ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号CAT1-X1/3(1号機)CAT1-X2/3(2号機)CAT1-X3/3(3号機)
全高16.9m
重量54.7t
装甲材質不明
動力源バッテリー、ニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジン(スーパーハイぺリオンのみ)
武装ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」×4+1、ビームキャノン「フォルファントリー」×2、RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」、モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」×7
パイロットカナード・パルス(1号機→スーパーハイぺリオン)バルサム・アーレンド(2号機)搭乗者不明→イワン・ザンボワーズ(3号機)


概要

大西洋連邦のG兵器を始めとしたMS開発計画に業を煮やしたユーラシア連邦が、国産MS開発計画に基づいて開発した試作機。

開発に当たっては領内の軍事企業のアクタイオン・インダストリー社が参加。大西洋連邦のG兵器の影響もありつつ、同社のゲル・フィニートからの技術フィードバックもあり、ザフトガンダムに類似する機体構成をとる。その一方で、ソフトウェアにはどこからともなく入手したGAT-Xと同規格のGUNDAM-OSを採用した。その影響なのか、コクピットの内装は大西洋連邦・オーブ軍と同じ標準規格となっている。

順調な滑り出しで開発が始まったものの、時すでに遅し、大西洋連邦がニュートロンジャマーキャンセラーを手に入れた事で決め手となり、ユーラシア連邦は大西洋連邦からのダガーシリーズの技術供与を受けることが決定し、ハイペリオンは3機の試作機のみで開発計画は一度白紙撤回されてしまった。
しかし、その性能を惜しんだアクタイオンが連合陸軍に打診を繰り返して限定仕様を条件に認可され、当機体群の計画に再度光が当てられることになる(ハイペリオンGを参照)。

1号機(CAT-X1/3)

白と赤のカラーリングで、HGキットもこの1号機のカラーリングとなっている。
カナード・パルスの乗機として彼の野望を遂げるべく使用された。ニュートロンジャマーキャンセラーを手に入れるためにドレッドノートと交戦するが敗北。機体は中破した。
カナードがアルテミスの研究所を脱走した際は中破したままだったが、追撃してきたところを返り討ちにした2号機のパーツを使って補修されている。

スーパーハイペリオン

無限の核パワーもあるのだ!


カナード「ハハハハハ 無限パワーを手に入れた スーパーハイペリオンは無敵だッ!!」
月面プトレマイオス基地を襲撃して強奪したニュートロンジャマーキャンセラーと、小型艦船用の核エンジンを外付けのユニットに搭載した1号機。
Xアストレイに戦いを挑むも、無理な武装の使用により核エンジンが暴走、機体は爆散した。
その後は、カナードの乗機であるドレッドノートHの改修時のパーツとして組み込まれている。

2号機(CAT-X2/3)

後述する3号機と同様の灰色と青のカラーリングに加え、搭乗者であるバルサムのパーソナルマークと撃墜マークが施されている。
脱走したカナードの追撃任務に使われたが返り討ちに遭い、コクピットを潰されパイロットは死亡、残された機体は1号機の部品取り用に使われたほか、2号機のビームマシンガンは1号機が武装として使用している。

3号機(CAT-X3/3)

2号機と同じく灰色と青のカラーリング。当初のパイロットは不明。
カナード脱走とプトレマイオス基地襲撃の責任を誰かになすりつけようと画策したアルテミスの上官により、なすりつけられる相手となった叢雲劾と戦闘するが、劾のアストレイブルーフレームセカンドLによって撃破されてしまう。
搭乗者のいなくなった3号機は別のパイロットの手に渡り、皮肉にも反ユーラシア連邦活動に使用されていたが、サーペントテールと交戦した際に再び撃破されている。

武装

モノフェーズ光波シールド『アルミューレ・リュミエール

軍事要塞アルテミスの光波防御帯をMSに搭載できるレベルまで小型化した光波防御シールド。
弱点こそあるが実弾・ビームを問わずほぼ完全に防御できるほどのパワーを誇り、なおかつ中からなら問題なく透過されるため一方的な攻撃が可能となるが、一方で途轍もないほどのエネルギーを消耗し、全力展開状態では最大でも5分で機体のバッテリーが空になってしまうという致命的な欠点を抱えている。

このシールドに電力を回すため、ハイペリオンの兵装類は基本的に外付け式のパワーセル(バッテリー)でドライブされる。

ビームサブマシンガン『ザスタバ・スティグマト』

主兵装の一つ。銃身下部にマガジンが存在し、そこに一発ごとにパワーセル(バッテリー)が装填されている。なのでビーム砲であるが、連射ごとにパワーセルが排出される仕組み。

長距離ビーム砲『フォルファントリー』

背部に装備。ハイペリオン最大のビーム砲であるが例によってパワーセル方式。電池を使い切ると大きなセルが排出される。

ビームナイフ『ロムテクニカRBWタイプ7001』

例によってパワーセル方式のナイフ。使ってるセルはスティグマトのマガジンに込められているタイプと同一。

バリエーション

ハイペリオンG

ハイペリオンの量産試作機。
コストダウンを主軸とする再設計を行い、投入領域を地上に限定し、機体各部の装備を簡略化ししている。
詳細及びバリエーションは当該記事にて。

ハイぺリオン(量産型)

ハイペリオンの本格的な量産機。
一見するとハイペリオンGを宙間戦闘にも対応させた機体にも見えるが、頭部以外はハイペリオンの完全複製とも言える代物であり、武装も原型機と同一である。
『フォルファントリー』がオプション化された事で、それ以外のオプション用の各種武装(キャノン砲やミサイルポッド等)に換装も可能であり、支援機としての運用も可能。支援機の中にはダガー用のビームライフルや対ビームシールドを装備した機体も確認されている。中には、バインダー1基で全面展開が可能なオプションも確認された。
GR、GLのようなAIによる無人運用やスーパーハイペリオンと同様の核動力の搭載もなされている機体も存在する。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDXASTRAY 機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
カナード・パルス アストレイ

関連記事

親記事

地球連合製のMS・MA・戦艦 ちきゅうれんごうせいのもびるすーつもびるあーまーせんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイペリオンガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハイペリオンガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32174

コメント