ピクシブ百科事典

叢雲劾

むらくもがい

叢雲劾とは、「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」シリーズにおける主人公の一人。戦争を生業とする傭兵としての立場からCEの戦争を見つめる。
目次[非表示]

敵は倒せる時に倒す…それが傭兵のやり方だ。

概要

性別男性
年齢26歳
所属傭兵集団「サーペントテール」
主な搭乗機アストレイブルーフレームジンメビウス等多数


CV:井上和彦
角川スニーカー文庫で描かれたASTRAYの主人公。以降ほぼ全てのASTARYシリーズに登場。
傭兵集団を纏める凄腕の傭兵。元は地球連合軍に居たらしく、連合軍の軍服を着崩したスタイルで居る事が多い。
戦闘中でもサングラスを着用しているが、この理由は後述。
元々は特定のMSなどを持たず、依頼の内容などにより搭乗機を変えていたがコロニー・ヘリオポリスでの任務中に、ジャンク屋「ロウ・ギュール」と交戦。
依頼主により、機密MSアストレイ目撃を口実としてロウ共々処分されかけたが、アストレイブルーフレームを駆り、これを撃退。
それまでは依頼内容に合わせてMSや装備を調達していたが、この件以降は搭乗機をブルーフレームに絞り、依頼内容によってブルーフレームにオプションパーツを取り付ける事で依頼をこなすようになる。

高い身体能力や戦闘技術、MS操縦技術を持っているだけでなく、戦術、戦略的な観点からみても豊富な知識と経験を持っている一流の傭兵。
それら知識や経験を活かして、ブルーフレームの改修にも携わっている。
作戦や戦闘に於いても入念な情報収集や装備の準備を行ってから、作戦内容や相手に合わせて最適な装備、手段で対処する。
所謂「勝つべくして勝つ」を信条としている。
また、裏切りを決して許さない。

その戦闘スタイルから様々な武器やMSを使いこなす。
「無駄になるもの、戦闘の邪魔になるもの」を嫌って、重量のかさむシールドをあえて装備しなかったり、ビームサーベルよりも取り回しの良いアーマーシュナイダー(対装甲ナイフ)を使用する事が多く、通用しないと判断された武器や装備は戦闘中に即刻破棄するなど、無駄のない戦い方を好む。

無敵の傭兵、その正体

前述の通り着崩した連合軍の軍服を着用しているが、OSの変更など無しにブルーフレームを操るなど、端々でナチュラルとは思えない能力を見せている。
それもそのはずで、叢雲劾の正体は地球連合軍により生み出された戦闘用コーディネイター。
普段からサングラスをかけているのは、網膜にプリントされた管理コードを隠匿するため。
ロンド・ミナ・サハクのもとに多数いるソウキスのプロトタイプであったが、マインドコントロールを受ける前に脱走。
その後傭兵として生活を続けていた。

ちなみにときた氏版(通称無印)とスクライドなどでおなじみの戸田泰成氏版(タイトルの末尾にRがつく)が存在し、はっちゃけた台詞や挙動は大体戸田氏の作品で見られる。
ネットで出回っている「くるくる回りながらの名乗り」を決めたのは戸田氏版。

ASTRAY R



実は空間認識能力を持っている。しかし、その事はサーペントテールの仲間はおろか地球連合軍で自身を作りだした研究者達にまで秘匿しており、その研究者達に協力していた人物の一人であるダンテに披露したのが初となる。


傭兵部隊「サーペントテール」

劾をリーダーとした少数のメンバーで構成された傭兵部隊。
頭を下に、そこから上に向かって稲妻のように曲がった体を持つ蛇をモチーフとしたエンブレムを使用している。
MSにも使用されており、劾の機体には一番機を表す1が、イライジャの機体には二番機を表す2がエンブレムに刻まれている。

報酬の為なら汚れ仕事も請け負う通常の傭兵と異なり、道徳的、政治的な観点も依頼受諾の判断規準とするため、意図的な「殺戮」や「弾圧」その他、必要以上の破壊活動を伴うような依頼は受けず、作戦においてもそういった観点に注意して依頼を遂行するスタンスを取っている。

同業者の間では知らないものが居ないほど有名であり、サーペントテールと知った上で意図的な任務遂行の妨害を行う相手にはその場で敵と認識して排除を行う。

また、裏切り行為に対しては(劾本人の意向もあるが)決して許さず、発覚した場合はその場で即刻契約破棄となり、最悪の場合自衛や報復として相手を排除しに掛かる。

メンバーは以下の通り
叢雲劾:リーダー兼MSパイロット及び作戦実行担当
イライジャ・キール:MSパイロット及び作戦実行担当
リード・ウェラー:情報収集及び依頼交渉担当
ロレッタ・アジャー:作戦立案及び潜入工作担当
風花・アジャー:見習い(部隊サポート)

名言集

ASTRAYはSEEDシリーズでも屈指の名言のデパートであり、劾もまたその一人。
上記のセリフは劾の代表的な物であるが、それ以外の名言を下記に挙げる。

  • 「傭兵は勝てる戦いしかしない」
依頼を受け、それをこなす事で生活の糧とする傭兵らしい一言。
しかし、作中では報酬無視で依頼を受けたり、あるいは勝てる見込みが薄すぎる依頼を受けている場面が散見された。

まさかの公式中の人ネタ
青い機体で、このミッションは異なる者の共生に関わる話であった。

  • 「俺はサーペントテール(クルクルゥ~)…、叢雲劾(シュピン)!!」
戸田泰成著の「機動戦士ガンダムSEEDASTRAYR」の外伝にて披露。通称クルクルシュピン
地球連合軍の幹部が宇宙海賊により囚われたために、その解放を求めるための交渉場において、宇宙海賊に名乗りを求められ…
何故かクルクル回った後指を突き出す謎の決めポーズを決めつつ名乗る姿を見せた。
ノリとしてはロム・ストールの「お前に名乗る名は無い!!」とは正反対だが似ている。
中の人的に。

  •   し   て   い   た   。

スパロボWにて披露。
どういうシチュエーションだって?に聞いてくれ。

  • 「サーペントテールと知って掛かってくるならば、容赦はしない」
必要以上の被害や損害を出さないサーペントテールだが、必要であれば戦闘や攻撃を躊躇うことはない。実際に劾は襲ってきた相手や「戦闘を辞めないと殺す」と勧告してそれを無視した相手を尽く排除している。


関連動画

サーペントテール:ミッション開始

叢雲劾のイメージトラックス。ロウ同様スパロボWやGジェネでも使用されている。
こちらもロウ・ギュールのジャンク屋:赤い一撃と並んで人気が高い。
※上の動画はwipe.氏のギターアレンジ

その他外部作品

近年ではGジェネシリーズやVSシリーズにも登場し、それによって
ガンダムASTRAYの知名度も上がってきている。

Gジェネレーション

GENERATION of C.Eや、ポータブル、GジェネSEED辺りから参戦するようになった。
近年では上記の専用BGMが用意されることが多いという優遇を受けている。
覚醒値に若干難があるが、能力は高めで隙が少ないので、様々な機体を乗りこなせる。

スーパーロボット大戦シリーズ

スパロボWではキラを救ったロウに対抗するがのごとくニコル・アマルフィトール・ケーニヒナタル・バジルールの三人を救出するというおいしい役だった。また、ムルタ・アズラエルの暴走を止めているため、結果的にはムウ・ラ・フラガをも救っていることになる。

ガンダムバーサスシリーズ

家庭用EXVSから参戦。
「搭乗機はガンダムアストレイブルーフレームセカンドL」本シリーズではシールドとビームライフルを装備している。タクティカルアームズを用いた自衛能力に優れている万能機。
格闘攻撃ではアーマーシュナイダーを使用し、射撃、格闘チャージショットでそれぞれガトリングフォームと高出力ビームライフルを使用する。高出力ビームライフルは一出撃一回限りだが、マキシブーストONからは使用後、アーマーシュナイダー投擲にさし変わるようになった。
ジャンク屋の経歴があるキャラクター(ジュドーなど)と開戦時に掛け合いがあり、「お前もロウの知り合いか?」という他、OOガンダムのキャラクターとも掛け合いが用意されている。
特に同じ傭兵でありながら方針が正反対のアリー・アル・サーシェスとは多めに掛け合いがある。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY エヌディ・ヒィ
ジェリド・メサ...中の人が同じ。ロンド・ギナ・サハクの声優が飛田展男氏なのと合わせて、「ジェリドがカミーユに勝つ」という声優ネタとのこと。
クワトロ・バジーナ…グラサン仲間、カラーも対照的だが、劾にはロリコンマザコンらしい描写がないという最大の違いがある

pixivに投稿された作品 pixivで「叢雲劾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46500

コメント