセガサターンの模型は木製で40kg以上の重さだったらしく、山道の悪路も手伝って重心のバランスが上手く取れず、走るのに精一杯だったせいで足の裏に石や棘が刺さりまくって血まみれになったとか。


また、コントローラーのボタンを殴るシーンで手加減せず本気で殴りまくった結果、指を本当に骨折してしまったなど、色々と強烈な逸話が残っている。

まさに「指が折れるまで!指が折れるまで!」を体現したCMである。


ソロクライシス編編集

瓦14枚を気合を込めた頭突きで粉砕し、「頭を使え!」と叫ぶ(※本作のジャンルが頭脳ゲームなのを逆手にとった、物理的な意味と履き違えたジョーク)。ちなみに劇中の瓦割りは藤岡氏が現場で実際に行い、氏が撮影後に自身の顔を確認してみたところ額が血で真っ赤に滲んでいたらしく、さすがに痛かったのか、演者同様に頭を抑えて蹲るせがた三四郎であった。しかも本編に使われたのは3度目のテイクで、最初の2回は瓦が全て割れず、NGになってしまったそう。


AZEL編編集

龍の仮面を被り謎の舞を踊りつつ、「AZEL!」。この奇妙な動きは、実際に存在する神事と、作中のドラゴンの動きを融合させたもので、PXZ2で彼の技モーションとして再現された。


Winter Heat編編集

アイススケート場でプロのスケート選手を相手に素足で勝負を挑み、「冬こそ燃えろ!」と活を入れながら圧勝。オチは、敗北に打ちひしがれるスケート選手の傍らで、霜焼けになった足をストーブで必死に温めるせがた三四郎の姿であった。


なお、藤岡氏は今回の撮影でも(上半身や顔のアップ時を除いては)合成ではなくスケートリンクの上を本当に裸足で疾走しており、あやうく足の裏が凍傷になりかけたとか。


バーニングレンジャー編集

火災に巻き込まれた姉妹を救出しに現れ、意識不明の姉に「人命救助!」と人工呼吸を始める…が救助そっちのけで人工呼吸に夢中になってしまう。妹が必死に引き剥がそうとしても続ける始末であった。


このCMの炎も合成ではなく本物で、カット直後に火の勢いが増したせいで眉毛を焦がしてしまったとか。


さらに言うと、上記の「Winter Heat」の撮影は本CMの撮影後、その日のうちに行われたとか。


プロ野球GREATES TNINE98編編集

観客の見守るバッティングセンターにて、バットを構えるせがた三四郎であったが、ボールが迫る瞬間バットを捨てて足で蹴り、見事に「ホームラン!」。その後、驚く観客を尻目にボールを全部体で受けるという離れ業を披露した。


氏本人いわく、この回はさすがに合成に頼ったそうだが、この言葉は、逆を言えば他の大多数は本当に生身でこなしていたという証左でもあろう。


ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド編集

迫るゾンビの大群に片っ端から背負投げを食らわすが、何度攻撃してもゾンビは立ち上がり一斉に襲い掛かってきた。「こいつら人間じゃねえ!?」と初の敗北を喫するせがた三四郎であった(ちなみに、その後ナレーションでも「ゾンビは銃で撃て」とツッコまれている)。


なお、この出来事のせいで、せがた三四郎はゾンビや化け物の類が苦手になったらしく、後述のPXZ2でのバイオハザードの面々との掛け合いで、ゾンビを相手取る事に対して注意を促しているほか、味方であるデミトリモリガンに対しても、このCMと似た台詞を漏らすやりとりがある。


ドラゴンフォースⅡ編編集

草原に仁王立ちしているせがた三四郎が、テーマソングに合わせてどんどん増殖していく(そのテーマソングのボーカルも、彼の人数に合わせて独唱→多人数での合唱へと徐々に変化していく)。いわく、「皆で戦え!!」どうみてもガタキリバコンボです本当に(ry


そしてその勢いのまま一斉に敵へ突撃していくせがた軍団。もしもショッカーが見たら恐怖におののくに違いない。これもPXZ2でせがたの技モーションの1つとして再現された。


サクラ大戦2編集

ある意味伝説の回。桜並木の中で「さくらさ~ん♪」と呼びかけるせがた。(真宮寺さくらを演じている)横山智佐氏本人が扮する真宮寺さくらを相手に大喜びでじゃれ合う。追いかけっこの末に彼女を抱きしめて「また会えたね」と大神隊長そっちのけで仲良しに。さくらの方も満更でもない様子だった。


この異色極まりないやり取りがまさか20年後に完全再現されるとは、この時誰が思っただろうか…


DEEP FEAR編集

薄暗い部屋で魚(おそらくブリ)を黙々と捌くせがた三四郎、「海のホラー…」。

オチでは見事な活造りが完成していた。

ナレーションはザ・ハウス・オブ・ザ・デッドと同じく大友龍三郎氏。


ちなみに劇中での包丁さばきはもちろん、活造りの盛り付けに至るまで実際に藤岡氏本人が1から調理したらしく、オチに使う舟盛りが完成した瞬間にはスタッフ全員から拍手が沸き起こったとか。


ワールドカップ98フランス編集

何故か日本代表のゴールキーパーを勤めてるせがた三四郎。PK戦にて相手選手のシュートをゴールを持ち上げて回避「ナイスプレー!!」。当たり前だが即レッドカードであり、「オーノー!」と叫んでいる。


プロ野球チームを作ろう編編集

野茂英雄遺影の前で、「素晴らしいゲームをありがとう…野茂くん!」と涙を流すせがた三四郎。このゲームは実際に野茂が監修に入っている、あと野茂くんは死んでいません

このセリフもPXZ2でやりとりとして再現されている(もちろん賞賛する相手は野茂ではないが、その方もゲーム業界では彼とおなじく有名人である)。


日本代表チームの監督になろう編編集

ワールドカップ98フランス編での暴挙も何処吹く風、今度は日本代表の監督に就任したせがた三四郎。コーナーキックの瞬間に「選手交代!」と控えの選手をコートに投げ入れて、ゴールを決める。悲しみに暮れる相手チームの前で、喜びのダンスを踊るせがた三四郎と日本代表・・・。なお、この行為も現実の試合においては立派な反則である。ちなみに、これもPXZ2のとあるシーンにてきっちり再現されている。エニックスとセガのコラボ作品。


バッケンローダー編編集

「せがたゲームチャート」なるチャート表が登場(内容はインパクト、知性、恋愛、ユーモア、スチーム度の五種)、「スチーム度満点!」他の4種の中で、スチーム度のせがたは蒸気にまかれて苦しんでいる。※なお次回がシリーズ最終回であるため、せがたゲームチャートはこれが最初で最後の登場であった。


言わずもがな、これもPXZ2で再現されている。

「せがたゲームチャート 極道度満点!」

「せがたゲームチャート スタイリッシュ度満点!」

「せがたゲームチャート クロスオーバー度満点!」


真剣遊戯編編集

ドリームキャストが完成し、発売間近で盛り上がるセガ本社。しかし、そこに向けて謎の人物が高笑いとともにミサイルを発射する。もはやこれまでかと社員一同が目を瞑った瞬間。


本社をミサイルから救うべく、単身ビルの屋上から飛び降てミサイルにしがみつくせがた。そのまま雄叫びとともに自分もろともミサイルの軌道をそらし、大気圏外へと飛び立った・・・そして。


「セガサターンしろ、セガサターンしろ、セガサターンシロオオオ!」


魂の叫びを残した瞬間ミサイルは爆発を起こし、せがた三四郎は爆風の中に消えていった・・・。






せがた三四郎はみんなの心に…






…がこの爆発シーンよく見ると、中からパラシュートが手前に飛んできている。この為にせがた三四郎は間一髪脱出に成功したのでは?とか言われていたが…


その後のせがた三四郎…編集

ミサイルの爆発によって死亡したと思われたせがた三四郎だが、セガサターン終了後、実は密かに活躍している事が後々判明している。

実は前述の脱出シーンは、CM製作者が意図したものではなく、それっぽく見えただけであったのだが、生存説が根強く囁かれたこともあって、「じゃあ生きていたことにしましょう」となし崩しに生き返ってしまった。

  • 2000年:ドリームキャストにて発売された『レンタヒーローNo.1』では、主人公の通うハイスクールの体育教師「セガサ・タンシロウ」が登場している。その外観は本項のせがたそのもので、主人公に必殺技を伝授したり、何気にサブストーリーが組まれたりとその存在感は大きい。
  • 2012年:ソニック&オールスターレーシングトランスフォームドでは、コース『SEGA AGES』に登場。背中に巨大セガサターンを背負い、最終回に登場したミサイルに乗りながら、その姿を確認できる。ただし、プレイヤーが最終ラップ突入時に1位にならないと確認出来ない。
  • 2013年:『せがた三四郎劇場feat.藤岡弘、&セガサウンドユニット[H.] ~真面目に遊ばぬ奴らに喝!~』に出演。お馴染みのテーマソングを披露してくれた。
  • 2015年:Archie Comicsが2月に連載したアメコミ版ソニックにて、格闘大会に参加していたソニックの対戦相手として特別参戦した。こちらも名前はあげていないものの、外観からしてせがた三四郎本人だと思われる。ソニックに敗れるものの、お互い戦い合えてとても光栄だったという。

衝撃の参戦!!せがた三四郎再び、そしてクロスゾーン、シロ!編集

2015年9月10日、なんとプロジェクトクロスゾーン2に電撃参戦する事が判明。

しかも前代未聞の実写キャラクターの参戦であり(一応イラスト化ではあるが)、さらに声は藤岡弘、御本人。BGMにも「セガサターン、シロ!」が用意される豪華っぷり。

セガハードが撤退して久しいが、どうやらいまだにセガサターンをPRする旅を続けていたようだ・・・。


バンナムかつニンテンドー3DSのソフトだが、セガサターン、シロ!


登場作品は文字通り『せがた三四郎』であり、PRキャラが何故?と思っている人も多いと思うが、前述の通りセガサターンで『せがた三四郎 真剣遊戯』なるソフトが発売されているため、ゲームキャラとなるのは今回が初めてではない。

そのことを意識してか、PXZ2公式サイトのサンプルボイス3の台詞が「せがた三四郎、俺の遊戯は真剣だ」という台詞になっている。


なお、3DSのテーマに『セガハード セガサターン』がある為、ある意味登場は間違っていないのかもしれない・・・。

ちなみに紹介動画でのメニュー画面のフォルダ名で『せがた三四郎』という名称のフォルダが一瞬出てくる。


PXZ2公式サイト内『せがた三四郎』紹介(サンプルボイス有り)

公開されたスクリーンショットの4枚目のスクショ画像を見てみると、せがたと組んでいるペアユニットがサクラ大戦シリーズの真宮寺さくらとジェミニ・サンライズのペア。

おそらく、このCMを意識していると思われる。

初登場時のやり取りでセガキャラ全員と面識があることが発覚、しかもさくらとは上記のCMのようにイチャイチャする。劇中でせがた三四郎の技は全て、上記のCMでの行動を元に再現されているほか、台詞もCMで使われていたものをアレンジしているというこだわりっぷりである。


なお、東京ゲームショウにおいて藤岡氏のステージ登場前に流れたPVはよりにもよってそのCMであった。

バンナムのブースでセガのCMが流れるというまさにクロスゾーンな事態である。

しかもニンテンドー3DSソフトの発表の場で

この登場時のせがた三四郎の衣装は実は藤岡氏の自前〈当時の衣装は無くしたらしい〉である事も語っている。

なお、藤岡氏の音頭で『クロスゾーン、シロ!』を観客と共に〆る形でステージのラストを飾った。


なお、本編でもはっちゃけており、「エックス君!メガなのか!?ロックなのか!?」と聞いたり、「男は黙ってクラシックモード!」クロム&ルキナに説いたりしている・・・なんでアンタ他社に詳しいのよ。特に後者は当時の競合他社なのに。


ストーリー初登場時、一時敵対する場面があるのだが、SEGAの社員から「何故せがたが敵対するのか?」とかなり詰められた模様。なお、「ユーリがせがたに「遊びじゃねぇんだよ」と言ってしまい「遊びじゃないとはどういう事だ!」となるので」と説明した所一発オーケーを貰ったとか。

直後やってきた主人公チームと合流、その中にいた真宮寺さくらとともにサクラ大戦2のCMのアレをやったり、遠くの方でベガによる洗脳状態でフラフラ歩いているエステルのところに手っ取り早く辿り着く為に、ユーリとフレンを巴投げでぶん投げ、回復ポイントに着地させるという神業を披露するなどフリーダムに暴れ回る。


未来の放送局であるスペースチャンネルだの、大正時代のサクラ大戦だの、世界も時系列も何もかも無視してかなり広い交友関係を持っている事を突っ込まれているが、せがたの場合何も不思議ではない


遊びが足らん!


またまた帰ってきたせがた三四郎編集

2019年3月30日、セガフェス2019において藤岡氏が「せがた三四郎」として登場。一連のCMの収録の思い出話を熱く語るトークとなり、最後はお約束の「セガサターン、シロ!」と〆た。


…が、何故か22年ぶりに帰ってきたという前提である。


おっかしいな~?クロスゾーン2の時帰ってきてましたよね?4年ぶりの間違いじゃないんですか?


またまたまた帰ってきたせがた三四郎…なのか?編集

2019年8月17日のNHK総合の「第51回 思い出のメロディー」において、天童よしみが柔道ドラマ「姿三四郎」の主題歌を歌った際、「武道の達人」として柔道着姿の藤岡氏が登場。

多分、元ネタである姿三四郎をイメージした出演だと思われるが、どう見ても「せがた三四郎」にしか見えないと話題になった。


せが四郎…!?編集

セガ60周年記念アンバサダーとしてせが四郎」なる新キャラクターがお披露目された。肩に柔道着を纏っているが…?

ちなみにこの「せが四郎」を演ずるのは藤岡氏の実の息子・藤岡真威人である。つまり、親子二代でセガのCMキャラクターを務める事となった。


また、せが四郎は父親であるせがた三四郎からスパルタ教育を受けた、セガの申し子であることが判明。

柔道着は父の遺品らしい…


なんかせが四郎はプレ○ス○ーシ○ンみたいな謎のゲーム機を殴ったり蹴ったりの特訓しているが…?


セガハタンシロー!?編集

また、謎の敵(?)「セガハタンシロー」なる者まで現れた


…一体何者なのだろうか?



余談編集

1998年の第49回紅白歌合戦にて、藤岡氏がせがた三四郎に扮して白組の応援で出演。

TOKIOの曲紹介が終了した直後に、イカデビル率いるショッカー軍団が出現。NHKを守る為に“本郷猛状態”となったせがた三四郎の周囲に白煙が徐々に立ちこめる中、変身ポーズをとり仮面ライダー1号に変身。更に仮面ライダー2号仮面ライダーV3仮面ライダーBLACK RXも加勢して共にショッカーと戦い、撃退するという活躍を見せ、低年齢層の視聴者たちの支持を集めた。その際に「白組を応援、シロ!!」いうコメントも披露した。


このキャラクターは、セガの広報担当が藤岡氏の熱心なファンであったことから、「この役には藤岡さんしか考えられない」と熱心に上司を説得して完成した。

当時藤岡氏は、私生活でトラブルが重なり、芸能界引退も考えるほど追い詰められていた時期であったが、このせがた三四郎を演じたことがきっかけで、再び役者として復帰することができた。そうした経緯から思い入れが深いようで、しばしば自著の中でも触れている。


なお、せが四郎を演じた真威人氏は後に父の当たり役かつ伝説となった、本郷猛その人を親子二代で演ずる事となる。


実は本CMを題材にした小説が「超絶格闘王 せがた三四郎物語」のタイトルで発売されていた。せがたの人生と生き様をドラマチックに描く物語で、CM最終回の展開についても描写されている。それによるとミサイルを発射した謎の外国人は遊びを否定する某国の独裁者で、ミサイルの名称は「鉄砲丼」らしい…


関連タグ編集

SEGA セガ セガサターン ドリームキャスト 藤岡弘、 柔道

プロジェクトクロスゾーン2 せが四郎 公式が病気

関連記事

親記事

セガサターン せがさたーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 574675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました