ピクシブ百科事典

真宮寺さくら

しんぐうじさくら

TVゲーム『サクラ大戦』のメインヒロインかつシリーズを象徴するキャラクター。TVアニメ版では主人公を務めたりと一部のメディアミックス作品では主役級の扱いを受ける事も多い。
目次[非表示]

「真宮寺さくら、参ります!」

プロフィール

生年月日1905年7月28日
年齢17歳(サクラ大戦)⇒19歳(君、死にたもうことなかれ)⇒21歳(恋せよ乙女)
身長155cm
体重44kg
スリーサイズ82:56:81
血液型A型
国籍日本
出身地宮城県仙台市
好きなものバラ
嫌いなもの
イメージカラー桜色(ピンク)
CV横山智佐


人物

初代帝国華撃団・花組の中では1番最後に入隊した新人隊員。
ドジでおっちょこちょいで舞台では階段から転げ落ちたりセットを破壊してしまったりする。
正義感が強く、快活で明るく素直な性格。ただし純情なためか、恋に関してはかなりのやきもち焼きである(別名:鬼嫁)。

家族構成は、父「一馬」、母「若菜」、祖父「龍馬」、祖母「桂」。身内は、伯父(父方の兄)に「鉄馬」がいる。

勝色の毛髪と剣術は父から引き継ぎ、鳶色の瞳と強い精神力は母から引き継いだ。

魔を祓い封印させる破邪の力を持つ真宮寺一族の血を受け継いでいる他、剣術に優れており【北辰一刀流免許皆伝】の腕前を持ち、特に居合いを得意として日々鍛錬を欠かさない。

帝国歌劇団では正統派ヒロインを演じること多く、相手役はマリアが演じることが多い。
一方、幼い頃一緒に遊んでいた友人のタケシ君が雷に打たれてしまったという経験から雷が苦手(前作のクリアデータがあると2で大神と帰郷した時に、治療を受け完治したタケシ君と遭遇できる)。
因みに好きなものである方の薔薇は第一作目で怪我をした際に、お見舞いで大神が持ってきた場合のみ登場。

霊剣荒鷹

愛刀はの形見でもある『霊剣荒鷹(れいけんあらたか)』。
「霊験あらたか」のシャレになっている。前日譚を描いたOVAや小説では意思を持つ荒鷹に継承者として認められるまでの経緯が語られた。
TV版では生肉や臓物で出来た脇侍を斬っても問題無かったものの、葵叉丹と剣を交えた際に彼の『光刀無形』による剣撃で刃こぼれしてしまい、仙台の真宮寺家においてさくら自身の心の試練と同時に、伯父の鉄馬の手で陰鉄より『カヌチの儀』なる儀式を行い修復している。

あの人と・・・

サクラ大戦2のCMで、あのせがた三四郎とさくらが共演(といっても、演じた横山智佐氏)した事がある
そして時は流れ、プロジェクトクロスゾーン2で再会する(今度は本当にゲームキャラとしてであり、上記のCMの場面も再現されている)

関連イラスト

雨の日も晴れやかに
さくら


さくら



関連タグ

サクラ大戦 帝国華撃団 帝都花組

真宮寺一馬…さくらの父親で対降魔部隊に所属していた陸軍大佐。魔神器を使って「破邪の力」を発動させた事により体を衰弱させ、後に命を落とす。

鬼王……………サクラ大戦2帝国華撃団の前に現れた黒鬼会の上級幹部。その正体は陸軍大臣にして黒鬼会の総帥でもある京極慶吾の反魂の術によって洗脳状態で蘇生させられた真宮寺一馬だった。巨大要塞『武蔵』内部での戦闘終了後に洗脳が解けたが、京極慶吾花組に対して妖術を放った時にさくら達花組を庇い、再び命を落とす事となった。

葵叉丹……………黒之巣会の一員にして、元対降魔部隊の陸軍少佐である山崎真之介。“真宮寺一馬の娘”であるさくらに思う所があるのか、『2』では早期に敗退したのであまり接点がなかったが、初出作品ではゲームだけでなくTV版や小説といったその他の媒体でも何かしら彼女に拘りを見せている。

夜叉……………新サクラ大戦のキャラクター。どこかで聞いた事がある声で見た目が似ている

他の言語

Sakura Shinguji

関連記事

親記事

帝都花組 ていとはなぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真宮寺さくら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3349206

コメント