ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プレア・レヴェリー

うんめいのこ

プレア・レヴェリーとは、漫画「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」に登場するキャラクターのことである。
目次 [非表示]

概要

CV:小島幸子(「ガンダムイボルヴ」より)


オーブのマルキオ導師からドレッドノートガンダム(後のXアストレイ)の受け取りを命じられた少年。

しかし、肝心のドレッドノートはニュートロンジャマーキャンセラー(以下NJCと略す)を積んでいたため、もし悪人の手に渡れば危険な事態になら可能性を含んでおり、状況に応じた対応をするようシーゲル・クラインから依頼を受けていたサーペントテールにNJCを乗せた頭部を奪還されてしまうがロウ・ギュール達に助けられる。



作中での行動

一時は途方に暮れるプレアだったが、同時期にラウ・ル・クルーゼがNJCの情報を連合にリークしたためNJCを守る必要がなくなった達サーペントテールから頭部を返却される。

同時に強襲してきていたカナードを退けるがこれが原因でカナードとの間に因縁ができる。

戦闘中に倒れてしまったプレアはジャンク屋の補給ステーションに運ばれる。だが再びカナードが強襲、

敗北によって憎しみを増大させていることを不思議な力で感じたプレアは、彼を止める為カナードの所属するユーラシア連邦の特務部隊「X」に投降するが分かり合えることはなくロウのもとへ戻る。

その後Xアストレイが完成するが、心優しいプレアは戦うことを拒む。

しかし「道具は使う人によってどうなるかが決まり、兵器でも使い方によっては兵器ではなくなる」とロウに諭され、彼は、ドレッドノートを戦いではなく、憎しみに囚われたカナードの心を救う為に使うことを決心した。この時ドレッドノートがXアストレイと名付けられている。


プレアの正体と勇気ある者の最期

そしてカナードとの決戦が始まる。勝利しなければ自分の価値は無いと叫び、自分の力を呪うカナードに対しプレアは自身の正体を明かす。実はプレアはグリマルディ戦線ムウ・ラ・フラガがこの戦線のメビウスゼロ部隊に所属しており、「エンデュミオンの鷹」と名付けられるきっかけとなった)において壊滅した地球連合軍のメビウス・ゼロ部隊の兵士のクローンであった。彼もまた人の欲望によって生み出された悲劇の人であり、その出生に苦悩していたのだ。

それを聞いたカナードは、戦いの為に生み出されたその宿命からはお互い逃れられないのだとより激しく戦う。しかしプレアは語る、「力をどう使うかは自分で決めること、そして自分たちは決して孤独ではなく、人々の想いに支えられている」のだと

Xアストレイのドラグーンによるバリアでハイペリオンを包むプレア。カナードはドレッドノートのシールドに包まれ、同時にプレアの暖かな想いを感じた。飽く迄もそれを拒絶し抵抗するカナードだったが、攻撃はシールドに阻まれついには自滅、核エンジンが大爆発を起こした。

カナードはプレアに何とか救出されるが、逆にプレアが倒れてしまう。実はプレアのクローニングは不完全で、この時既に寿命が来ていたのだ。命尽きかけるなかプレアは「人は一人ではなく想いの力で繋がっている」と語り、カナードの腕の中で息を引き取る。自身の命と引き換えにカナードを呪縛から解き放つプレア、それはまさしく「ドレッドノート=勇気ある者」のとしての最期だった。


だが…

『VS ASTRAY』にて、カーボンヒューマンとなってまさかの再登場。


「ライブラリアン」の最高位である「最高司書官」としての地位にいる人物。こちらは青年。ニクスプロヴィデンスのパイロット。

本来は、元となったプレアと同じ姿であったが、通常の人間よりも成長速度が速いという欠点もあり、生み出されてからわずかな期間によって青年に成長した姿となっている。これは原型となったプレアがクローンで、「遺伝子のテロメア欠損=肉体年齢」とシステムが誤認してしまったためである。カーボンヒューマンの中では最初期に造られた存在。


漫画版の『DESTINY ASTRAY』では、元のプレアと同じ姿をしていた時期に、セトナ・ウィンタースと接触していた描写があり、彼女が様々な場所に現れることが出来たのも、マティアスやライブラリアンのプレアが大きく関わっていたようである。また、アーモリーワンでセカンドステージの披露が行われようとしていた際は、道に迷っていたユン・セファンとも接触していた。


ライブラリアンが彼を作り出したのは「サー・マティアスの遺産」を手に入れる為で、遺産はプレアの遺伝子がカギとなっていたからである。これによって、最高司書官の地位を手に入れたが、不可解な行動を取ることも多かった。

その真意は、ライブラリアンがカーボンヒューマンによる最高の兵士を作り出そうとしていたのに対し、プレアの真の目的はカーボンヒューマンが不完全な兵士であることを証明するため、叢雲劾カナード・パルス達と本気で戦い、そして敗北することだった。そのため自身は死を受け入れるつもりであったが、ロウからそれでは「プレアに勝った人物のカーボンヒューマンが新たに製造されるだけ」ということを指摘されて「カーボンヒューマンは兵士として使えない(コントロールできない)」ことを証明することがライブラリアンを破壊する手段だと教えられた。ライブラリアンが崩壊した後は、ロウたちの勧めで火星に移住した。


『DESTINY ASTRAY B』にも登場。その時点では最高司書官ではなく司書官の地位にいた。また肉体年齢も10代前半で、ダンテ・ゴルディジャーニと最初に接触した際は更に幼かった。ダンテに閃光の旅団のリリー・ザヴァリーを預けている。



余談

彼のオリジナルが誰なのかは明かされなかったが、ファンの一部は彼は、ムウ・ラ・フラガのクローンではないかとされている。

理由としては

・髪の色が同じであり容姿が幼少期のムウに似ている。

・ムウはグリマルディ戦線に参加している。

スパロボWにおいてのクルーゼとの戦闘時会話でクルーゼが自身との関係性を指摘されると「僕達のオリジナルが誰かなんかなんて関係ありません!」と言い返す。

があげられ、さらに続編の「機動戦士ガンダムSEEDVSASTRAY」という作品に彼のカーボンヒューマンが登場しており、容姿が子供であったプレアがそのまま青年に成長したような外見である上、容姿が素顔のラウ・ル・クルーゼに酷似している事から益々フラガ家のクローンである事が濃厚になった。さらに専用機が嘗てクルーゼの搭乗していたプロヴィデンスの改良機ニクスプロヴィデンスという事も意味深である。

そのため、よく二次創作では彼らの血縁者として扱われることが多い。

尚、キラを抹殺しようとしていたカナードを止め、改心させたあたり間接的にだがキラの命を救っている。


ちなみに外伝とはいえガンダムの主人公では珍しいクローン人間の主人公で、機動戦士ガンダム水星の魔女の主人公であるリプリチャイルド少女が登場するまで唯一のクローン主人公であった。

一部ゲームにおいて彼の声を担当しているのは小島幸子氏。当時、ガンダム男性主人公の声を女性が演じてているのはプレアとロラン・セアックだけだった。後にガンダムビルドシリーズの主人公であるイオリ・セイレイジカミキ・セカイ女性声優が声を担当している。

死亡した後は思念体として続編に登場しておりSEEDアストレイ版ララァ・スンとか言われている。


関連動画

プレアのイメージトラック。タイトルは「運命の子」


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED_X_ASTRAY

関連記事

親記事

フラガ一族 ふらがいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61011

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました