ピクシブ百科事典

フル・フロンタル

ふるふろんたる

フル・フロンタルとは、OVA『機動戦士ガンダムUC』の登場人物である。「赤い彗星の再来」の二つ名で呼ばれるエースパイロットでありつつ、高いカリスマで『袖付き』を纏めあげてもいる。
目次[非表示]

CV:池田秀一

概要

宇宙世紀0096年時点における、ネオ・ジオン軍(地球連邦軍からの俗称は『袖付き)の事実上の首魁。その名は「丸裸(転じて、徹底的な、徹底する)」を意味する。
組織を問わず「赤い彗星の再来」の二つ名で呼ばれ、一年戦争時のキャスバル・レム・ダイクンを髣髴とさせる仮面を身に着けている。
その素顔、そして声音もまた、“キャスバルそのもの”を思わせるが、体格は一回り(以上)大柄であり、身に纏うカリスマ性も異なる事から、出会えば一目で“別人”と判る外見をしている。

バナージ・リンクスが、から託された祈り偶然出会った少女への想いという、あやふやな原動力で走り出した状況に対して、スペースノイドが置かれている現実を突きつけ歩みを留まらせようとする「壁」であり、同時に母子家庭で育ったバナージにとってスベロア・ジンネマンとは異なるアプローチで“父性”を示す人物でもある。

度重なる武装蜂起および内部政争、反地球連邦組織との集合・離散の繰り返しにより、最早“寄り合い所帯のテロ組織”と成り下がっているジオン軍残党、その最大派閥の一つである「ダイクン派」を、身に有するカリスマによって纏め上げながらも、(前線指揮のためでもあるが)大佐の階級に身を置き、同じく最大派閥「ザビ派」のシンボルであるミネバ・ラオ・ザビを「姫殿下」と立てることで、組織の分裂を食い止めている。
パイロットとしての技量は、二つ名に相応しく「超一流」を更に越えた域にあり、スペックノート上は一回り(以上)下回るシナンジュを持ってして、ユニコーンガンダムを容易くあしらっている。対艦戦においても、少数の部下との連携だけで大型艦ゼネラル・レビルとその部隊を撤退に追いやるという、戦術レベルの単機戦闘力を発揮する。

その正体に関しては強化人間、またはシャアのクローンなど様々な説がある。多くの権限を与えられており、何者かが裏で彼を操っていたとの情報もある。
(報告書-U.C.0097-より)

人物像の変更

フル・フロンタルは『機動戦士ガンダムUC』において、原作(脚本段階)から最も大きな変更を受けたキャラクターと言える。
これはOVA(アニメーション)化において、古橋一浩監督が「(繰り返して視聴する事が前提の)アニメフィルムに、謎解きの要素は不要」というスタンスを持っているため、原作の謎めいた言動が全体的にストレートな表現に“翻訳”されており、フロンタルの『正体』についても古橋監督自身が「私と福井さんの考えも違います」という理由であえてぼかしている事などが大きい。
加えて、監督が「フロンタルも最終的には、バナージを送り出す側の一人の大人として、キチンと決着を付けたい」という考えであった事、担当声優である池田秀一氏がフロンタルを『シャアとは別のキャラクター』として演じた事、そして同じく池田氏が「原作の結末ではフロンタルは成仏できない」旨の意見を有していた事等が重なり、意図的に脚本時の勧善懲悪性(悪役であること)を薄められてもいる。

なお、本作を含めた2010年代ガンダムシリーズのプロデューサーを務めるサンライズの小形尚弘氏は後に、原作フロンタルの「悪役」部分は『機動戦士ガンダムNT』のゾルタン・アッカネンで表現したと語っている。

人物

屈強な偉丈夫と評せられるほどの体格をしているが、平時の物腰は無機質な程に穏やかであり、狭い工業コロニー・インダストリアル7で育った“世間知らずの少年”でしかないバナージに対しても、「バナージ君は礼儀の話をしている」と丁重に接している。
しかし当然ながら、組織の首魁たる冷静さ、冷徹さこそがフロンタルの本質であり、戦闘時のみならず、敵対勢力との交渉においてはマシーンのように慈悲なく正面から目的を完遂し、シャアを思わせる仮面の装着(ファッション)、スポンサーから拠点として提供されているア・バオア・クーでのそれを再現した執務室を「下らないもの」と断じながらも受け入れて見せもする。

既述の通り、体格はキャスバル本人(享年三十四歳)と隔たりがあるが、同じく既述の通り容貌そのもの及び声音はと瓜二つである上、額の同じ個所に傷跡が刻まれている事から、大なり小なり明らかに後天的に外見を『デザイン』されている
これらのような出生に加えて、行き詰まりつつあるジオン残党という組織を纏める“ハズレくじ役”を押し付けられておきながらも、しかしフロンタルはその重圧(プレッシャー)に対して微塵の弱音も吐かず、淡々と行動を進めていく。

彼自身が、このような己の境遇の不条理にどのような感慨を持っていたのかは不明だが、自らを「ジオンの理想を受け継ぐ者たちの意志を受け入れる器」と定義し、語っているのが、『世界』に対するせめてもの抵抗であったのかも知れない。

人格面では、キャスバルが欺瞞を唱えたに対する愛憎や、アルテイシア・ソム・ダイクンとの兄妹としての絆(金塊を送るなど)といった、狭隘な枠に自らを押し込み、それ故に生じた歪な空隙を埋めるために母親、そして家族を求め続け、ライバルアムロ・レイに対して「同等の条件で戦って勝つ」というような青臭いこだわりを捨てられなかった点と異なり、徹底的に効率を優先する傾向が強い。
このため、能力のある人間ならば素性や経歴を問わず組織の中枢として重用し、『ラプラスの箱』に対しても“人類の進むべき道”、“みんなのため”といった曖昧な理想論を排除して、あくまでも現状からの“地続き”である地球連邦政府との政治交渉と、スペースノイドによる「サイド共栄圏」確立のための手段としての価値のみを唱える。(そしてやはりシャアとは逆に「地球という青い星が、人類の精神的支柱となっている」現実には、視点が向いていなかった節がある。)
しかしこれらは同時に、部下の能力以外の面には興味が無く、マクロな理想も有さないという彼の人間性の空虚さを表している――あるいは“器”でしかないフロンタル自身には「そこまでは知った事ではない」という自覚があったとも考えられる。

よって、対人関係の構築では、自身の身代わりとなった部下(ギルボア・サント)に対してさしてる感慨も抱かず、地球に残った残党達には特攻前提の陽動作戦を躊躇なく命じ、親衛隊隊長であるアンジェロ・ザウパーに対して精神面のケアを一切行っていなかった(キャスバルが最終作戦出撃前のギュネイ・ガスに「の口説き方」を説いて、肩の力を抜かせたのとは対照的ともいえる)。
目的として語った「サイド共栄圏」もまた、5~10年程度の施策に過ぎず、そもそも宇宙移民者(多数の棄民)が目指していたエレズムとは何ら繋がりを持たない当面の理想でしかなかったため、ミネバに「私の知るシャア・アズナブルはもう居ない」と失望を受け、ガランシェールクルーの離反を招く結果となった(もっとも、この思想については後の『宇宙戦国時代』から俯瞰すると、むしろフロンタルの言い分の方が正しかった面もある)。
なによりも戦闘において、超大型モビルアーマーネオ・ジオングをメガラニカの人工大地内部へと、構造物を破壊しながら無理やり進入させ、あまつさえ大火力兵装で外壁をくり抜いて宇宙へ出るという、スペースノイドからすれば「鬼畜にも劣る」行為さえ実行せしめたのは、キャスバルと真逆と言っていい。

搭乗機

フロンタル専用ギラ・ズール(PS3用ゲーム「機動戦士ガンダムUC」)
シナンジュ・スタイン(小説「戦後の戦争」)
シナンジュ
ネオ・ジオング

原案小説版

福井氏著作の小説版(脚本)では、その正体はジオン共和国からネオ・ジオンに派遣された政治の駒であり、小説では確定こそしていないが元々は単なる人工ニュータイプに過ぎなかったと思わせる構成となっている。
ネオジオン残党を陰から支援していたジオン共和国防衛大臣モナハン・バハロが、ネオ・ジオン残党が衰退して烏合の衆になってしまうことを危惧し、彼らを糾合させる為のカリスマとして用意した存在であり、かつてのネオ・ジオンの総帥であるシャア・アズナブルに酷似した容姿や声もまた、その役割を果たすために意図的に似せられたものである(※1)。
しかし、洗脳で思い込まされている訳ではないらしく、自分をシャアだと言った事は実は1度もない。
その正体を「人工ニュータイプ」であるとする最大の根拠はフロンタル死亡後のモナハン・バハロの「あんなものはいくらでも造れます。連邦のガンダムと同様、しょせんは象徴ですよ。その形さえ与えておけば、大衆が勝手に意味を見出してくれる」というセリフであるが、このセリフを見る限りモナハンが重点を置いているのはあくまで「外見」であり、後述する化物じみた強さや人心掌握といった劇中の活躍を考えれば明らかに「過小評価」ともとれる発言である。
このことからフロンタルはモナハンの知り得ない様々な偶然から当初の予定を遥かに超える能力を発揮していた事が伺える。
なお、フロンタルが具体的にどのような技術・方法で生み出されたのか(整形かクローンか等)は劇中では敢えて明かされていない(※2)。

作中にてデブリの中を『通常の3倍のスピード』でネェル・アーガマへ接近するなど全編を通してシャア・アズナブルを思わせる演出が為されているが、そのストーリー上の役割は他のガンダム作品に登場するような『シャア・コピー』ではなく、シャア(あるいはその盟友にしてライバルであるアムロ・レイや、ガンダムUCの主人公であるバナージ・リンクス)を全否定する、『アンチ・シャア』『ネガ・シャア』とでも言うべきもの(※3)。
例えば「認めたくないものだな…若さゆえの己の過ちというものを」と発言したシャアに対し、彼が「過ちを気に病むことはない。ただ認めて、次への糧にすればいい。それが大人の特権だ」という発言をしたのもその一つである。シャアは人類に絶望してアクシズを地球に落とそうとしたとき、それでも住めなくなった地球を脱した彼らに革新が訪れることを願い、信じていた。そんなシャアとは正反対に、「ヒトは変わらない。変わろうともしない」と人の心の善意や可能性を完全に否定し「虚しいだけ」と断じる、虚無的なまでの現実主義に徹する人物である。

なお、原作者の福井晴敏氏によれば「大人ということを自覚的に武器にして使ってくる男」であり、「大人をやっているつもりでどこか青臭さを残していた」シャアと比べて遥かにしたたかな人物として描いているという。
シャアがその名声とカリスマ性とは裏腹に、実際はララァ・スン母性を求め、ハマーンレコアクェスの愛に向き合うことから逃げ出し、一時期はジオン・ダイクンの息子としての重責に苦悩したこともある等、内面的には感情的でナイーブな人間くさい人物(アムロの弁を借りれば「情けない奴」)であったのに対し、フロンタルは終始一貫して怜悧で現実主義的な姿勢と落ち着いた態度を崩すことがなく、彼のほうが「常に余裕があって冷徹で計算高い有能な軍人」という世間一般のシャアのイメージに忠実であるところからもそれが見て取れる。
いわば、シャアの持っていた迷いや妄執といった人間的な脆弱さを削ぎ落とし、政治的プロパガンダの中に登場するような『スペースノイドが期待する英雄として理想化されたシャア・アズナブル像』を具現化させた存在であるともいえる(※4)。
逆に言うと『他人から見たシャアの英雄的側面』のみを人工的に再現した存在でしかなく、しかも後述するある理由から偶然にも『シャアの絶望』の部分だけを受け継いでしまい、その裏付けとなるシャアの人間的な弱さや不甲斐なさと表裏一体であった信念や熱意、道義心といった情動を持ち合わせていない。
それゆえにシャアという仮面(ペルソナ)が無ければまさに「何も無い」人間であるため、本物のシャアを知るミネバからは「空っぽな人間」と嫌悪され、バナージからは「のっぺらぼう」と揶揄されており、フロンタル本人も自分のような無為で空疎な存在を要請し作り出した世界に対して無自覚な憎悪を抱いていたようである。

フロンタルが「ラプラスの箱」を狙う目的は、地球の経済がスペースノイドの生産活動に依存している点を利用し、ジオン共和国主導の下で月と7つのサイド(コロニー群)を中心として地球を間引きした経済圏を作り上げる「サイド共栄圏」を実現させ、地球連邦を衰退させる事にあった。彼にとって「ラプラスの箱」は、サイド共栄圏構想を実現させるにあたって、ジオン共和国自治権返還を延期させる為の、地球連邦との交渉材料に過ぎなかったのである。

しかし、その考えを語る姿はバナージをして「(自分たちの未来について語っているはずなのに)まるで他人事のよう」に感じさせるなど、どこか冷めたものであった。また、仮にサイド共栄圏が実現したとしても、20億の人口を独力で賄うことのできない地球を孤立させれば、地球は西暦の時代と同様に資源の争奪戦による戦乱に見舞われることになる。そうなれば、困窮したアースノイドの子孫たちが、自分たちを貧困に追いやったスペースノイドにその憎悪の矛先を向けることは想像に難くない。それでは結局、問題の根本であるスペースノイドとアースノイドの対立構造そのものは何ら変わらないのである。
そのため、ミネバからはサイド共栄圏構想それ自体は「理に適った現実的な策」と評されつつも、結局は調和も進歩も無くアースノイドとスペースノイドの立場を逆転させるだけで、人類の革新を願ったジオン・ズム・ダイクンの理想や、アクシズ落としという凶行に及んででも人類全てを宇宙へ上げようとしたシャアの狂気と熱情(=ジオニズムとその根底にある地球聖域思想たるエレズム)とは程遠い物であると酷評されている。

これは「例え可能性を示したとしても、ヒトは現状維持のためには平然と自らそれを潰してしまう。ならば変わろうとしない者には、変わらないなりの未来を与えておけばいい」というフロンタルの諦念に根差すものであり、「ヒトの可能性」を信じて戦い続けるバナージを、「人類に叶いもしない希望を与える存在」として危険視していくようになる(※5)。


シャア本人しか知りえない知識や独白などを知っていることについては、本人は「アクシズ・ショック」によってサイコフレームに吸収され、宇宙を漂っていたシャアの残留思念が、アクシズ・ショック程の奇跡を経ても何も変わろうとしなかった人類に絶望し、似姿である自身に宿ったと語っている。

ただし、この残留思念はシャアの魂そのものではなく、『シャアが宇宙に遺した絶望』(福井氏曰く、「シャアの落し物」)という、彼の魂の一部分に過ぎない。そして、『シャアの代理』という以外に存在意義を与えられずに創られた、文字通り空っぽな人間であるフロンタルが、その歪んだ想いをその身に宿してしまったことで、彼はシャアに限りなく近い存在でありながらシャア本人ではなく、かといって他の何者かであるわけでもないという矛盾を孕んだ存在と成り果ててしまっていたのである(マリーダ・クルスはそんな彼と戦場で対峙し、「己を研ぎ澄ました代償にヒトですらなくなった、哀れな怨念の依代」と評している)。その結果、フロンタルの肉体を動かしているのは確かに彼自身の意思であるのだが、それを支配しているのは全く身に覚えのない他人(シャア)の記憶と経験という奇妙な齟齬が生まれてしまう。
バナージがインダストリアル7へ向かう途中、フロンタルとの戦闘で垣間見た彼の心象世界に広がる途方も無い虚無の正体は、まさにこの意思と記憶の不和であり、原作小説版ではフロンタルはやがてこの『シャアの怨念』に呑まれて、より深い虚無へと突き進んでいくことになる。

UC計画との関連

連邦の「UC計画」において「科学の産物たる機体性能の前に手も足も出ずに駆逐されるニュータイプ」の姿を全世界に晒して「ニュータイプ伝説」を破壊するには、敵対するネオ・ジオン残党にフロンタルら超人的なニュータイプ(と思われるもの)と専用のサイコマシーンが「やられ役」として存在する事が大前提であり。連邦もアナハイムもジオン共和国が強力な人材を用意してネオ・ジオン残党(袖付き)に派遣するのを暗黙の了解で黙認していたとされる。
そして「やられ役」のサイコマシーンとして抜擢されたのがデータを取り終え、そのデータを元に更に高性能なユニコーンガンダムの製造も始まり用無しとなったシナンジュ(厳密にはシナンジュ・スタイン)である。

シナンジュは当初サイコフレームを用いた機体の限界値を無人操作で計測する為に製造され、実戦はおろか人が乗ることすら想定しておらず「兵器としての評価」は低かったとされる。
しかし、フロンタルは本来なら通常形態のユニコーンガンダムにも性能で劣るはずのシナンジュを自在に操ってNT-Dと互角に渡り合う程の戦闘能力を発揮し、交渉や政治の駆け引きにも長け、連邦やアナハイムの想定を大きく越えた脅威となっていく。

つまり、フロンタルは連邦のプロパガンダを逆手にとってジオン残党を掌握し、世間にその名をとどろかせ、シナンジュまでも手に入れたのである。
これらの活躍は『機動戦士ガンダムUC』本編の前日談に当たる『戦後の戦争』に描かれている。

結末

最終的にメガラニカの氷室で対面したサイアム・ビストに「自分を含め、『箱』の解放の是非は、それを取引材料としか考えられない人間の手に委ねられるべきではない」と要求を拒絶されたことでサイド共栄圏構想は否定され、自身もバナージとの死闘の末に命を落とす。

このメガラニカでのバナージとの銃撃戦の最中に、左目を撃ち抜かれて頭部の一部を損壊するという明らかな致命傷を負ったにも関わらず、「シャアの怨念」に突き動かされる亡霊のように、彼を追いつめ、シナンジュに搭乗して血みどろの激戦を展開。

シナンジュの左腕部と両足を失いながらも、負のサイコ・フィールドとも言うべき巨大などす黒いオーラを纏って、フルコンディションのユニコーンバンシィを圧倒するという化け物じみた強さを見せつけるが、最後はその虚無もろとも、バナージがありったけの思念を注いだユニコーンのハイパービームトンファーによって引導を渡された。しかし、死の間際にあっても「君は究極のニュータイプになる代償として、ユニコーンガンダムというマシーンに食われ、バナージ・リンクスという個の器は失われる」と、コロニーレーザーを防ぐためにニュータイプの能力を極限まで引き出した代わりに、ユニコーンガンダムと一体化して人間であることをやめてしまうバナージの行く先を予見する呪詛を遺した。

その亡骸はシナンジュのコックピットブロックと共に宇宙を漂い、激戦をかろうじて生き延びたアンジェロ・ザウパーによって発見された。

脚注

※1.ただし、アニメ版では別人である事を強調した演出や演技が意図的にされている。体格もシャア本人より大きめであり年齢もシャアより上の印象を与える。
言動・容姿共にパッと見た印象はシャアっぽいが、実際のシャアを知る人がよく観察するとシャアとは大きく異なることに気づくというのが、フロンタルというキャラの仕掛けである。

※2.この時代になると『グリプス戦役』や『第一次ネオジオン戦争』の頃に比べ遥かに強化人間の精度が上がっているのかギュネイ・ガスと同様に精神が安定している。
なお強化人間という設定は近年のクロスオーバー作品などでは曖昧になってる場合が多く、オールドタイプのような扱いをされる事が増えている(設定が定まってなかったのかOVAが完結してない『SDガンダム GGENERATION OVER WORLD』では強化人間のアビリティがあったが、OVAの完結後に発売された次回作の『SDガンダム GGENERATION GENESIS』では廃止されている)

※3.原作の福井氏はフロンタルのキャラクター造形とストーリー上の役割について、「そもそもシャアを彷彿とさせる仮面キャラが『ガンダム』に出るという発想自体が保守的である」とした上で、そうした保守的なキャラクター性を持つフロンタルを、可能性を信じて閉塞した世界を変えていこうとするバナージの最大の障害となる「現実を突き付けて可能性を破壊しようとする後ろ向きな大人」を象徴する存在として描いていると語っている。

※4.ゲームではシャアと共演している第3次スーパーロボット大戦Zなどでそれが顕著に現れており、作中では「迷いを捨てたシャア」とアムロに評されている。

※5.本作品から約半世紀後の宇宙世紀140年代には、現実に地球連邦がその勢力を失い、相反して経済的な余裕をもったサイドがなし崩し的に独立する宇宙戦国時代と呼ばれる時代に突入するが、この時代には彼らの想定(理想)とは真逆に、力を持ったサイド(スペースノイド)同士が軍事的衝突を繰り返し、あまつさえ特に力を持ったサイドは、所属軍人がそれまでの怨念返しとばかりに、地球で特権階級を貪っていたとはいえ一般市民の虐殺を行うという残酷な結果が待ち受けている。
一面では、バナージ、ミネバ達が信じるほどには、スペースノイドは善良ではなかったのかも知れない。

アニメ化における変更点

・小説では受動的にバナージに虚無の世界を見せたのに対し、アニメでは能動的に虚無の世界へ連れ去ってしまう。そこに至るまでの描写や台詞もニュータイプらしさを強調したものになっている。
この虚無の世界もアニメでは小説と異なり、物理学で言うところの「宇宙の終焉」である熱的死(ヒートデス)に近いものとなっている。当初古橋監督は本当にタイムスリップさせるつもりだったが、原作者の福井氏に止められ、「サイコシャード」とフロンタルの能力で「刻(とき)を可視化したもの」となっている。

・シャア、ララァ、アムロの思念が迎えに来る。小説ではその様な描写は全く無く、シャアにしか知り得ない事を知ってはいるものの思念を宿しているというのは思い込みの可能性もあったのだが、アニメではハッキリと描写され、シャアの無念を拾った、もしくは託された人物であることが明確になった。(ララァ登場時の「あぁ・・・」という台詞は池田氏のアドリブと言われている)

サイアム・ビストの前でプロパガンダの仮面を外し「ネオ・ジオン総帥」として堂々と自らの意見を述べるシーンにおいてサイアムは小説と違い「お前の言うことも正しい」と肯定的に語っておりバナージやミネバとは違う「正しさ」を持っていることが強調された。
このことからシャアの残留思念を宿しつつも、「自らを器と定義して、そのように振る舞う男」という自我も確立しており。バナージを危険視する一方で、“みんな”のために世界に抗おうとする彼に自分と同様の『器』となる素質を見出し、自身の論理で以って引き込もうとしていく人物として描かれている。

機動戦士ガンダムNTにおいて

本人は前作の『機動戦士ガンダムUC』で死亡している為登場しないものの、「ネオ・ジオング」及び搭載されている「サイコシャード」はフロンタルが基礎設計したため、内部データはブラックボックスと化している事が分かった。
それゆえⅡネオ・ジオングは1年経ってもいまだに何故動くのかすら解析出来ておらず、ジオン共和国軍内では「シャアの亡霊に取りつかれたフロンタルがこの世ならざる知識で作りあげた」という噂が立っていると、エリク・ユーゴとモナハン・バハロの口から語られた。

名台詞

OVA版

「過ちを気に病むことはない。ただ認めて、次の糧にすればいい。それが、大人の特権だ
シャアの名台詞「認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを」と対を成す。フロンタルがシャアとは真反対の「強かな大人」であることを象徴する台詞。

「見せてもらおうか…新しいガンダムの性能とやらを!」
シャアの名台詞「見せてもらおうか…連邦のモビルスーツの性能とやらを!」のオマージュ。

「また敵となるか、ガンダム!」
NT-Dを発動したユニコーンと相対して。
「フロンタルはもしかしてシャア本人なのでは?」と視聴者のミスリードを誘うと同時に、フロンタルにシャアの残留思念が宿っていることを示唆する台詞。

「これはファッションのようなもので、プロパガンダと言ってもいい。君のように素直に言ってくれる人がいないので、つい忘れてしまう。すまなかった」
袖付きに拘束されたバナージが、フロンタルと面会し、彼に素顔を見せてほしいと言った際のリアクション。
フロンタルはバナージの態度を無礼として怒るアンジェロを窘めつつ、あっさりと自らマスクを外した。このような洗練された冷静な態度も彼の特徴である。
ちなみに「ファッション・プロバガンダのようなもの」という部分は、小説版『機動戦士ガンダム』におけるシャアが自らの仮面について語る台詞のオマージュ。

「今の私は自らを器と規定している。宇宙に捨てられた者の想い…ジオンの理想を継ぐ者たちの宿願を受け止めるための器だ」
「彼らが望むなら私はシャア・アズナブルになる。このマスクはそのためのものだ」
バナージに「あなたはシャア・アズナブルなんですか?」と問われて。
この『総意の器』、つまり「大衆(スペースノイド)がシャアに期待していたことを代弁し、実行する行動者」という考え方が、フロンタルの基本的な行動指針となっている。

「器は考えることはしません。注がれた人の総意に従って行動するだけです。全人類を生かし続けるために」
サイド共栄圏構想を語った際、強者と弱者の立場を入れ替えるだけで結局は現状維持に終始する卑小なその結論を「『赤い彗星』としてそれでいいのか?」と問うたミネバへの返答。フロンタルの説くところは確かに一つの正論ではあるが、その何の熱も感情も感じられない口ぶりに、彼女は「かつて自分の慕った『シャア・アズナブル』は完全に死んだ」と実感した。
シャアが一人の戦士としてアムロとの直接の決着に最後まで固執していたのに対し、フロンタルはそういった個人的動機を一切持ち合わせておらず、淡々とスペースノイドの利益を現実的かつ合理的に追求しているという点でも対照的である。

「もしシャア・アズナブルが今も生きているとしたら、それはもう、人ではなくなっているのではないかな」
ネェル・アーガマ制圧後、ジンネマンとの会話にて。
そのあまりにも無機的な言葉は、ジンネマンに「こいつは何物だ?」と思わしめた。フロンタルの本質が伺える一言。

「もう君は、“みんな”の中には帰れない」
並外れたニュータイプ能力を発揮しつつあるバナージに対して述べた不吉な言葉。
「“みんな”のために箱を使う」と叫ぶバナージに対し、フロンタルは「ニュータイプとしての力を示してしまったバナージは、もうオールドタイプである“みんな”と同じ道を進むことはできない」と語り、彼を自身の下に誘い込もうとする。

「ここへ踏み入り、この目で『箱』の正体を確かめたいと願ったのは私ではない。実は私にも分からないのです。作り物の器に注がれたこの思いが、一体誰のものなのか…」
メガラニカの氷室にて。
「『箱』の正体を確かめたい」と思ったのは「シャアの残留思念」によるものであったのかもしれないが、本当はフロンタルという人物自身が「スペースノイドの総意の器」という自らの役割を超えて願った無自覚な思いであったのかもしれない。

「人の中から発した光…この温かさを持ったものが…虚しいな…」
最終決戦にて、ネェル・アーガマのクルーやミネバ達の想いを受けNT-Dを発動したバンシィとユニコーンと相対して。
可能性をその身に秘めながら、これほどの奇跡を何度目の当たりにしても何も変わろうとしない人類に対する、フロンタルと彼に宿るシャアの狂おしいまでの絶望と虚無感が垣間見える。

「光無く、時間すら流れを止めた完全なる虚無…これがこの世の果て、刻の終わりに訪れる世界だ。人がどれだけ足掻こうと、結末は変わらない」
「ただ存在し消えてゆくだけの命に、過分な期待を持たせるべきではない」
ネオ・ジオングのサイコシャードとユニコーンのサイコフレームの共鳴により、「刻の涙」(戦いの歴史)の最果てに広がる、完全なる暗黒と虚無の世界へと辿り着いたフロンタルとバナージ。
フロンタルは、人類は遅かれ早かれいずれは消えていくだけの存在に過ぎないという現実と、決まりきった未来に可能性と希望を見出すことの無意味さをバナージに説いて、その意思をねじ伏せようとする。しかし…

「熱…暖かな光…。こんなものがいくら積み重なっても…何も…そう、何も…!」
この無慈悲な現実を突きつけられても、“それでも”諦めずに足掻こうとするバナージの中の「熱」を注がれるフロンタル。その暖かさを確かに実感しつつもなお否定しようとするフロンタルであったが、その時、彼の脳裏に「彼女」の声が響く…。
それまで一貫して冷静で無感情な語り口だったフロンタルが、ここで初めて感情を見せる。

「ああ…」
ララァとシャアの魂に諭されたことで、フロンタルは自らの役目が終わったことを悟り、サイコシャードの力でネオ・ジオングを自壊させる。フロンタルの中に宿っていた「シャアの残留思念」はシャア自身によって回収・浄化され、彼の意識は宇宙の闇へと溶けて消えていった。
ネオ・ジオングが灰燼と化していく中、バナージはシャアの声を聞く。「君に、託す。為すべきと思ったことを…」と。

福井氏小説版

「私は……君を殺す」
これまたシャアがアムロに対して述べた台詞のオマージュ。しかし、シャアが「ニュータイプという存在を、まだ人が受け入れることが出来ないから」アムロを殺そうとしたのに対し、フロンタルがバナージを殺そうとするのは「ニュータイプなどという無用の幻想を人が信じてしまうから」であり、真反対の意図が込められている。

「昔、今と同じことを考えていたような気がする。ニュータイプといえども、肉体を使った戦いには訓練を要する。だから『ガンダム』のパイロットをおびき出して、生身で決着を…」
メガラニカの氷室にて、バナージとの白兵戦の直前の台詞。
『昔』というのは勿論、ア・バオア・クーでのシャアとアムロの生身の白兵戦のこと。それまで示唆されるに留まっていたフロンタルの中の「シャアの残留思念」が明確に姿を現した瞬間。

「…人の想いが、光になって地球を包むのを見た。光に巻かれて、地球圏の外に押し出された。この目で、宇宙の深遠を覗きもした。そのような奇跡を目の当たりにしても、人は変わらなかった。変わっても意味がないと識った」
「ここより先には何もない。どこまで行っても同じ暗黒が続くだけだ。たとえ銀河の外に漕ぎ出す術を得ようと、いつかすべては暗黒に帰る…」
メガラニカでのバナージとの白兵戦での独白。
自身の中の「シャアの怨念」により、フロンタルの意思はさらなる虚無と狂気で塗りつぶされていく。
左目を撃ち抜かれて頭部の一部を損壊するという、普通の人間ならとっくに即死している筈の傷を負っているにも関わらず追いすがってくるフロンタルに、バナージは戦慄する。

「変わろうとしない者には、変わらないなりの未来を与えておけばいい。『箱』はそのために使わせてもらう。それが、ニュータイプを否定した人類への報いだ」
バナージとお互いにMSに乗り込んでの最終決戦にて。
全ては無駄なのだというフロンタルの抱える虚無と諦観を表した言葉。しかしバナージは、最後の「報い」という言葉に、それまで無機質な印象しか感じなかったフロンタルの本心を初めて垣間見たように感じ、フロンタルの本質が「世界を憎む空っぽな個人が、拾い物の言葉に自分の感情を載せているだけの、偽者ですらないシャアの紛い物」だと直感した。

「言ったろう?君はもう、“みんな”の中には帰れない」
原作小説版、最後の台詞。
壮絶な死闘の末、ユニコーンのハイパービームトンファーに捉えられたシナンジュだったが、フロンタルは自らの生命に全く頓着することなく、不吉な呪詛を残す。
アニメ版と異なり、原作版では「認識力の拡大による他者との融和」をニュータイプの根本とするならば、その究極型とは即ち「一つになった意志」であり、いずれバナージはその帰結として究極のサイコマシンたるユニコーンに「喰われる」と予言する台詞となっている。事実、コロニーレーザーからメガラニカを守るため、命を賭して限界を超えたニュータイプ能力を発動したバナージは…。

外伝作

「全ての人間には与えられた役回りがある。それを拒めば、今のあなたの様になる」
外伝作『戦後の戦争』にて。
シナンジュ・スタインを奪ったフロンタルを止めるため、プロト・スターク・ジェガンを駆って彼の前に立ちふさがった連邦軍士官カルロス・クレイグダコタ・ウィンストンに放った言葉。
シナンジュ・スタイン強奪事件の本質が「軍の雇用と経済を維持するための連邦とアナハイムとネオ・ジオンによる出来レース」であることを見抜いたカルロス達は、これを黙認するという自分たちに与えられた役回りを拒否して新たな戦争の勃発を食い止めようとするも、フロンタルは二人を撃墜し、「与えられた役割を拒んだ対価」を支払わせた。

「フル・フロンタル…名前の通り、隠し立てするものは何も無い。人が望む通りの役を演じる者、それだけです」
『戦後の戦争』にて。
シナンジュ・スタイン強奪直後、本来なら無血で済むはずの計画だったが、カルロス達の予定外の抵抗により暴れ過ぎたため、「『後始末』が大変だ」と零すアルベルト・ビスト。その言葉を聞いたフロンタルは、何の躊躇も無く証拠隠滅のためにクラップ級巡洋艦二隻を撃沈し、目撃者である乗員を全員抹殺するという凶行に及ぶ。それに驚愕したアルベルトがフロンタルに「お前は…何だ?」と問いかけると、彼は淡々とこの台詞で応えた。
これによって「袖付きが連邦の輸送艦隊を壊滅させて試作機を強奪した」という事実だけが残り、結果的に当初の計画を補強する形にはなったのだが、フロンタルの言葉を聞いたアルベルトは彼の中に潜む言いようの無い禍々しさに戦慄した。

「ニュータイプになれば、あの温かな光を以て、時間さえ支配出来る?それは夢だ。地球を包んだあの虹を見ても人は変わらなかった。これからも変わることはない」
「真理からは遠く、光を超える術すら手に入れられず、届く範囲のスペースで増えては滅ぶ…それが人間だ」
「導く必要はなく、その価値もない……ならば、私は器になろう」
「空になったこの身体に人の総意を引き受け、彼らが願うところを願うとしよう」
「ニュータイプ…可能性はもう要らない。無為な存在ならそれに相応しく、小さく自足できる環境をくれてやろう」
「…おかしなものだ。これではまるで復讐を誓っているようではないか。誰の為の復讐だ?」
「シャア……それもいい。人がそう望むなら、私はシャアになろう」
OVA版第2章の劇場公開に先駆けて開催された、池田秀一氏の朗読劇『赤の肖像〜シャア、そしてフロンタルへ〜』のクライマックス。
この朗読劇の大筋は『初代』から『逆シャア』に至るまでのシャアの心情の変遷をモノローグの形で語ったものなのだが、このシーンにおいて「私は器になろう」の部分でモノローグの口調がシャアからフロンタルのものへと変わっている
劇中の描写から敢えて解釈するならば、宇宙の闇に取り残された「シャアの怨念」がフロンタルに宿った過程であり、ある意味、本当に隠し立ての無いフロンタルの本音そのものと言えるかもしれない。
ちなみにこの朗読劇において、池田氏は発音のイントネーションや音域、ちょっとした息遣いのタイミング等を微妙かつ絶妙にコントロールして、「シャアのようで、シャアではない」というフロンタルの口調を見事にシャアと演じ分けており、改めて氏の演技力の凄まじさが伺える。

関連項目

機動戦士ガンダムUC
シナンジュ ハルユニット ネオ・ジオング
シャア・アズナブル ジオン・ズム・ダイクン

バナージ・リンクス

袖付き

ミネバ・ラオ・ザビ

親衛隊

アンジェロ・ザウパー

ガランシェールクルー

スベロア・ジンネマン マリーダ・クルス ギルボア・サント

ジオン共和国

モナハン・バハロ
ゾルタン・アッカネン

その他

全裸 空虚
クローン
全体(宇宙世紀)

pixivに投稿された作品 pixivで「フル・フロンタル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1052105

コメント