ピクシブ百科事典

サクラ大戦3

さくらたいせんすりー

『サクラ大戦3』とは、REDカンパニー製作、セガ販売のアドベンチャー&シミュレーションゲームである。
目次[非表示]

概要

『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガが2001年3月22日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。後にプレイステーション2やPC向けも発売される。サクラ大戦シリーズの第3作。シリーズ唯一の15歳以上対象作品でもある(2010年現在)。

当時としては画期的なCGによるメカと手描きによる人間のキャラクターが融合したオープニングアニメーション(担当はProduction I.G)が話題となり高い評価を受けた。

なお、サブタイトルはラリー・コリンズ、ドミニク・ラピエールの著書「パリは燃えているか」が元になっている。

ストーリー

舞台は1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇る巴里であったが、その反面、謎の怪人による事件が頻発していた。その対抗策として、政府は霊力による都市防衛組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。

そんな中、戦闘部隊である花組の隊長として、一人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長、大神一郎中尉である。今、舞台をフランスに変え、新たなる戦いが始まった。

オープニングアニメ開発費について

同作品はProduction I.Gが手がけているオープニングアニメのクオリティが非常に高い事が有名で、開発費も非常に高いとの話が広まっているがこれは公式の情報源が存在しないネット上のデマ。
1番多い説が3億円説だが、1億円や5億円という話もあり金額が一貫していない事からもただのファンの間の噂である事がうかがえる。

公式設定資料集にオープニングアニメを担当したスタッフのインタビューが掲載されているが、金額についての言及はない。それによるとオープニングアニメ3種類でOVA30分アニメと同等の作業量との記載がある。一般的な30分アニメの開発費は5000万円にも満たないため、実際には1億にも達していないと推測される。
不確かな話を拡散しないように努めましょう。
大切なのは作品がいかに素晴らしいかで製作費の金額ではありません。


関連動画

pixivに投稿された作品 pixivで「サクラ大戦3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482792

コメント