ピクシブ百科事典

セカンドV

せかんどぶい

セカンドVとは、小説「機動戦士Vガンダム」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

小説版「機動戦士Vガンダム」にV2ガンダムの代わりとして登場する機体。
サイコミュは搭載されていないと明記されている。
月面都市セント・ジョセフ近くの秘密工場・コードネーム「テクネチウム」で試作された。

外見はVガンダム(V1)と違いはないが、腕部の一部や足首がV2ガンダムのものに変更されていたり、腰部のハードポイントがV2のものに変更され両脚部の脹脛の内側にハードポイントが増設されている。
また、Vガンダムの背部(コア・ファイター)に外付けのミノフスキードライブユニットを追加した改造機であるため、V2ガンダムのプロトタイプといえる機体となっている。しかし、V1とV2の中間的機体でありながら正式な後続機とも言い難い立ち位置にあるためなのか、ガンダムでありながら「ガンダム」の名を記されていないという複雑な経緯を持つ機体である。

基本フレームがVガンダムと同じである為、最大推力を出すと機体が空中分解するという欠点が存在する(一部の設定ではそれが原因で完全新規のV2が開発された、とのこと)。
3倍にも増大した出力によってテール・ノズルと補助スラスターが強化され、強度確保のために全身の装甲も強化されているが、結果として自重が増加してしまい、V1よりも小回りが効かず格闘戦が不得手になってしまっている。
(ちなみにV2も頑強な装甲を有し本体重量はVガンダムの1.5倍に増加しているが、推進材不要のミノフスキードライブを装備していることを踏まえてか全備重量はVガンダムより軽量であり、劇中でもノーマル状態では格闘戦を不得手する描写は存在しない。この辺りはV2とセカンドVの性能の違いではなく設定の捉え方又は演出方針の差違なのかも知れない。)

追加装備としてメガ・ビーム・キャノンとミノフスキー・シールドを装備しているが、これらの装備は本体ジェネレーターへの出力負荷が極端に少ないミノフスキー・ドライブシステムの採用により生まれた膨大な余剰出力があってこそのものであり、他の機体が使用した場合ジェネレーターに過負荷がかかり停止するか誘爆する可能性も示唆されている。
機体バランスや武装の変化から結果的に【対MS】よりも【対戦艦】向けの仕様となっているが、それらの武装は必要に応じて換装もしくは排除することが可能。

武装

ビームライフル

V2ガンダムと同一のビームライフル。多弾頭マルチプルランチャーを装備した状態で解説がされている。

ビームシールドビームサーベル

ビームシールドとサーベルはV2のものと同様。後述のミノフスキー・シールドをマウント可能。

メガビーム・キャノン

ミノフスキー・ドライブユニットの右ウェポンプラットフォーム(ハードポイント)に装備されている粒子砲。V2バスターのものと異なり上下の角度調整の幅が大きい。メガコンデンサを内蔵しているため取り外して手持ち武器としても使用することも可能。

ミノフスキー・シールド

ミノフスキー・ドライブユニットの左ウェポンプラットフォームに装備される防御兵装。折りたたんで携行が可能になっている反面、実体シールドとしての機能はほぼ皆無となっている。使用時はシールド・ビットが展開、空間にビームの幕を形成する別タイプのビームシールドとなっている※。V2のメガビーム・シールドのプロトタイプの立ち位置にあり、接続もビーム・シールド発生機に取り付ける形を取る。
※シールドビットはV2のメガビーム・シールドのものと似た形状であるが、名称が異なっている(V2のはバリアビット)。

そのほかにもV2の一部装備をハードポイントを介して装着(マイクロミサイルポッドやヴェスバーなど)することが可能。

立体物

小説版のMSということもあり、長らく立体化の機会が訪れなかったが、2019年7月4日にプレミアムバンダイ限定とはいえ1/144HGUCシリーズにラインナップされ、同年10月に発売されている。

立体物として起こされる時に、生みの親であるカトキ氏が改めて設定画を起こしているほかプレミアムバンダイ限定の製品の中では、初の【設定解説書付き】の製品となっている

GUNDAM CONVERGEシリーズにラインナップされることが決定。

その後、2021年には『プレバンガンプラ総選挙2021』で1位を獲得して再販が決まった。その際にセカンドVがtwitterトレンド入りを果たしている。

小話

V2ガンダムのビジュアルに関して冨野監督が「玩具っぽい」と言う理由から、小説版では本機が入れ替わるように登場している。

HGUC「V2ガンダム」の解説文にV2のプロトタイプ的立ち位置として本機の名前が登場している。

2018年にはガンダムビルドダイバーズに映像作品として初のサプライズ登場を果たした。

関連タグ

Vガンダム V2ガンダム
デスティニーインパルス:開発の経緯がほぼ同じだがこちらはSEED-MSVに掲載している機体であり、セカンドVより先にリジェネス仕様ではあるがキット化されている。

関連記事

親記事

Vガンダム ゔぃくとりーがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セカンドV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27786

コメント