ピクシブ百科事典

大神一郎

おおがみいちろう

ゲーム「サクラ大戦」シリーズ、1~4の主人公およびプレイヤーキャラクター。
目次[非表示]

君の……たいせつなものを守るために!

プロフィール

生年月日1903年1月3日
身長176cm
体重65kg
血液型A型
出身地日本・栃木
声優(役者)陶山章央


概要

海軍士官学校を主席で卒業しているエリート。
幾度にも渡り、魔物から帝都124)・巴里(3)を救ってきた歴戦の隊長で帝国・巴里両方の花組の最年長。
男性でありながら霊子甲冑光武を駆動させうるほどの類い稀なる霊力の持ち主でもあり、他者の霊力を同調させる触媒の能力を併せ持っていたことが花組隊長に選ばれた要因となった。
日頃は劇場のもぎりを勤めているが、舞台の演出等も行うことがある。
4以降は帝国華撃団の総司令及び大帝国劇場の支配人を務めている。

剣術に優れ、宮本武蔵を祖とする二天一流・二刀流の使い手でありながら、
銃撃も得意とし、TVアニメでは脇侍を銃で倒すシーンが多々あった。

姉は大河双葉。その他に弟が2人がいるらしい。
5の主人公大河新次郎は姉の双葉の息子で甥に当たる。

プレイヤー・ファンから好評を博している、ヒロイン達との合体攻撃という華麗なるスキルがある。
合体必殺技には2種類(2と3のみ)があり、通常(1や、2,3の前半、4の双武で登場するもの)の合体攻撃では、ヒロインの必殺技に合わせた二人の協力攻撃といった雰囲気なのだが、2や3の後半では、ヒロイン合体攻撃と言う別の必殺技に変化する。これが問題で、戦闘中の筈なのに、いきなり桜並木の中や海や屋内の暖炉等の謎空間を発生させ、ヒロインといちゃつき始めるという謎の行動を行う。
なお、サクラ2の冒頭で、恋人気分ではイカンと米田中将に釘を刺される(後に撤回した)のだが、戦闘中に目の前でアベックにいちゃつかれることが敵にとって最大の精神攻撃になるとは、米田でも気が付かなかった模様。
なお、サクラ3では2週目以降巴里住民と巴里華撃団隊員の信頼を勝ち取り「黒髪の貴公子」の称号を得ると、「狼虎滅却・震天動地」なる帝国華撃団花組・巴里華撃団花組全員が出てくる超威力の全体攻撃を取得する。

性格

熱血漢で、真面目な性格で正義感が強い。
体が勝手に風呂場(シャワー室)へ動いてしまうことがあり、時折隊員に軽蔑されることもある。(これは新次郎にも遺伝している)
プレイヤーの行動次第でお気に入りのヒロイン一筋の真面目な大神からロリから犯罪者まで最大13股をかける超軟派な大神にもなる。

サクラ2では、大神性格ゲージという物が存在し、プレイヤーの選択肢次第で硬派(保守的)な大神と軟派(すけべぇ)な大神に変化する。どちら寄りかによって現れる選択肢が変化したり、会話によるヒロインの感触が変わってくる場合がある。
大神さんがスケベになったからさくらくんを攻略できなくなる…など言う事はないので、ロールプレイを優先してお目当てのヒロインの好みとは逆の性格になってしまっても、攻略自体は可能。

名言集

  • 「それよりも君の事が知りたいな」
  • 「粉骨砕身の覚悟で頑張ります!」
  • 「花見の準備をせよ!」
  • 「体が勝手に風呂場の方へ…」
  • 「よし、肉だ!」
  • 「日本のオトコもやるだろう?」
  • 「いや、快感だったよ」
  • 「聞く耳もたん! 」
  • 「俺が正義だ!」
  • 「モギリは俺の仕事だ!」


コラボ作品

近年では外部作品とのコラボに出演しており、原作ゲームではプレイヤーの分身という立ち位置な為、ムービーや戦闘パートのサウンドエフェクト程度でしかボイスは用意されていなかったがPXZ等のコラボ作品では1人のキャラクターとして出演している為、下手をすると原作ゲーム以上にボイスを堪能する事が出来る。

プロジェクトクロスゾーンではさくらと2作目のプロジェクトクロスゾーン2ではエリカと組んで参戦している。ここでも体が勝手に動いてしまい入浴を覗いてしまったり自社キャラだけでなく他社キャラの好感度まで上げてしまうという離れ業を見せる

グランブルーファンタジーとのコラボサクラ大戦~空駆ける乙女~では何とフルボイスで参戦(但し戦闘には参加しない)。しかし冒頭で体が半分に分裂してしまいグラブルの世界に飛ばされてしまう(メタな事を言えば冒頭で別々になってしまうさくらエリカ、どちらのシナリオでも大神を同行させるべく彼を2つに分けたという開発陣の策。ジェミニ新次郎がいたので問題なし)しかしそんな事は関係なく男性女性共に好感度を上げてたり未知の世界であっても果敢に指揮を振るう彼の雄姿も見逃せない。ラストには何事もなかったのように、二人の大神が歩いていたり会話したりとシュールな事この上ない……そのあまりに強引かつ斬新な手法にはプレイヤーを驚愕させた

スーパーロボット大戦X-Ωでも女性だけでなく男性の好感度も上げているチェインクロニクルでも相変わらず女性キャラの好感度を上げたり(選択肢次第では)体が勝手に動いてしまう。オルタンシア・サーガではオルサガ側の主人公と魂が入れ替わってしまい大神自身の魂はオルサガの世界に行ってしまうが体が入れ替わっても魂は大神一郎なのでオルサガの世界でも体が勝手に動いたりしている

ぷよぷよ!!クエストでは小さいサイズになってしまいさくらエリカ可愛いと言われた事に戸惑ったりジェミニ女の子にもてるスケコマシ?と言われたりしたが吹っ切れてぷよ勝負をしてくる

グラブルX-Ωで男性の好感度を上げているが原作ゲームでも米田司令加山、巴里の住民たちの好感度(信頼度)を上げる事もあり、ある種の原作再現と言える

男女問わず好感度を上げて行ったり体が勝手に動いたりしているがどのコラボ作品においても帝国華撃団巴里華撃団)の隊長として人々を守る信念や誇りを持ち戦っている(ぷよぷよコラボはちと違うが)

関連イラスト

大神さん
大神さんが好きすぎて(ry


救世主あらわる。
配属命令



関連タグ

サクラ大戦 サクラ大戦2 サクラ大戦3 サクラ大戦4 君あるがため
帝国華撃団 巴里華撃団 モギリ 隊長 

ロイド・アーヴィングテイルズオブシンフォニアの主人公。天然たらしで幼馴染ヒロインをはじめとした女性キャラからの無自覚な内に落とすことができる。好感度が一番高いと一部のイベントやエンディングに影響する。また、サクラ大戦と同じく藤島康介氏が原画を担当している縁で顔や髪型が似ており、さらにロイドと大神は正義感に溢れた熱血な性格も二刀流で戦う姿も共通している。
(但し、ロイドは正義という言葉を、クールじゃないから・気安く口にする奴ほど意味を履き違えると考えているため、『正義』という言葉を使って自らを正当化する敵キャラに「正義なんて言葉、チャラチャラ口にするな!」「俺はその言葉が一番嫌いだ」と非難している)
なお、大神を演じる陶山氏は『シンフォニア』の続編である『ラタトスクの騎士』に於いて、ロイドに化ける敵キャラ・デクスを演じた。

pixivに投稿された作品 pixivで「大神一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 843057

コメント