ピクシブ百科事典

ロウ・ギュール

ろうぎゅーる

ロウ・ギュールとは、『機動戦士ガンダムSEEDASTRAY』シリーズの登場人物、及び主人公の一人。
目次[非表示]

「まだわからないぜ?俺は宇宙一悪運が強いんだ」

CV:小野坂昌也

概要

『ASTRAY』と『ASTRAY R』の主人公であり、ジャンク屋組合に所属する18歳のナチュラルの青年。

ジュドーガロードに続くジャンク屋主人公である。
崩壊したヘリオポリスで、オーブが極秘に開発していたMSアストレイを発見してしまったことから、彼の物語は始まる。

本編の主人公とは逆に非常に熱血で曲がったことが大嫌い。悩むよりも先に己の勘と悪運を信じ直感で行動する。コーディネーターには偏見を持っていないものの、激化する戦争の中で自分がどう関わることができるかを探し続け、ジョージ・グレンからは「本物のコーディネーター(調整者)」と称された。

本編には直接の描写はないものの、シルバーウインドを攻撃していた地球軍を撃退しラクスを助ける、イージスの自爆攻撃にあったキラを救出しマルキオ導師の元へ運ぶ、ダコスタと交流を持ちバルドフェルドを救助する、ナチュラル用OSの開発を手伝うなど陰の立役者といえる。

機械に関して、天性の才能があり、一目見ただけでその機械の用途や損傷箇所などを見抜くほどの、ずば抜けた能力を持つ。また、奇抜かつ、大胆な発想と、それを成し得るだけの技術、行動力を持っており、その独自の感性と技術で、様々なMSや、オプションパーツを自作したり、常人では成し得ない戦いでピンチを切り抜けていく。

機械いじりが趣味で、機械を直す事を生きがいとしている。
反面、ものを壊すことに関しては嫌悪感を示すことも。
明るく気さくな人柄から多くの人と友好関係を持ち、ジャンク屋でありながら時にはそういった人達とMSの開発、改修に携わることもある。

傭兵部隊サーペントテールの叢雲劾とは第一話で出会って以来、お互いに助け合う仲。
大破した彼のブルーフレームを改修したのみならず、レッドフレームに搭載する予定だったタクティカルアームズを彼のためにブルーフレームに搭載したり、ロウのピンチに、仕事や任務に関係なくブルーフレームで劾が駆けつけたりと、その信頼の強さが窺える。

スーパーロボット大戦Wでは初参戦ながらもカズマとは旧知の仲という設定を持ち、またその性格から他作品の主人公とも仲が良い。また、オーブでキラと再会した時には立ち直ったキラを見て安心し思わず父親か兄になった気分と感じるなど面倒見も良い。

ちなみにコミックはときた洸一氏版(通称無印)とスクライドなどでおなじみの戸田泰成氏版(タイトルの末尾にRがつく)が存在し、はっちゃけた台詞や挙動は大体戸田氏の作品で見られる。
後述の150ガーベラや「赤い一撃」も戸田氏版で披露。

ASTRAY R


※終始こんなノリです

容姿

オレンジぎみの茶髪とバンダナがトレードマーク。瞳の色は茶色。
服装は基本袖なしの黄色のジャケットに青い半袖のTシャツと青いズボン。OVAでは青い袖なしのジャケットにタンクトップになっている。
バンダナは基本水色、OVAでは黄緑、戸田版では柄付きで金属アクセサリーがついている。

搭乗機

最初にヘリオポリスで見つけたものだが、叢雲劾に強奪される。その後レッドフレームを見つけたロウはそれに乗り込みコロニーを脱出、劾と共闘することになる。
劾がブルーフレームでロウ達の母艦を襲う敵(近くに居た仲間もろとも襲われていたため)を迎撃するために借りていったが、後に助けたお礼として劾にそのまま譲っている。

ヘリオポリスの一件以降、ロウの愛機となる。
レッドフレームは彼の手により何度も改修されたりオプションパーツによって姿が変わる。
基本的にロウはこのレッドフレームを用途に応じて様々な手を加えて運用する。
本業がジャンク屋なのでMSを使った作業に使われる他、戦闘能力がある(武装を持つ)ので戦闘にも使われる。(戦闘は禁止されているので主に自衛で使っている)

名言集

  • 「99%は100%じゃねぇぜ?」
  • 「あっちが戦闘のプロなら、こっちはメカのプロ!一味違う戦い方を見せてやるぜ!!」
  • 「道具ってのは使う人間によってどうなるかが決まる。兵器として作られたからって人殺しに使わなきゃならないって事はない。お前達が人殺しをしない決心があるならこいつもミーティアも兵器にはならないさ」

ドラグーンとミーティアを使う事で誰かを傷つけてしまうかもしれないと危惧するプレアとキラに対してこの言葉を掛ける。

  • 「まあ、道なんて自分で決めるものだ。王道ばかりが道じゃない。
  • 「世界ってのは!! そこにいる奴全員で作っていくものだろうが!」
  • 「安心しな、俺はジャンク屋だ・・・命までは取らねぇ・・・」
  •     合    点    承    知    
この時の顔がものすごく濃く、直後150ガーベラをぶん投げる
  • 「俺は今思った… お前を 『許さない』 とな!!」
  • これが俺の、赤い一撃"RedFlame"だ!!
完全にノリがGガンである。
  • フリーダムはきっとあいつを守ってくれる…あいつがフリーダムの秘密を守ろうとしたようにな。想いを込められたメカってのはそういうもんだ」
終盤、キラがクルーゼと共にジェネシスの光に呑まれ、一同がキラの生存を絶望視する中、キラがかつてストライクに守られた事を語り、キラが生きている事を信じての台詞。

他ゲーム等では

叢雲劾と並ぶガンダムSEEDASTRAYの主人公ということもあり、同作品の顔として扱われている。特に愛機レッドフレームは日本刀を主武器としていることや、びっくりするようなオプションパーツの内容やビジュアルから人気が高い。
ガンダムVSシリーズではレッドフレームで参戦していたが、作品を重ねるに連れて徐々に機体や攻撃方法などが増えている。最新作のエクストリームVS2ではレッドフレーム、レッドフレーム改、レッドドラゴンの3機が参戦している。
Gジェネレーションシリーズにも何作かASTRAY枠から登場しており、格闘戦主体のパイロットとして活躍することが出来、ジャンク屋という特殊なアビリティを持つ他、整備値が高めで戦艦の整備も務められるキャラとして扱われている。


関連動画

ジャンク屋:赤い一撃

ロウ・ギュールのイメージトラックス。スパロボWやGジェネでも使用された。
ロウとレッドフレームの熱いイメージも相まって、人気が高い。
※上の動画はwipe.氏のギターアレンジ

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY アストレイ レッドフレーム
ジャンク屋 山吹樹里 リーアム・ガーフィールド プロフェッサー 8(ASTRAY)
サーペントテール 叢雲劾 イライジャ・キール
蘊・奥 ジェス・リブル
ロンド・ギナ・サハク アッシュ・グレイ
愛すべき馬鹿

関連記事

親記事

ジャンク屋組合 じゃんくやぎるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロウ・ギュール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロウ・ギュール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38695

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました