ピクシブ百科事典

ジン(ガンダム)

じん

機動戦士ガンダムSEEDに登場するモビルスーツ。型式番号:ZGMF-1017
目次[非表示]

pixivでは他のジンとの混同を避けるため、商品名の「モビルジン」タグも使われている。

概要

ザフトが開発した量産型MSにして、コズミック・イラにおける世界初の量産型MS。

直系の前駆であるワークローダーの機構を受け継ぎ、神経接合による操作や、機体各部に点在させたモーターを分散同期させ動作する電力駆動方式など後のMSの基礎となる部分は既にここで完成している。
他方で、機体の基幹となるボーンフレームとソフトを除けば、工業部品は世界規格のありふれたもので固めてあり(そもそも開発したザフト-プラント自体が地球に工業製品を輸出する工場だった都合上、使用部品が同じだった)、解体すれば地球各国でもコピーモデルが簡単に作れるほど古典的な作りをしている。OSをコーディネイターの神経接合にしか適合しないよう難しくする事で敵対勢力へのMSの普及を回避していたのだが、後にナチュラル用OSが導入されこれも崩れている。

その機体コンセプトは戦法が成熟される以前のものであったため、装甲・火力・機動性を両立した全領域兵器としてあらゆる戦局に対応する汎用性を付加さている。当時連合軍のMBTにおける主兵装となっていたリニアガンさえも至近距離でないと受け付けない防御性能を誇り、加えて運動性では圧倒しつつ各種装備は連合製の在来兵器を容易く葬る攻撃力を持ち得ていた。その性能は「戦艦に匹敵する火力」「戦車に匹敵する装甲」「戦闘機に匹敵する機動性」とも形容され、開戦当時は地球連合軍のMAメビウスと1:3または1:5(乗り手の技能による、場合によってはこれ以上)の戦力比を発揮し、G兵器が登場するまでシグーバクゥと共に猛威を振るい、連合軍を一気に不利へ追い込んだ。

ザフト製MSとしては第一期の機体にあたり、当初は地球侵攻やアップデート機種もこの機体をベースとしたバリエーションで賄うよう試案されていた。地上戦用のジンオーカーや装甲強化型のジンアサルトはその好例である。もっとも、単一機種を流用する事での性能限界から、オペレーション・ウロボロスの折に発表された第二期のMS群(上位機種のシグー、地上戦用バクゥザウート、水陸両用機グーン、制空戦闘機ディン)は新規設計の機体となっている。

ヤキン・ドゥーエ戦役ではビーム兵器を装備したゲイツが開発され、旧式化が進んでいくが、近代化改修を施し性能を上昇させたジンハイマニューバが作られ延命策が施された。しかし、結局は制式な量産はされず計画には至らなかったとされる。ザフトの主力機がザクウォーリアへ転換していく中でノーマル仕様機は退役が進んでいくが、偵察仕様や水中哨戒型といった派生機は一線で運用が続けられた。

武装

重斬刀
中世の騎士歩兵が持つ剣の形状をした近接格闘武装。メビウスやストライクダガーの装甲を簡単に切断できる威力を持つが、刀身に耐ビームコーティングが施されておらず、ビームサーベルと切り結ぶことは不可能。
しかし、切り開く、楔の如く打ち込むといったビームサーベルには出来ない使い方が可能で、ストライクガンダムのアーマーシュナイダーにその影響が出ている。

76mm重突撃機銃
ジンが使用するアサルトライフル。ザフトの歩兵用制式アサルトライフルを基にジンでも扱えるサイズにスケールアップしただけの単純な構造。セミオートとフルオートの機能を持つ。

キャットゥス 500mm無反動砲
戦艦や施設に対して使われるバズーカ砲。ジンのみならず、グフイグナイテッドアストレイブルーフレームも使用している。
水中でも使用可能で、DESTINYにおいてはミネルバ所属のザクウォーリアアビスガンダム迎撃に使用された。

キャニス 短距離誘導弾発射筒
D装備に分類される大型ミサイル発射筒。
パルデュスとセットで使われることが多い。

パルデュス 3連装短距離誘導弾発射筒
脚部ハードポイントに装備される3連装ミサイルポッド。

バルルス改 特火重粒子砲
ザフトが開発した最初期の手持ちビーム兵器。とはいえ実質には戦艦用として実用化されていた収束火線ビーム砲をそのまま携行装備にしたような代物。両手で保持し肩越しで撃たなければ使えないほど大型であり、機動戦闘用としては取り回しが悪い。また、ビーム投射に必要となるエネルギーと粒子パックは後のGAT-Xシリーズのような本体供給式ではなく銃尻に備えたカートリッジ式であるため、発射回数は三発程度と心許ない。
威力そのものも対ビームコーテイングを施したシールドに直撃を完全に防がれる程であり、少なくともCE71年時点のビーム兵器としてはライフルとさほど変わらない。とはいえビーム故の弾速と熱エネルギーはあるので、D装備としてもっぱら要塞や砦を攻略する目的でつかわれる。
ザフトにおいては小型化の基礎研究もなされていたものの、MS用の後期携行装備としてはレールガンが予定されていたために先送りとなり、ビーム兵器研究資料の漏洩によってGAT-Xのビームライフルが実用化。MSの小型ビーム兵器実装には後塵を拝す事となる。もっともバルルスで培われた技術は後にジャスティスのフォルティスやプロヴィデンスのユーキディウムに引き継がれており、完全に無駄にはならなかったようだ。

115mmレールガン シヴァ

後期用携行装備として開発されていたが、GAT-X奪取に伴い実現しなかった。結局のところヤキン・ドゥーエ攻防戦においてもジンやシグーは初期から使い続けられる重突撃銃を使用しているし、同時代最後発のゲイツに至っては携行型ビーム兵器を実装してしまったからだ。


バリエーション

プロトジン

「YMF-01B Proto GINN」


ジンのプロトタイプ。性能は通常のジンより劣る。頭部のトサカ状の通信アンテナがなく、黄緑色系のカラーリングが特徴。通常のジンを世界で初めて実用化されたMSとするならば、こちらは世界で初めて造られた実用型MSと言える。
試作機ながらそれなりの数が量産されており、対連合戦争の初期の作戦行動では主力として運用され、退役後も訓練機として運用され続けた。

ジンオーカー

ジンの砂漠戦仕様。詳細はリンク先参照。

ジンワスプ

本機の水中戦仕様。詳細はリンク先参照。

ジンアサルト

増加装甲『アサルトシュラウド』を装備したジン。UC系における所謂フルアーマータイプ。増加装甲には固定武器や増設スラスターが搭載されており、火力・装甲・推力の全てが強化されるため、増加した重量による機動性の低下も最低限に抑えられている。

アサルトシュラウド

ザフトが開発したMS用の増加装甲。アサルトシュラウドと言えばデュエルガンダムが連想されがちだが、元々は防御力に難点のあったジンの性能強化を目的に開発されたものである。シグー用のものも開発されている。
しかし、ビーム兵器を主兵装とする新型機が登場したことで存在価値が薄まり、生産された数はごく少数に留まっている。

ジンハイマニューバー

ジンの高機動型。詳細は『ジンハイマニューバ2型』の記事を参照。

ジン式典用装飾タイプ

式典などの際に用いられる、儀仗兵を模したデザインのジン。派手なエングレーブが機体各所に施されている。装備も西洋のサーベルを模した模造剣(武器としての機能はない)、突撃槍のような銃剣を増設された重突撃機銃などを用い、これらにも本体同様の装飾が施されている。
実質通常のジンの見た目を改装しただけのものに過ぎず、性能や型式番号も変わらない。

ジン長距離強行偵察複座型

偵察任務のために開発されたジンの亜種。両肩に増設されたレドームと黒系統のカラーリングが最大の特徴。索敵・通信機能が大幅に強化され、更に通常のジンを遥かに上回る航続距離を誇るため、単独で広い範囲の偵察・索敵を行うことが可能となっている。
索敵精度向上のために操縦と索敵機器の操作を分担すべく複座型となっている。ニューミレニアムシリーズが導入されジンシリーズが退役していく中、CE73年以降の大戦でも現役バリバリだった珍しい機体

ジン戦術航空偵察タイプ

重力下での航空偵察任務のため、単独での飛行能力を付加された試験機。しかし、期待されたほどの飛行性能を発揮出来なかったため、開発は中断された。
シグーと共にディンのベースとなった機体の一つであり、前者が機体の基本ベースとなったのに対し、こちらはエアロシェルシステムの雛形となった。そのため、ディン同様背部に翼状ユニットとバイザーユニットが搭載されており、飛行形態への変形が可能。

ジンフェムウス(プロトグーン)

後のグーンの原型になった水中用の機体。
ジンをベースにしているが別名にプロトグーンとあるようにジン目ではなくグーン目に属する。
詳細はリンク先を参照

主な専用機

クルーゼ専用ジン

ラウ・ル・クルーゼシグー受領前に駆っていた当初の専用機。彼のパーソナルカラーである白系統のカラーリングに、肩部アーマーには撃墜数マークやザフトのロゴがペイントされている。
ムウ・ラ・フラガの駆るメビウス・ゼロとは幾度も交戦している。

ミゲル専用ジン

ミゲル・アイマンが駆っていた専用のジン。彼が尊敬するハイネ・ヴェステンフルスにあやかり、オレンジ系統のカラーリングに染められている。高品質のパーツを選りすぐって組み上げられているため、通常のジンを上回る性能を有する。
ミゲルが『黄昏の魔弾』と呼ばれる由来となった数々の戦果はこの機体を用いて挙げたもの。しかし、SEED本編序盤にあたるヘリオポリス襲撃作戦の前に叢雲劾との交戦で損傷を負い、修理が間に合わなかったため、ミゲルは本編では通常のジンで戦うことになった。

元々はガンダムSEEDの本放送時に行われていたガンプラキャンペーン(1/144コレクションシリーズのバーコード複数をバンダイに送ると特別キットがもらえる)として誕生したもので、そもそも「ジン テストカラー」というミゲルとは縁も所縁もない機体だった(とはいえ模型誌での告知時点で例のドクロなパーソナルマークは付いていた。尚、キャンペーンではこのほかにレッドクリアーのイージスガンダムや、クリアカラーのランチャーストライクが用意されていた)。その後ミゲルの中の人である西川貴教氏とのコラボイベント限定ガンプラやときた洸一先生の外伝コミックでミゲル・アイマン専用機という後付けがなされていき、イベント限定キットの好評からSEED MSVシリーズの一般販売キットとして発売されるに至る。

2004年当時のSEED MSVでは西川氏の人気もあり看板機体の一角としてプッシュされており、テーマソングである「Zips」のPVに登場したほかゲーム「ガンダムSEED 終わらない明日へ」ではMSV編OPのタイトルバックも飾った。余談ではあるが、この際に装備したカッチョイイシールドは「機動戦士ガンダムF91」に登場するダギ・イルスのデザインを流用しているため、ガンプラでもちょっとした改造と塗装で再現できたりする。

イライジャ専用ジン

イライジャ・キールが駆る専用のジン。青色のカラーリングに染められている。
性能は通常のジンと変わらないが、頭部のアンテナがバスターソードに換装されており、これを用いて接近戦で相手の意表を突く戦法が持ち味となっている。

イライジャ専用ジン改

グゥド・ヴェイアとの戦闘で損傷した機体を、ヴェイアのジンのパーツを用いて修理・改修したもの。元々の青色のカラーリングとヴェイア専用ジンの赤色のカラーリングが継ぎ接ぎになった機体色が特徴。
原型より性能は向上しているが、それに合わせて操縦も難しくなっている。

ヴェイア専用ジン

グゥド・ヴェイアが駆る専用のジン。赤色のカラーリングに左右でデザインの異なるショルダーアーマーが特徴。
『英雄』と謳われた天才的技量を持つヴェイアに合わせ、操縦性を無視した魔改造とも言える徹底した性能向上が図られており、ジン系列の機体では最強のスペックを誇る。

ガイ専用ジン(ガイズジン)

叢雲劾が自身のクセと好みに合わせ造り出したジンの改造機。任務ごとに新たなジンを調達、その都度これに改造していたため、明確に使われ続けた専用機とは言い難い。
ミゲル専用ジンと交戦したのは一言で言えば機動性と航続距離に特化した機体であり、スラスターやプロペラントタンクを増設、更に装甲を減らして徹底した軽量化を図っており、通常のジンを凌ぐ機動性と速力を有する。反面、防御力の低さは正に紙装甲。

蘊・奥専用ジン

蘊・奥(ウン・ノウ)が廃コロニー『グレイブヤード』を守るために、廃棄されたジンを修理し、欠損部分をジャンクパーツで補った改造機。
武装は古びたレアメタル製の刀のみ。しかし、ナチュラルである蘊・奥では単純な直線機動を行うだけでコントロールは精一杯であり、精密な操縦など不可能であった。そのため、攻撃は『保持した刀を一回振るう』という単純動作を機体にインプットさせ、ボタン一つで自動的に行えるよう最適化、これで相手を斬るという無謀極まりないものとなっている。しかし、彼は直線機動と数種類の斬撃動作しか出来ないこの機体で、ゲイツを含むMS部隊をこれまで確実に葬り去ってきた実績を持っている。

立体物

1/144コレクションシリーズ、HG1/144にて「モビルジン」としてラインナップされている。
バリエーション機「ジン・ハイマニューバー」、「ジン・ハイマニューバー弐型」、「モビルジン(ミゲル・アイマン専用機)」、「ジン タイプインサージェント」はHG1/144シリーズにラインナップされている。
また、ミゲル・アイマン専用機のみ放送当時行われていたキャンペーンでコレクションシリーズにラインナップされており HG1/144は当時イベント限定販売の品物(パッケージはモビルジンのものをイベント用にしたもの)だったがSEED-MSVシリーズの第2弾として一般販売された。
2021年にMG化が決定した。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
シグー ゲイツ ザクウォーリア
ジンハイマニューバ バクゥ

関連記事

親記事

ザフト製MS・戦艦 ざふとせいもびるすーつせんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジン(ガンダム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21234

コメント