ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:横堀悦夫

アフランシ・シャアとは、小説『ガイア・ギア』に登場するキャラクター(画像右)で、同作の主人公である。シャア・アズナブルの細胞を分割し、再活性化する実験により誕生したクローン。


南太平洋の島で平和に暮らしていたが、育ての親ガバ・スーに出生の秘密を聞かされ宇宙へとあがった。

ズィー・ジオンと接触してからは、同組織の名称をメタトロン機関へと改名、ガイア・ギアαを駆り、人狩りや弾圧を行うマハと戦うも指導者シャアとしての生き方を拒絶していき、己の意思で前線に立ち続けるようになっていったためにメタトロン上層部からは期待外れと見なされ、そして最終的にはマハを敵視した連邦軍と密かに結託したメタトロン上層部に見限られてしまうもマハを打ち倒す事に成功した。


ラジオドラマ版

こちらでは、シャアの記憶を受け継いでいるメモリー・クローンという設定である。


関連タグ

エヴァリー・キー ガバ・スー

ガイア・ギア

シャア・アズナブル


skeb

フル・フロンタル:「ガンダムUC」において、同じくシャアとしての役割を果たすために作られた、強化人間でどちらかと言うとこちらはシャアの偽者。容姿はシャアに似せてあるが、アフランシ同様のクローンであるか外科的改造処置によるものであるかは不明。メタトロンの望む「指導者」とはおそらく彼のような人物であったのだろうか。

クロノクル・アシャー:「機動戦士Vガンダム」におけるシャア的ライバルの方向性キャラだが、周囲に対してそれらしく振る舞えなかったことがアフランシと共通している。姓も「シャア→アシャー」と反転させもじったもの。

スレッタ・マーキュリー後のガンダム作品の主人公だが実はアフランシと似たような存在。

関連記事

親記事

メタトロン機関 めたとろんきかん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3403

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました