ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カーボンヒューマン

かーぼんひゅーまん

カーボンヒューマンとは、『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』に登場した改造人類である。
目次 [非表示]

概要

ライブラリアン」が開発した技術。ブーステッドマン、エクステンデットに続くCEの強化人間技術の一種だが、前の二種が地球連合において実用化されたのに対し、カーボンヒューマンは一族(地球連合やロゴスと繋がりのある結社)の派生組織である『ライブラリアン』によってその目を見ている。

人間の新陳代謝を利用したもので、再現したい人物の遺伝子情報を取り入れたレトロウイルスを数段階に分けて投与、体内のDNAを改竄と同時に記憶をコピー(必要ならば脳内物質を投与)して任意の人間を再現するものである。この世界のクローン技術が不完全であるため開発された技術と評価できる。

その素体となる人物が必要となるため、コピー元に近い素養や年齢の人間の確保が必須となる。また、再現する人物のデータがそろっていなければ生み出せない、コピーデータ以上の能力を得られない可能性が孕む上、人間の生理学的な差異から完全な再現に至らずに、元の人物から性格がかけ離れる場合もあるためハイリスクな技術でもある(現に、カーボンヒューマンのロンド・ギナ・サハク叢雲劾を執拗に狙う復讐鬼と化した結果、元の性格からかけ離れた存在となっている)。

また、代謝を利用する関係上脳を始めとした神経系を置換するのは不可能と思われ、強力なMSを操縦させるのであればコーディネイターを素体にしなければならない可能性が高い。


上記を踏まえて身も蓋もない言い方をすれば「遺伝子工学を応用した全身整形技術」とでも言うべきものであり、本質的には人間の完全なコピーを作る技術ではない。作中に登場した者たちの多くが「蘇った死者」のように振舞うのは、そのような洗脳・記憶操作を受けただけに過ぎない(洗脳や記憶操作はエクステンデッド一部のファントムペインの人員などにも使われており、カーボンヒューマン特有のものというわけではない)。

「カーボンヒューマン」と言う名称も、「カーボン紙を使ってコピーした書類のように、オリジナルと一見そっくりだが決定的に異なる代物」という点に由来する。

また基本的には故人を再現する技術だが、コピー元のデータがそろっていれば生存する人物を再現も可能


ここまで見れば分かる通り、倫理的に極めて危険な技術であり、公になれば優秀で替えの利く使い捨ての兵士を短期間で増産が可能になったり、まだ生存している人間のカーボンヒューマンを生み出し、オリジナルを殺して成り代わらせて組織などをコントロールするのも可能になる。

また作中では言及されなかったもののデスティニー・プランとの相性も抜群であり、遺伝的に劣等とされた者や別の職に就きたい者などが別人になることも可能となる。


初期のカーボンヒューマンであるプレアはこれを危惧。幸い、カーボンヒューマンの製造はまだテスト段階であった為、『カーボンヒューマンは兵士として使い物にならない事』を証明し、ライブラリアンの野望を潰すべくロウ・ギュール達に接触し戦いを挑んだのである。

しかし、プレアの思惑はロウや劾からは否定されてしまう。

何故ならば、例え現在のカーボンヒューマン達が倒されても、その戦力を欲する者達からすれば『より強い人間のカーボンヒューマンを作り出せば良い』との結論に繋がるだけで、それこそ成人した叢雲劾やキラ・ヤマトアスラン・ザラムウ・ラ・フラガなどの強力なパイロット達のカーボンヒューマンが生み出される状況を作ってしまうだけだった。

そんな中でロウがカーボンヒューマンを軍事利用されない為に提案したのは、『カーボンヒューマンが意に沿って行動出来ないことを証明する』だった。プレアは「それも検討したが、より服従性の高いカーボンヒューマンが生み出されるだけであり、データも世界中に散在している」と主張する。

だが、ロウは「自分達にも世界中に仲間がいる。その人たちは何も縛られずに生きている」と主張し、それに根負けしたプレアはロウ達に協力してライブラリアンの壊滅に協力する。

その直後、ミラージュフレームサードイシューに搭乗した鬼気迫るギナが現れ、彼の存在もまた『カーボンヒューマンが制御出来ない』事実の証明となり、劾は真っ向から彼の勝負を引き受けた。


該当する人物


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

ライブラリアン

背乗り


ミーア・キャンベル:一般的なコーディネイターであるが、見方を変えれば「見た目だけ似せたカーボンヒューマン」とも呼べる。


ムウ・ラ・フラガ(ネオ・ロアノーク):別の人物としての記憶を刷り込むという意味では「記憶だけのカーボンヒューマン」と言えるかもしれない(彼の場合は架空の人物の記憶だが)。


フル・フロンタル ゾルタン・アッカネン:ある意味宇宙世紀版カーボンヒューマン。


強化人士:全く同じ外見の人間が作る意味ではアド・ステラ版カーボンヒューマンに相当する(ただし、こちらは能力を再現・模倣をする仕様はほぼないと思われる)。


カーラ・ラダメス:こちらはバイオハザード版カーボンヒューマン。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED_VS_ASTRAY きどうせんしがんだむしーどばーさすあすとれい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました