ピクシブ百科事典

ビームシールド

びーむしーるど

ガンダムシリーズ等に登場する、ビームによって形成された盾
目次[非表示]

概要

その名の通りビームサーベルビームライフル等と同様に、メガ粒子を盾状に展開した防御兵器であり、実体シールドと比較して多数のメリットを有していたため、宇宙世紀0120年代以降、急速に広まっている。

宇宙世紀122年の第二次オールズモビル戦役において、F90(Vタイプ)及びRFゲルググ(レッドカラー)が試験的に運用したのを切っ掛けに、翌年(宇宙世紀0123年)にはクロスボーン・バンガード所属のモビルスーツによって本格的に戦場に投入された。
当時の地球連邦軍の主力機種であったジェガン(J型)に対して、防御力の面で(も)圧倒的な性能差を見せつけ、瞬く間にサイド4のフロンティアⅣコロニーを制圧している。

また、ビームシールドはIフィールド・ビームバリアと比較しても多数のアドバンテージを有していたことから、以降急速に普及し、『標準装備』と言えるまでに至ったのだった。

その後、木星戦役の時代において、それまでは理論上でのみ可能とされていた大気圏突入時の大気摩擦の減衰を、クロスボーンガンダムX1のパイロット、キンケドゥ・ナウがとっさの判断で敢行し、成功。実戦で初めて実証させた。(しかも、その際にはは事前の戦闘で機体が損傷しており、コクピット部に風穴が開いている状態であった。)

これをもって宇宙世紀0150年代には巡洋艦や戦艦の艦首に、艦砲射撃に対する防御と大気圏突入の用途を目的として、新造艦は当然ながら、ラー・カイラム級、果てはサラミス改級の旧型艦にさえ近代化改修として増設される事となり、更には民間用のスペースシャトルにすらデブリからの機体保護用に装備されるほど、一般的な装備となった。

原理

前述の通り、基本的にはビームサーベルと全く同じである。
『面』形状に展開したIフィールドに沿わせる形で、メガ粒子(縮退させたミノフスキー粒子)を発振する。
技術的には宇宙世紀0094年に登場したフィン・ファンネルで事実上完成していたが、この時点では出力が絶対的に不足しており、ビーム・実体弾双方に対して不十分な防御性能しか有していなかった。

サーベルと決定的に異なるのは、その展開面積の広さであり、『盾の型枠』となるだけのIフィールドの形成エネルギーは言うまでもなく、大量のメガ粒子を発振させ続けなければならない事から、事前にE-CAPへと縮退・蓄積させた程度のメガ粒子ではまるで足りず、必然的にMS本体がメガ粒子の縮退を行うだけの余剰ジェネレーター出力が必要とされたのである。

15m級MS(第二期MS)は、小型化による本体消費エネルギーの大幅な削減と小型・高出力ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉の採用により、これらの要求をクリアできたため、搭載が可能となったのである。

実体盾と比較した場合のメリットとデメリット

メリット

  • ビームで形成されているので重量が無く機体の総重量の軽減に繋がる。特にシールド不要時における、デッドウェイトがゼロ化する。
  • 事実上半永久的に稼働するミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉からエネルギー供給を受けるため、攻撃を何度受けても破損しない(ビームを吹き飛ばされても再度ビームを張り直すだけ)。
  • 発生機を調節して、防御面積・耐久力を変化させることが出来る。
  • シールドとして発振させているビームは、ライフルやサーベルのメガ粒子と同質のため、接近戦における武装としても使用可能。ゾロアットなどの機種は、最初から攻防両方に利用する事を目的とした形状となっている。
  • 同機種(Iフィールドの波長が同質)であれば、複数枚を重ねて展開することで(複数機の出力を統合することで)、メガビームキャノンのような大型ビーム砲の砲撃を耐え凌ぐことが可能になる。


デメリット

  • エネルギー浪費が激しく、機体に一定以上の余剰出力が必要となる(専用の動力源を用意する場合は別)。ただし、ウェイトを減量できる分、推進剤に割いていた機体容積を他の機能に振り分ける事ができる。
  • (一般的に中心部に設置されている)発生機が破壊されると、機能が消失する。ただし、発生機の面積自体はシールドに対して小さく、被弾の可能性は低い。
  • シールドその物が常に発光しているため、隠密性に欠ける。特に宇宙空間では顕著であり、迂闊な展開は敵機からの集中攻撃の的にされてしまう。
  • 理論上、耐ビームコーティングされた実体兵器は防げない。しかしながら、耐ビームコーティングの効果は数秒間レベルのため、これが致命傷となる可能性は極めて低い。
  • ビームの放出量が多い為、電磁波障害が大きく、長時間使用すればセンサーなどへダメージを与える。このため偵察用MSであるダギ・イルスエビル・Sでは不採用となっている。
  • 一部の大型実体盾の様に、ウェポンラックやサブフライトシステムへの転用が出来ない。最もそれらは事実上防御に使用できない(使ってはいけない)、マルチオプション扱いとなっている事が多い。
  • ビームサーベルを防御した場合、互いを形成しているIフィールドが反発消失して周辺にメガ粒子が撒き散らされるため、双方の装甲が少なくないダメージを受ける。


Iフィールド・ビームバリアと比較した場合のメリットとデメリット

メリット

  • 必要となる機体の余剰出力が小さく済むため(というよりも、Iフィールドに必要な出力が莫大すぎる)、他の武装にジェネレーター出力を振り分け、継戦能力の向上が可能。
  • ビーム以外の実体弾や大気摩擦熱なども防ぐことができる。特に、宇宙世紀120年代以降の小型・高出力ミノフスキー・イヨネスコ型核反応炉は、ビームの直撃を受けた場合に甚大な核爆発を起こすため、近接戦闘で敵機を撃破した際の機体保護の面で重要となる(ラフレシアは、防御をIフィールドのみに頼っていたため、ビギナ・ギナ]]のジェネレーターの誘爆により花弁を失い、劣勢にもちこまれた)。
  • シールドとして発振させているビームはライフルやサーベルのメガ粒子と同質のため、接近戦における武装としても使用可能。ゾロアットなどの機種は、最初から攻防両方に利用する事を目的とした形状となっている。
  • MS本体に密着して展開できないIフィールド・バリアと異なり、ビームサーベルなどによる至近距離からの攻撃も防御可能である。


デメリット

  • 防御範囲や方向が限られ、基本的に正面方向以外からの攻撃には対応できない。
  • シールドその物が常に発光しているので、隠密性に欠ける。特に宇宙空間では顕著。(Iフィールド・バリアは被弾時に僅かに発光する程度。)
  • 戦艦の主砲やメガキャノンなど、高出力のメガ粒子砲が直撃した場合、ビームシールドを形成しているIフィールドの出力ではビームを相殺しきれず、撃墜に至る事となる。ただし、あらゆるレーダーが無効化されるミノフスキー粒子下の戦闘において、機動力が最大の武器であるMSがこれら大出力メガ粒子砲の直撃を受ける状況は、パイロットの技量が未熟であるか、あるいは敵パイロットが特殊な才能を有しているなどに限られる。また、時代の経過とともにビームシールド自体の出力も向上しているため、単純な『防御力』のディスアドバンテージは年代経過と共に縮まっている。


関連項目

ガンダム
機動戦士ガンダムF91 機動戦士クロスボーン・ガンダム 機動戦士Vガンダム


機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 機動戦士ガンダム00 Gセイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ビームシールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11317

コメント