ピクシブ百科事典

クロノクル・アシャー

くろのくるあしゃー

テレビアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV檀臣幸

概要

ザンスカール帝国ベスパの軍人であり、物語において帝国側の視点の役割を果たす人物の一人。20歳。
初期の階級は中尉。宇宙に上がった後に大尉へと昇進し、更に直後には(表向きは)カイラスギリー攻防戦での軍功が認められ、大佐の階級と同時にモトラッド艦隊司令官としての立場を与えられている。

ザンスカール帝国女王のマリア・ピア・アーモニア(本名マリア・カリン)の実弟であり、本作ヒロインシャクティ・カリンからは叔父にあたる。

宇宙世紀0153年4月5日。
中央ヨーロッパにおいて、次期主力候補機シャッコーの重力下テスト中にウッソ・エヴィンと奇妙な邂逅を果たし、元より己の才覚を越えた場所に置かれていた彼の運命は、更に混迷を深めていく事となった。

人物・経歴

出生はサイド1のアルバニアン(首都)だが、両親は彼の幼年時代に既に出奔しており、当時ミドルティーンであった姉の不安定な収入(固定客を持つ娼婦)で細々と暮らしていた。
当然ながらこの頃の環境は良いとは言えず、10代を前にして早くもギャングのような仲間たちに混ざって行動していた事が小説版で語られている。

しかし、姉のマリアが妊娠すると同時に彼女がサイキッカーとして目覚め、相談所兼診療所を開業した事によって生活は安定。更にこの相談所が宗教団体『マリア光の教団』へと大きくなっていくにつれ、それなりの暮らしの中で、宗教活動の手伝いや姪(シャクティ)の世話をしつつ、彼の生涯では貴重となる「平穏」な数年間を過ごしていた。

だが宇宙世紀0146年、「木星帰り」のフォンセ・カガチが姉の前に現れた事で、彼の人生は激変を迎える。

カガチはサイド2掌握のためのシンボル(加えて、エンジェル・ハイロゥのコアユニット)としてマリア・カリンを、既に少なくない信者を擁していた教団ごと迎えるために接触。結果として、マリアはカガチの理想(真実の一面)を受け入れ、サイド2首都であるアメリア――後のザンスカール帝国へ『女王』として移るのだった。
クロノクル自身も姉に伴って帝国の士官学校へ入学し(アルベオ・ピピニーデンはこの頃の先輩となる)、“それなりの成績”で卒業。尉官としてベスパに編入される(この期間に、カガチの計略によってシャクティの誘拐が起きているが、クロノクルは本件に全く関与できず、事後のアクションもなんら起こせていない)。

しかし当然ながら彼には『女王の実弟』という肩書きが付いて回る事となり、卒業間もないながらも地球降下が許されるのみならず、試作機のテスト部隊を任されるなど、明らかに特別な待遇を処される。
事実、彼を引き受けた当時のラゲーン基地のファラ・グリフォン司令は、陰では「厄介ごとを」と口にしており、シャッコーウッソに奪われるという失態を犯しても咎めるようなことはせず、「運用データは取れたのだから、気にせず本国に帰ればいい」と勧めている(怪我であればまだしも、戦死されてはファラ自身の立場が危うくなるため)。

この“肩書き”に対しては、当初はクロノクル本人も青年らしいプライドに従って、自分の力で抜け出そうと足掻いてはいたが、同年5月上旬のモトラッド艦隊司令就任の頃(本作はわずか79日間の物語のため、話数に対して、劇中の時間経過が非常に遅い)には完全に諦めていたように見受けられる。

パイロットとしては、操作性が煩雑な高性能機コンティオを扱いこなし、実戦でいくつかの大きな戦果上げた技量は本物であり、ニュータイプ的な素養も少なからず見られるが、少年期において身に染み付いた処世術(自己保身)があらゆる行動に影響してしまっており、カガチ派とタシロ派のどちらにもパイプを築きつつ、自派閥を構築する事も考慮に入れた行動をとりながら、いずれも中途半端に終わるなど、狭い視野でしか動けなかった。

その在り様は、姉マリアからさえ「小さな人間」と評されている。

結局は最初から最後まで『モトラッド艦隊司令官』という立場が用意された、カガチ派閥の一員として行動している(すなわち、本質的にはカガチが女王マリアのイニシアチブを握るための“道具”から抜け出すことができなかった)。

「小者」であるが故に彼個人としての人格は好青年と評せられるものであり、カミオン隊基地に潜入していた時には咄嗟に身を挺してスージィ・リレーンを落盤から庇い、捕らえたリガ・ミリティアの戦地司令であるオイ・ニュング伯爵に対する拷問やギロチン刑に対しては上官であるファラ中佐に強く抗議している。また、宇宙引越公社のマネージャーであるマンデラ・スーン(ハンゲルグ・エヴィンのかつての同僚)からも、人柄を評価されていた。
しかし「小者」でしかないために、いずれの場面においても上官(組織)の方針を変えさせるには至らなかった結果が、彼の限界を如実にあらわしている。


カテジナ・ルースとはパートナーとしての関係を結んで、彼なりの力量と誠意で向き合い、カテジナもまた本心からの想いで彼に応えていたが、ウッソのV2ガンダムに敗れ死の間際に口をついたのは「助けてよ、マリア姉さん」の言葉であった。

搭乗機体

シャッコー
ゾロ(専用カラー)
Vガンダム(一時拿捕)
トムリアット
ゾロアット
コンティオ
リグ・コンティオ専用機

ドッゴーラ改(漫画版のみ)

乗艦

アドラステアモトラッド艦隊旗艦

余談

マスク

ガンダムシリーズには“お馴染み”の仮面キャラ…ではなく、単に地球の砂塵を嫌ってマスクを着用しているだけのため、初回から惜しげなく素顔を晒している。
「砂塵」と言っても、クロノクルの赴任地(序盤の舞台)であるウーイッグ周辺は環境保護区であり、MSや戦艦の内部、建物内ではエアコンによる空気清浄が機能していたが、それでもなおクロノクルは「埃っぽい」と言い、マスクを着用した(舞台が宇宙へ移ると、常に外している)。
しかし、彼が過敏症というわけでもなく、宇宙世紀0150年代のスペースノイドが人工環境で世代を重ね過ぎたために、地球環境を忌避する傾向が一般化していたのである。
(小説版ではマーベット・フィンガーハットもまた、『ミミズが気持ち悪いので、地球では絶対に暮らせない』と語っている。)

地球の環境保護区に対して「こんな所でよくも暮らせる」と吐き捨てたシーンは、一面ではスペースノイドの辿り着く現実を最も明確に表現していると言える。

漫画版

様々な伝説を有する漫画(ボンボン)版では、カテジナが登場しないため、クロノクルがラスボス的存在となり、インパクトのある行動やライバルらしい活躍も多かった。
重モビルスーツビヒモス(コンティオの漫画版)を駆ってシュラク隊を壊滅させ、姉の死に対して血の涙を流したり、エンジェル・ハイロゥを解体したり、ウッソの父親を殺害したり、V2アサルトガンダムを道連れにしようとしたり……最期はオデロガンブラスターのビームサーベルでウッソに切り裂かれた。

関連タグ

機動戦士Vガンダム ザンスカール帝国 カテジナ・ルース
リガ・ミリティア ウッソ・エヴィン シャクティ・カリン

pixivに投稿された作品 pixivで「クロノクル・アシャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30925

コメント