ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「気合だぜ!チェストー!」

プロフィール

生年月日1903年9月7日
身長・体重197cm / 78kg
年齢19歳(1)→21歳(2)→23歳(4)
スリーサイズ93 / 70 / 98
血液型B型
出身地沖縄
イメージカラー
声優田中真弓


人物

マリア・タチバナに並ぶ帝都花組の古参メンバーにして最年長。
ダイナミックでカラっと明るい姉御肌でムードメーカー。
親しみやすい性格と舞台での大立ち回りの格好良さから、帝都のチビッコ達のヒーロー。
飯を喰うことが好きで、ヘビは大の苦手。

主人公の大神一郎よりも長身で2m近くある。何気に花組一のプロポーションの持ち主。
同じ花組の神崎すみれとは犬猿の仲で舞台上で取っ組み合いの喧嘩をしてしまったりもする。
だが同時にすみれの才能を誰よりも認めており、彼女が引退を決意した際は誰よりも嘆き悲しんでいた。
琉球空手桐島流第28代継承者で戦闘では圧倒的な攻撃力を誇る。
小説版では20枚重ねた瓦を一撃で叩き割ったり、岩壁を素手で突き破ったりしていた。
桐島流空手は単なる空手ではなく、霊力によって肉体を強化する一種の霊体術であり、それによってカンナは上述した超人的な戦闘力を発揮することが出来る。

OVA・轟華絢爛にて、さくらに結婚が噂され、帝撃脱退や部隊戦力の低下などを案じ、花組一同に暗い空気が流れた。
そんな中カンナは、誰一人として祝いの言葉が出ない事に、悔しさを混じらせ苦言を呈した。
普段あまり見せない顔ではあるが、彼女がどういった人物なのか、より深く理解できる場面となっている。

生い立ち

父・桐島琢磨と母・桐島アイカナとの間に産まれたが、アイカナはカンナを産んで間もなく亡くなっており、男手一つで育てられてきた。琢磨から琉球空手桐島流を叩き込まれ、彼が果し合いの末に何者かに殺された後も、父の跡を継ぎ二十八代継承者として仇討ちの為に一人で修行に励んでいた。

太正8年に香港へ向かう客船の上で藤枝あやめのスカウトを受け、帝国華撃団の入隊を快諾。そのまま香港で行われる武術大会に出場、父の仇の弟子を見つけこれに勝利し、彼から来るべき時が来たらカンナと師匠とを合わせる約束を取り付ける。
その後帝撃の初期メンバーとなるが、太正12年3月に件の弟子から連絡が入った為、一時的に脱走(この時彼女の背を押したのは意外にも険悪な仲だったすみれである)し、再び香港に向かった。そこでついに出会った父の仇は琢磨の命を奪った事を深く悔いて長年その罪滅ぼしをしており、来るべき時というのも罪滅ぼしが完了するまでの時間の事だった。最終的にカンナはこの人物を許し、帝撃に合流すべく日本に帰国した。

上記の経緯故に、帝撃の初期メンバーでありながら無印での登場が最も遅い隊員となっている。

関連イラスト

祝・カンナ誕!かかってきな!
HAPPY BIRTHDAY DEAR KANNA!!


カンナさん
よっ!隊長!



中の人ネタ

○○王に、あたいはなる!


公式でもネタにされ、「海賊王」というフレーズが出る持ち歌があったり「のびのびアーム」という腕が伸びる技を披露したりした。また、カンナを海賊王役に配役する際に原作者に対して許可を取ったという逸話もある。まさかの公式公認パロディ。
美人航海士変態船大工を初め、中の人が療養時の代役の船医または金太郎っぽい海兵ホロホロプリンセスなど何気に両作品に共通の出演声優が多い。サクラ大戦の舞台の開催時にも原作者から中の人宛てにお花等の差し入れがされていたり何かと縁がある。

ちなみに漫画版でも、船が沈没した為、泳いで帝劇に戻ってきたカンナに「海賊王にでもなっていればよかったのに」と、すみれが嫌味っぽく言っている。

関連タグ

サクラ大戦
帝国華撃団 帝国歌劇団
長身女性 女子力(物理) 漢女 おっぱいのついたイケメン
神崎すみれ

カップリングタグ

大カン

関連記事

親記事

帝都花組 ていとはなぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐島カンナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 695427

コメント