ピクシブ百科事典

夜叉(新サクラ大戦)

やしゃ

ここでは、ゲーム作品『新サクラ大戦』に登場するキャラクターを取り上げる。
目次[非表示]

CV:横山智佐

概要

華撃団大戦開会式の最中、突如帝都に現れた上級降魔(人型の魔物)。
帝鍵」と呼ばれる物を探し回っている。

その姿と声は10年前の「降魔大戦」で消息不明になった筈の真宮寺さくらに酷似している。その初対面時、幼少期に面識のある天宮さくらは本人であると感じたが、神崎すみれはあれは彼女ではないと判断している。
中盤において、暗証番号を正確に入れて帝劇の地下に堂々と侵入し、あの有名な必殺技「破邪剣征・桜花放神」を繰り出す。その光景に、「夜叉=闇落ち(降魔化)した真宮寺さくら」という疑念を刻み込まれた天宮さくらの心に大きな傷を残し、一時は自暴自棄にまで追いこんでいる。

神滅

夜叉が妖力で操縦する傀儡機兵。
霊子戦闘機より一回り以上巨大な機体ながら、無限を翻弄するほどの俊敏な機動力と、太刀を用いた強烈な攻撃が特徴的な機体。
その外見は初代に登場した魔操機兵「神威」及び続編で強化された「闇神威」に酷似している。奇しくもこの2機の操縦者が、真宮寺さくらにとって呪術で降魔化された元上官である殺女と、同じく死から蘇生された上に洗脳された父親である鬼王であった。




明かされた正体

あの真宮寺さくらに瓜二つな容姿・声・必殺技でありながら、かつての面影など皆無な人物像で登場人物や多くのファンたちを困惑させた夜叉であったが、新生帝国華撃団との決戦で敗北し仮面の下に隠れていた人工物的な醜い顔を晒した。

その正体は降魔化したさくら本人などではなく、事件の黒幕たる幻庵葬徹によって産み出された「傀儡人形」であった。

その直前まで夜叉が本物の真宮寺さくらである可能性を捨てきれず、敢えて目を覚ますように言葉をかけ続けてきた天宮さくらもようやく彼女が本人ではないことを確信する。何度も疑ってしまった自分を恥じながら、その弱い心と決別するためにも夜叉へ止めを刺すことを決意し、そして一対一の決闘に敗れた夜叉は幻庵葬徹の名を呼びながら形代(頭髪の束)を残し消滅した。

「幻庵様に蘇らせてもらった」と語っている事もあり、当初は本物の真宮寺さくらが一度殺され降魔となって蘇生された様にも見受けられた。その一方で「我が名は夜叉……それ以外の名など、ありません!!」「何が、前のあなた、ですか!そのようなもの、存在しない!」「あたしは夜叉!幻庵様の僕です!」と、「幻庵葬徹の僕として産み出された自分」以外の素性を本人が一貫して否定している。
さらにその後本物の真宮寺さくらが天宮さくらと奇跡の邂逅を果たし、なおかつ他ならぬ彼女の力で夜叉の手により戦闘不能となった新生花組が復活を遂げたことから、夜叉が真宮寺さくらである可能性は完全になくなった。

2020年3月に発売された「新サクラ大戦 設定資料集」では、形代(同書内では『依代』と表記)に使われた髪束が真宮寺さくら本人のものであったということ。また夜叉が展開する魔幻空間の内部に歯車や骨組みなどが存在するのは、正体が幻庵の傀儡であるのでからくり人形の内部をイメージしたためであり、溶岩や炎は憎悪の象徴であるという内容が記されている。

残された疑問点

帝劇地下に通じる昇降機の暗証番号を知っていた理由として、スパイとして送り込まれていたアナスタシアから聞き出したと考えられる。その一方で「形代に真宮寺さくらの髪束を用いたことで、その記憶の一部も引き継いでいるからではないか」と考えるファンもいる。刀を振るう姿が北辰一刀流の構えと非常に似ていたことや、その奥義「破邪剣征・桜花放神」まで用いた事、そして何よりシリーズ一作目となる「サクラ大戦」のエンディング「花咲く乙女」の鼻歌を口ずさんでいたことがその主な理由とみられる。
また、夜叉の正体そのものは「幻庵葬徹が真宮寺さくらの髪束を用いてつくりだした傀儡人形」と判明しているが、一方で「幻庵がどのようにして彼女の髪束を入手したのか」「あえて姿を似せた紛い物を作り出し手駒としていたのはなぜか」という点については明かされていないままである。

漫画版ではなんと自ら仮面を取り、しかもその顔が本物の真宮寺さくらそのものだった。何らかの呪術でカムフラージュしていてやがていつか原作通りの醜い顔に変貌するのか、それとも漫画では本当にさくら本人なのか。大きな注目点となっている。

その他

夜叉の公式発表後、制作サイドからの追加発表で真宮寺さくらへの思い入れが強い担当声優がオファーを2回お断りされていた事が明らかにされた。1作目発売から20年以上のファーストヒロインを消息不明にした上に先述の裏事情があったにもかかわらず、夜叉というキャラクターの正体とその結末のありさまを受けて制作サイドに嫌悪感を抱くファンの声も多数挙がった。


関連タグ

個別

新サクラ大戦

関連キャラクター

:CVが同じ横山智佐で容姿もかなり似ている。

サクラ大戦2に登場した『黒鬼会』の上級幹部で正体は京極慶吾の妖力によって洗脳状態で蘇生された真宮寺さくらの父、真宮寺一馬だった。
:黒衣と仮面を身につけた姿が劇場版の彼によく似ている。また、搭乗するブラックサレナも神滅によく似ている

外部リンク

公式サイト内キャラ紹介


関連タグ2

:彼もシャア・アズナブル本人ではなく、人々にとっての理想のシャアになろうとしていた別人(サイボーグ)であるということが共通している。

:彼は「あちら側」のゼンガー・ゾンボルトのデータを元にシャドウミラーに産み出されたアンドロイド・W15であり、主人公部隊とは特に本物と刃をまみえる事が多かった。ちなみに、彼らのオリジナルであるゼンガーとさくらはプロジェクトクロスゾーンで共演している。

関連記事

親記事

降魔 こうま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夜叉(新サクラ大戦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36416

コメント