ピクシブ百科事典

サクラ大戦3

さくらたいせんすりー

『サクラ大戦3』とは、REDカンパニー製作、セガ販売のアドベンチャー&シミュレーションゲームである。
目次[非表示]

概要

『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガが2001年3月22日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。後にプレイステーション2やPC向けも発売される。サクラ大戦シリーズの第3作。シリーズ唯一の15歳以上対象作品でもある(2010年現在)。

当時としては画期的なCGによるメカと手描きによる人間のキャラクターが融合したオープニングアニメーション(担当はProduction I.G)が話題となり高い評価を受けた。

なお、サブタイトルはラリー・コリンズ、ドミニク・ラピエールの著書「パリは燃えているか」が元になっている。

ストーリー

舞台は1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇る巴里であったが、その反面、謎の怪人による事件が頻発していた。その対抗策として、政府は霊力による都市防衛組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。

そんな中、戦闘部隊である花組の隊長として、一人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長、大神一郎中尉である。今、舞台をフランスに変え、新たなる戦いが始まった。

オープニングアニメ制作費について

同作品はProduction I.Gが手がけているオープニングアニメのクオリティが非常に高い事が有名であり、「オープニングの製作費が非常に高額」だという噂があるがこれはネット上のデマである。
2020年現在まで公式側からサクラ大戦3のオープニングアニメの制作費について発表された事はなく、飛び交っている金額については全てファンの推察と妄想の産物。


発売直後はクオリティの高さで評価はされていたものの製作費が高額ではないかという話は存在していなかった。発売からしばらくたった後、作品を持ち上げるためかネタなのか大型掲示板などで一部のファンが10年以上スレッドを定期的に立て話題にしたものが一般的にも広まってしまった結果である。
結果「本当に製作費も高そう」と説得力のあるクオリティだった為信じるファンが続出してしまった。同時に製作元のセガならやりかねないというのもウワサに拍車をかけてしまったと思われる。


1番多い説がOP1単体で3億円説だが、上記の大型掲示板での話題に1億円や5億円という記載もあり金額が一貫していない事からもただのファンの妄想である事がうかがえる。サクラ大戦3のオープニングが3種類合わせて5分程度なのに対して同じ制作会社で同じ技術で制作したと思われるアニメーション映画サクラ大戦活動写真の製作費が85分で5億円である事からも考えにくい。


公式設定資料集にオープニングアニメの制作を直接担当したスタッフのインタビューが掲載されているが、これにも金額については一切触れられていない。このインタビューにオープニングアニメ3種類でOVA30分アニメと同等の作業量との発言がある。一般的な30分アニメの開発費は1300万円程度であるため、実際には世間のOPアニメと大差ない開発費と推測される。


また、セガスタッフの発言に『新サクラ大戦』のプロデューサーが新サクラ大戦の発売前イベントでこの話題に触れた事もあるがステージイベントの動画配信の際に流れたユーザーのコメントに反応を示しただけであり、正式に制作費が高額であったと認めた訳ではない。(そもそも、『新サクラ大戦』のプロデューサーは『3』の開発には関わっていない。)


確実の証拠がない話です。出来るだけ拡散しないように努めましょう。デマを拡散すると相対して作品の印象も悪くなります。大切なのは作品がいかに素晴らしいかであって、金額がいくらかかったかではありません。

関連記事

親記事

サクラ大戦 さくらたいせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サクラ大戦3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 685389

コメント