ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

生年月日1908年5月22日
身長158cm
体重46kg
血液型O型
出身地日本
好きなもの読書
嫌いなもの喧嘩
特技書道、華道、弓道
声優鷹森淑乃
英語版キャストイリース・ボーマン(OVA版)


概要

メインヒロインの一人。

日本男爵家である北大路家の令嬢
その容姿はほとんど一般的な日本人であるが、祖母がフランス人クォーターであり深緑色の瞳と色白の肌である。
性格は奥ゆかしい大和撫子そのもので、ラブロマンスの映画を観ると失神しかけるほど。
照れた時などに発する「…ぽっ」が口癖である。

3歳の頃にフランス巴里に渡って生活している為、今現在の日本情勢については書籍や新聞などでしか情報を得る事がなかったためあまり詳しくない。
ただ古典文化の知識は豊富で、弓道書道華道日本舞踊等を習っている。

中でも弓道は一級品で、暗闇の中からでも目標に向かって正確に射抜くことができるほどの高い精密度を持っている。
光武F搭乗時の戦闘ではボウガンを、光武F2時では和弓を使い、遠距離と対空攻撃を得意とする。

家族ぐるみで古くから親交のある貴族のブルーメール家に居候しており、グリシーヌ・ブルーメールとは幼馴染であり親友。

ロマンス



主人公大神一郎が巴里に着任する一年前、16歳の時に婚約者のフィリップ・ディ・マールブランシュと出会い入籍前に船上で結婚式を挙げる。
しかし、その途中に発生した海難事故で死別してしまう。
目の前で愛する男性を失ってしまってからは生きる気力を失い、日頃から黒い喪服で身を包むようになる。

微笑んでおくれ。僕のために

hanabi



ブルーメール家にて知り合った大神とは、互いに日本人でグリシーヌという共通の友人がいた事からすぐに親しくなる。
その直後に悲しみにくれる人間を弄ぶ怪人マスク・ド・コルボーに幻術をかけられて誘拐されるが、駆けつけた大神の説得により幻術から解き放たれ生きる気力を取り戻す。

巴里華撃団花組に加入後はシャノワールの舞台にも立つようになる。
『タタミゼ・ジュンヌ』(日本語に意訳すると「大和撫子」の芸名を名乗り、「タタミゼ・ダンス」の題目で日舞を披露する。

元々控えめである事から、個性の強いメンバーにコクリコと共に気苦労する面も多い。
真宮寺さくらと知り合ってからは理想の日本人女性像として憧れるようになり、度々じっと見つめてはさくらを困らせている。

彼女のルートを選択すると海難事故の後遺症でもあった水恐怖症も克服し、エンディングでは大神と2人でプールデートにも繰り出している。
続編のサクラ大戦4では、大神としばらく巴里で暮らす事になる。

OVA「サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里」では、父である正道が登場。
夜のパトロールをしていた所をコクリコと共に見つかってしまい、何とかして誤魔化そうとあたふたする花火が見られるので必見である。

舞台版では、演じられる鷹森氏のアドリブなどもあってたまにはっちゃける花火が観られた。

関連イラスト

花火
なつかしの~



見守っていて下さいね
サクラ大戦(北大路花火)



関連項目

サクラ大戦シリーズ サクラ大戦3 サクラ大戦4
巴里華撃団 大神一郎
大和撫子 日本人
天堂竜10年前のスーパー戦隊に登場した大切な人を失ってしまった人物つながり

関連記事

親記事

巴里花組 ぱりはなぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「北大路花火」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「北大路花火」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました