ピクシブ百科事典

村雨白秋

むらさめはくしゅう

村雨白秋は新サクラ大戦の登場人物であり、オムライスの悪魔でもある。
目次[非表示]

さくらのことをよろしく頼む。キミならば、良い方向に導いていけるはずだ」

プロフィール

性別女性
誕生日不明
年齢年齢不詳
血液型不明
出身地不明
身長160cm
体重44kg
スリーサイズ76/54/75
特技・趣味言葉遊び(ダジャレ)/剣術
好きなもの若者/オムライス
嫌い・苦手なもの
キャラクターボイス沢城みゆき
キャラクターデザイン副島成記


概要

天宮さくらの父、鉄幹の古くからの友人で、
さくらの剣の師匠でもある女流剣士。
年齢や素性は不明。
卓越した剣の技量、明晰な頭脳、そして冷静かつ温和な性格と、
非のうちどころのない人格者だが、
趣味のダジャレが玉にきずで、発言のたびに周囲を惑わせている。
(公式ページより)

村雨白秋は新サクラ大戦の登場人物であり、天宮さくらの剣術の師匠、そして『オムライスの悪魔』でもある。

以下の紹介文は新サクラ大戦 設定資料集より抜粋。

天宮さくらに剣術とそれを扱う心得を教えた女流剣士。
さくらの父・鉄幹とは古くからの友人であるが、その年齢や素性は一切がわからない。
最強の剣士と誉れ高いランスロットをしてスキが見当たらないと言わしめるほどの剣の腕前に、明晰な頭脳、さらには冷静かつ温和な性格を持つ人格者。
しかし、大のダジャレ好きという一面も持ち合わせており、発言のたびに周囲を凍りつかせることも。
帝劇にたびたび足を運んでおり、弟子であるさくらの様子を見守りつつ、食堂で好物のオムライスに舌鼓を打っている。
普段は帝都郊外の孤児院を兼ねた寺で『降魔大戦』などで親を失くした孤児達に読み書きを教えている。
どこか浮世離れした、掴みどころのない人物。

オムライスの悪魔

彼女は上記にもある通りオムライスが大好物であり、その事になると恋する乙女の如く魅了された状態でウットリと語りだす。帝劇食堂の品は彼女にとっても絶品と賞賛されており、食したい欲求が有る度に定期的に赴いている。

証拠の動画


関連イラスト

オムライスの悪魔
村雨白秋ちゃんのまとめ(2019.12~2020.03)



余談

  • 白秋は最初、男性キャラクターとして予定されていたが、打ち合わせ時に副島氏から「女性キャラクターをデザインできると楽しみにしていた」との発言を受けて性別を女性へと変更された。
  • 彼女は天宮さくらの合体攻撃の演出の中でも登場しており、転校生の神山とツンデレヒロインのさくらのクラス担任という、久保帯人キャラの中にただ一人ペルソナっぽいキャラが出ているというシュールさを発揮している。


外部リンク

公式サイト内キャラ紹介

関連タグ

新サクラ大戦 天宮さくら オムライス

エリザベス中の人キャラデザSEGA繋がりの人物。ちなみに天宮さくら役の佐倉綾音P5S柊アリスとしてペルソナシリーズに出演している。

村雨白秋の謎

※ここより先ストーリーのネタバレ及びそこから展開される推論等があります。
























































































・ゲーム本編終盤にて花組に敗れ逃亡した先の路地裏である人物に出くわし、安堵とともに「傷だらけなんだ。なんとかしてくれよ」「仲間じゃねえか!」と、華撃団の隊員に見せた傲慢な態度が嘘のようになりふり構わず助けを求めるが、逆に「……仲間?私は貴様を仲間と思ったことなど、一度もない」と吐き捨てられ、必死に命乞いをするもあっさり斬殺されるという、自業自得とはいえ哀れな最期を迎えた。
しかし、その時に朧を斬殺した人物の声は白秋の物としか思えないものだった。

新サクラ大戦「謎の白マント」さん


・アニメ版第1話冒頭で列車よりクラーラを連れ去り、同じく彼女を標的としていた謎の上級降魔と戦闘を繰り広げ(なおこの時戦闘に使っていた剣は日本刀ではなくシンプルなサーベルだった)、神山、エリスランスロットの前から姿を消した白仮面の怪人「白マント(第2話あらすじ解説より)」のデザインが副島氏がキャラデザをしたペルソナ5心の怪盗団によく似ており、公式のネタバレは無かったものの神山役の阿座上洋平もその外見から白秋さん呼びしていた。
その後、第2話で帝都に現れ様々な義賊行動を次々に行っており2話冒頭パンを盗んだ子供を助けた時、明らかに白秋の声が聞こえた。
その後、帝都案内をしていたさくらとクラーラが謎の黒いマントの怪人とメンバーが戦闘中、クラーラの前に助けに入る。
その時さくらに関して何か覚えのある描写を見せ、さくらが後をつけると偶然村雨白秋に出くわし聞かれた際にはぐらかして応答する

6話では食事にやってきた一同の目の前(もちろんオムライス付き)で現れ、個人経営を行う寺の整理のためさくら達と行動していた直後、現れた怪物の攻撃で白秋が土煙と消えた後、突然白マントが現れ生身状態で互角とやりあう(この時点で花組メンバーは全員無限に搭乗しており、更にさくら以外のメンバーは全員戦闘服を着用(さくらは今回非常時のため戦闘服なし(私服)で戦闘に参加)していた)対峙して再びさくらの事を呼ぶを呼ぶなど謎が多い描写が取れる。

9話に於いてクラーラの力が覚醒、暴走時に救い出し、寺に匿っていたが莫斯科華撃団の強襲を受け、その際クラーラを人質に取られた時に白マント姿で彼女を助け、驚愕する一同の目前でマスクを外しその正体が白秋であることを明かした(まあバレバレと思われたが、丁寧にも9話まで白マントと白秋のキャストクレジットは別表記扱いだった)。
寺も表向きは孤児院だが、その大半が力無き擬態(又は半降魔)の降魔達を集めた寄合所でもあった。彼らのフラストレーション発散に花やしきへ赴く事も日課としている(事実前述の2話で盗みを働いた直哉という少年を助けていた時、直哉の目が赤くなったために直哉の正体も擬態か半降魔と推測できる)。

その行動目的が明確にされ、彼女は神山が調査していた時期に友人関係である降魔研究者のナターリャの依頼で降魔人間(ラディエーシタ)唯一の成功例であるクラーラの保護に独自で動いていた(この点についてあくまで降魔人間が実在した事を初めて神山から報告され、クラーラの保護に偶然エリスやランスロットも鉢合わせたのも、あくまでも極秘事項から知らされてなかった為で総司令も驚いていた)。

続く10話では神山の依頼で協力するよう頼まれ、白マント姿(曰く「戦闘時の正装」)で支援に協力することになり司馬が用意した突入用カタパルト大弓くんを使う際、生身で突入を志願することになり突入後でもその戦闘能力を披露した(もっともサクラ大戦シリーズが参戦したクロスオーバーゲーム「プロジェクトクロスゾーン」では大弓くんの原型とも云えるリボルバーカノンを使い古代塔市タルカロンやオーク巨樹への生身突入を行い、そのまま肉弾戦を決行するというケースを見るとを含め生身戦闘可能な人は結構たくさんいたらしい。最も2つのケースは無事に着地することが出来たが、数人漏れ出しており失敗したが全員対処法を備えており(それ以前に明らかに人外ケースがおりオーグ巨樹への突入は一応微調整が出来全員突入に成功した)。
カミンスキーとの最終決戦でも部分的に殿を務めて空中要塞セバスポートリからを脱出。
カミンスキーゴーレムが帝都に進撃を開始するのを未然に防ぐ為にも花組の旗艦から再出撃。東京を粉砕可能な一撃を食い止めようと魔導防御陣に妖力も込めて防ぎきった。そしてその際、彼女の眼がクラーラたちと直哉のように赤く染まった
カミンスキーとの戦いが終わった数ヶ月後、クラーラが正式に帝国歌劇団・花組メンバーへと新規加入したデビュー公演を屋根から聞き及んでいたが、暫くの間帝都から離れる事を呟きながら、白き翼をはためかせてどこかへと飛び去り、当人もまた、降魔であった事が判明した。

その事から上記のに止めを刺したのは白秋で間違いないと考えられる。
(朧の「仲間じゃねえか!」の発言は同じ降魔だから仲間であるという意味合いから発したものだと思われる為。ただし上記にあるように新サクラ大戦の降魔(半降魔も含む)は人間の中に紛れて平和に暮らしている者達も多数いるため、彼らのように平和に暮らそうとはせずに完全な征服行為を企んだ幻庵葬徹の配下として帝都の平和を脅かした朧は彼女にとっては(幻庵や自分達同様に)同胞ではなく(明らかに人々を騒ぎを起こす悪しき者たちに立ち向かう)敵であると思われても仕方がなくと思われる)。

なお現時点旧シリーズ消息不明なキャラ初代アニメ版で幹部の1人に止めを刺した点や初代花組副指令のように2つの姿を使い分けたなど前述の朧や2代目副指令のようなオマージュ要素がいくつもあるあると考えられる。

降魔研究者のナターリャが降魔人間の実験時に上級降魔の「M細胞」を用いたという発言がある。
ナターリャとの友人関係やMという頭文字(MURASAME)を鑑みると、この細胞を提供した降魔は彼女であると考えられる。
以降の目的などは、必ず注意はしていきたい。

関連記事

親記事

新サクラ大戦 しんさくらたいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「村雨白秋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13202

コメント