ピクシブ百科事典

ブルーフレーム

ぶるーふれーむ

「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」に登場するガンダムアストレイの一機。
目次[非表示]

概要

中立コロニー・ヘリオポリス崩壊の裏側で起こっていたアストレイ処分騒動において、叢雲劾ロウ・ギュールより譲り受け、今後長きに渡り愛機となった試作3号機。
青はオーブで局地戦仕様を意味する色であり、「オプション装備のスペック検証機」として開発された。

武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。主に牽制に用いられる。

ビームライフルプロトタイプ
アストレイシリーズ専用のもの。

強化ビームライフル
極限まで威力を高めたライフル。一射しか耐えられない。

ビームサーベル
バックパックに2基装備している。

アーマーシュナイダー
ストライクが使用するコンバットナイフの独自改良型。

対ビームシールド
GAT-Xシリーズに使用されている物と同一デザインの盾。

バリエーション

フルウェポン

主にザフト製の実弾火器で固められたオプションセット。
長時間にわたって多くの敵と戦うための装備で、電力消費の激しいビームライフルは持たない。
弱点は重武装ゆえの重さだが、撃ち尽くしたものから破棄することでカバーする。

コンプリートセンサー

ミラージュコロイドを見破るために用いられたオプションで、本機初の頭部交換ユニット。
強化された各センサーと、得た情報を解析する専用コンピュータの2段構えからなる。
在来MSとは比較にならない性能である反面、エネルギーの消費がすさまじく、OSにも大きな負荷をかけるため長時間は使用できない。
武装はイーゲルシュテルンを除いて本体標準装備そのまま。

ハイスピードブースター

暴走状態の高速実験艦を捕捉するために用いられた大型ブースター。
ただし理論では可能でもパイロットには多大な負担がかかり、コーディネイターである劾ですら長時間の加速で気を失うほどだった。
高速移動艇等の高性能エンジンを組み合わせてこの任務のためだけに製作された。武装はイーゲルシュテルンとサーベルのみ。

スケイルシステム

ブルーフレームの水中戦オプションで、水中用センサーの頭部ユニット、背中の強力な水中ジェット、四肢に装備されたスケイル・アーマーなどで構成される。
このシステムは、アーマー表面に並べられた無数の鱗(Scale)を模した機器を振動させて推力とする技術で、在来のザフト水中用MSとは設計思想が全く異なるものであり、通常ありえなかった「スライド移動」をも可能にした。
また、振動のパターン次第ではフォノンメーザー砲を防御することも可能だが、ダメージは残るので緊急時のみの使用法である。
水中ではビームが使えないため、アーマーシュナイダーやスーパーキャビーディング魚雷などをメインに用いる。
なお、潜水用ではないため比較的浅い深度での運用に限られる。

ブルーフレームセカンドL

ソキウスとの決闘でバックパックを含む背面に甚大なダメージを負い、勝利の証拠品として頭部を持ち去られてしまったブルーフレームに、劾から伝えられていたプランを基にエリカ・シモンズロウ・ギュールの手によってオーブで強化改修を施した機体。
ブルーフレームセカンドを改修し、さらには元々レッドフレームにつける予定だった装備をブルーフレームの改修に使用したロウへの敬意も込めて、彼の頭文字の「L」が名前に組み込まれている。
本体の両肩には劾が設計した「フィンスラスター」というバーニア兼用ユニットを導入。
これは並のバックパックに匹敵する出力を有し、強制的な姿勢変更や緊急回避などに使用され、底部面積が小さくなるように改良された脚部とあわせて近接格闘戦における運動性を飛躍的に高めている。
次に、ストライクルージュ用で少しだけ余っていたPS装甲素材を使って「二重装甲」が組み込まれた。
わずかな量をコクピット周辺に絞って活用し、省電力で済むよう外部装甲の圧力センサーがダメージを感知したら通電するというアイデアで、奇しくも同時期に連合が開発したトランスフェイズ装甲と同じものであった。
最後に、自分のレッドフレーム用に考えていた「専用頭部ユニット」と「タクティカルアームズ」が提供され全プランが固まった。

余談だが、数あるブルーフレームのバリエーションのうち、最初にプラモデル化された機体。

ローエングリンランチャー

小型の陽電子破城砲を搭載したオプション。
非使用時には砲身は二つに分割されて携行される。
使用にはリアアーマー部に搭載された核エンジンを必要とするため、ニュートロンジャマーキャンセラーの影響圏内でしか使用が出来ない。
ローエングリンランチャーに関しては「ミッション終了後に破棄した」という記述もあったが、後にカナード・パルスの乗るドレッドノートとの共同戦線の際にもう一度使われている。

ブルーフレームセカンドG

「ブルーフレームセカンド」とは「セカンドG」を指し、両肩・胴体・脚部などを改良したセカンド仕様の本体に、あとから再生産されたノーマル型の頭部とバックパックを装着した姿のこと。
経歴等は前述のセカンドLを参照。

スナイパー・パック

バックパックに高精度照準装置とロングレンジライフルを装備した狙撃仕様。
カナードの乗るハイぺリオンと交戦した際にライフルを破壊された際に武装をパージしその爆発を囮にした戦術を使った。
追加バックパックをパージしても装備・推力に影響がないプロトアストレイならではの戦法である。

ショートレンジアサルト

非常に狭いフィールドで超接近戦をするためのものとされる。
別称 潜入ミッション用近接戦装備。
コンプリートセンサーは後年発のリファインデザイン型で、1本だけ持つアーマーシュナイダーは後述の「セカンドリバイ」型。

ブルーフレームサード

東アジア圏のジャングル戦に向けて、仲間のリード・ウェラーを通じて調達したパーツを投じ、アメノミハシラ内のファクトリーにてロウが改修を担当した姿。ビーム兵器を極力廃した格闘戦メインの機体として仕上がっている。
電波状態の悪さを考慮し、長大させたV字アンテナで通信・情報収集能力を強化させた新造型の頭部、背部に大型の可動式スラスターユニットを装備し機動力を増強。このユニットは最大で頭部後方に水平展開する。
尻部には2挺のライフルをテール状にマウント、手持ちのアーマーシュナイダーはその銃尻に格納する仕様へと微調整。
両肩は「フィンスラスター」ではない単純な増加装甲に差し替え。
両腕には大型ソードとアンカーランチャーをマウント。
アンカーはソードの切っ先と反対方向にあり、使用時は前腕ジョイントを軸にユニットを旋回させる。
見た目にも驚く大きさのニーアーマーは展開し、先端からはサーベルが発生する。
これはインフィニットジャスティスガンダムが装備するものによく似ている。
アキレス腱部にも折り畳み式のナイフが追加されているため、密林のなかで腕が振れない状況を想定した「足技」用の武器である。

セカンドリバイ

「サード」で得られたデータを基に、汎用性に優れたセカンドLを再設計した姿。
機体全体の見直しに加え、メイン武装のタクティカルアームズは「タクティカルアームズⅡ」として分離機構が搭載され、劾の考案でビーム刃の発生機構も搭載された。
これにより、ガトリング、ソードを単体で運用することが可能になり、ソードは両手に一本ずつ、二本でビームサーベルも兼ねた形態として運用が可能になり、より様々な戦況に対応出来るようになった。

ブルーフレームD

地球連合軍で戦闘用コーディネーターの製作を行ってきた傭兵にして自らを作りだしたダンテ・ゴルディジャーニからの私闘に応じる形で製造した決闘用。
アメノミハシラで一度最初の頃の状態に戻してから、新たな装備を搭載しており、バックパックは機体に合わせて改修したエールストライカーの発展型「ヴィーヴルストライカー」を装備している。
最大の特徴は全身に配されたソード状の ドラグーン「ドラグーン・ソード」の存在。劾は長い間空間認識能力を製作者のダンテを含めて隠し続けてきており、ダンテとの決闘の際に初めて使用している。

ブルーフレームフォース

後述のフルアーマーを装備した状態のみ公開されている本体仕様。
ほぼ「セカンドG」で、右眉間部に短い1本アンテナを備える頭部。
その初出時は全身のほとんどが無色の線画だったため、模型作例ではノーマルのブルーフレームに沿った塗色だったが、後年に描き起こされたフルカラー設定画でセカンド仕様の配色となった。
当初はブルーフレーム・フルアーマーフェーズシフト装備という名称であったが、運用されたのがDESTINYの後と設定された為、そちらはオプション名となり、本機はこの名称に改められた。

フルアーマー・フェイズシフト

フェイズシフト装甲を含む全身を覆う装甲オプション。
全身を覆った状態から機体背面に回した状態に変形させることで高い推力を持つブースターユニットとしても機能する。
太陽付近という高温環境に投入された為、熱を遮断する融除材ジェルの供給システムも内蔵されており、単独での大気圏突入も可能となっている。

その他外部出演

スーパーロボット大戦シリーズ

初参戦はW。改修前の状態で使えるのはスポット参戦時のみで、本格的に運用できるのは2部中盤。

セカンドL・LL(ローエングリンランチャー)は第2部後半で換装パーツとして追加される。原作と異なり、Nジャマーキャンセラーを搭載しており、それの再現で機体のENを15%回復するという特殊能力を持ち、しかも単独でローエングリンランチャーを発射可能。
セカンドGにも換装可能…が、合体攻撃もできるセカンドLやENの値も上昇するLLの方が優秀なため、悲しいほどに使われない

また、X-Ω でも2017年7月のイベント「理想の世界」の期間限定ガシャユニットとしてセカンドLが登場している。

ガンダムVSシリーズ

アストレイブルーフレームセカンドL

エクストリームバーサス家庭版から参戦。ブルーフレームセカンドL形態での参戦となる。
コスト2000の万能機。
後格闘で上下に大きく動いわゆる「ピョン格」が可能で即ダウン力のあるバズーカ系武装(キャットゥス)をあわせ持つ。
自衛能力が高く、ピョン格で相手を翻弄しながらビームライフルやキャットゥスでダメージを取りつつ、寄られたらタクティカルアームズ投擲で抑止する戦い方が基本となる。
しかしながら格闘チャージで一出撃につき一回だけ高出力ビームライフルが使えるため、
きっちり当てることができれば大ダメージを出すことができる。

格闘は主にアーマーシュナイダーを使った近接戦が主体。リーチこそ短いがカットされにくい動きのものが多い。
特殊格闘はタクティカルアームズソードフォーム。
発生とスピードは遅いが、振り出しから振り切りまで スーパーアーマー状態かつ、高威力であり、レバー入力で性能の異なる攻撃を繰り出すことができる。レバー後ろ入力のみ、その場でタクティカルアームズを盾にして、格闘に対して反撃を行うカウンターとなっている。ただし0.数秒だが変形モーションが入る都合上、発生がイマイチなので積極的に使えないのがネック。

覚醒技はアストレイダブルブレード。
「包囲するぞ!」の掛け声とともに相手を蹴りあげる。
その後、パワードレッドが現れタクティカルアームズで切り抜け、その直後ブルーフレームが相手を
羽交い締めにしてアーマーシュナイダーで喉元を切り裂き止め。

後に1出撃1回のみローエングリンランチャーが使用可能に、
覚醒技も単独で行う乱舞系のタクティカルアームズ連続攻撃に変更された。

アストレイブルーフレームD

エクストリームバーサス2から参戦。コストは2500。
今回も後格闘のピョン格で着地の隙のごまかし可能(しかもメイン射撃からキャンセルルートが存在するので射撃戦しながら咄嗟のピョン格も可能。)。

サブ・特殊射撃・格闘CSでそれぞれレバーの有無で様々なドラグーンを使い分けて戦う変則的な万能機。
サブはステルスドラグーンを、レバー入れサブではがかかるソードドラグーンをそれぞれ射出する。牽制用として使うならば、少し飛ぶと一時停止・再誘導する後者だが、前者は使用時に足を止めないので使い勝手はこちらが上。
特殊射撃はビームキャノンドラグーンによる細い設置ゲロビ。レバー入れでステルスドラグーン&ビームキャノンドラグーンを使ってひし形の陣形で取り囲むトラップビームを接地する。これを撒きながらの射撃戦は相手からすれば(ゲーム用語としての)事故の恐怖を負いながらの戦いとなるので使いこなせればプレッシャーをかけることが出来る。
格闘CSでセンサードラグーンを使用するがこれは攻撃用の武装ではなく、頭上にドラグーンを展開、この間は射程が延長される1種の自己強化武装。攻撃を受けると解除されてしまうとはいえ、最上位コストのようにブルーフレーム側が後衛になる機体と組む際には重宝する。

相手を牽制・行動制限をかける武装を多数取り揃えた射撃戦のプロ。近距離の戦いでは前述のピョン格に加えてセカンドL同様レバー入力で性質の変わるスパアマ格闘を持つので、袁・中・近と距離を選ばず戦える。

使用上の難点として、牽制等々は得意だが高速弾速もしくは強誘導といった『当てる』武装が少ないのが辛いところ。
なお、各種ドラグーンを使い合わせて戦うスタイルのため、同時使用不可能な武装が多い(例:サブとレバー入れ特殊射撃はどっちもステルスドラグーンを使用するので同時使用不可)ので、どの武装を使用中だとどれが使用不可になるか確認しておこう。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
叢雲劾
ゴールドフレーム レッドフレーム グリーンフレーム ミラージュフレーム
アストレイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41057

コメント