ピクシブ百科事典

ロンド・ミナ・サハク

ろんどみなさはく

ロンド・ミナ・サハクとは、「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

人物

性別女性
年齢不明
所属オーブ連合首長国
搭乗機ゴールドフレーム天ミナ
CV勝生真沙子


第一世代コーディネーターであり、その戦闘能力は第二世代コーディネーターを歯牙にもかけぬ程の技量を持つ。メリハリのあるナイスバディの長身美女である。

「サハク」は、オーブ首長国を治める5大氏族の一つ「サハク家」の跡取りである事を示しているが、彼女自身は本来のサハク家とは何の血縁も無い。「サハク」の家名を継ぐに値する優秀な遺伝子を持つコーディネーターとして彼女達が作られた為である(そもそも、オーブ5大氏族は血縁者を次期当主にできないしきたりがあるため、アスハ家もウズミの後継者は養女であるカガリに任せている)。そのため、彼女にとって真に家族と呼べる存在は同じ遺伝子から作られた双子の弟ロンド・ギナ・サハクのみであるといえる。

なお、何故双子なのかはミナ曰く「どちらかに問題が起きてももう片方が代替となる為」であるらしい。実際にミナはギナが倒れるまで社交の場以外では影に隠れていた。

天空の宣言

当初は弟のギナと同じく、一握りの価値ある者が万人を支配する世界を望んでいた。しかし、ギナが夢半ばで死亡してしまい、悲嘆に暮れながらも自身による世界統一を狙って画策していく。
そんな中、偶然にもロウ・ギュールと出会い、彼との対話から『国とは民の事であり、場所の事ではない』という新たな考えに気付いた。

ユニウス戦役が始まり、ナチュラルとコーディネイターの感情が再び悪化すると、彼女はアメノミハシラから全世界に向けて、自身の考えの集大成である『天空の宣言』を発信。これ以後、アメノミハシラを拠点として世界中の賛同者を守護し続けている。

関連イラスト

オーブの獅子、影の軍神



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY ASTRAY
コーディネイター ロンド・ギナ・サハク ゴールドフレーム天ミナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンド・ミナ・サハク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11086

コメント