ピクシブ百科事典

キララク

きららく

アニメ「機動戦士ガンダムSEED」におけるキラ・ヤマトとラクス・クラインによるNLカップリング。
目次[非表示]

概要

アニメ「機動戦士ガンダムSEED」におけるキラ・ヤマトラクス・クラインによるNLカップリング
第1クールのOPから仄めかされていたが、同作時には結局、同志止まりで恋人同士の関係には至らなかった。(ただし、ラクスからはキラに対し好意を抱くようにはなっていた)

が、2年後を舞台とした「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場した際には既に熟年夫婦の域になっていた・・・。一体、この空白の2年間に何があったのか・・・。

機動戦士ガンダムSEED

運命の出逢い

2人が出会った経緯はキラが漂流していた脱出ポッドを保護したことから。
AAが物資不足から「墓泥棒」だと自覚しながら、「生きるため」だと自分達に言い訳をしつつ、ユニウスセブンから物資を調達している最中に、キラは強硬偵察型複座のジンが何かを探しているところを発見し、自分達の発見を防ぐ為に撃ち落としてしまう。
そのことにまた心を痛めるキラは救助シグナルを発している脱出ポッドを発見、保護する。
ポッドから出てきたのは、現プラント最高評議会議長:シーゲル・クラインの令嬢であるラクス・クラインだった。
艦に2人だけのコーディネイターであることと互いに持つペットロボットがアスラン・ザラが作ったものであることをきっかけに互いの事情を話すように。
「貴方(キラ)が優しいのは、『貴方だから』でしょう?違いますか?」の言葉は、キラを勇気付けた。

しかし、AAと合流するはずだった地球軍第八艦隊の先遣隊とクルーゼ隊の戦闘が行われていた事から状況は一変。父を死なせまいと形振り構わないフレイが彼女をAAのブリッジへ連行。結果として、彼女は「人質」という形に。
卑怯な手段に憤るキラは、無断で彼女をザフトへ還す決意をする。

因みにラクスがAAに滞在していた期間は、キラがラクスの脱出ポッドを発見及び保護した2月3日からザフトへ還した2月8日の約1週間である。
ラクスの誕生日2月5日のため、彼女はAAの中で17歳になった。

再会と新たな旅立ち

仲間であるニコルを殺されたアスランと友達であるトールを殺されたキラは遂に、互いに本気の殺し合いまで発展した。
エネルギー切れからストライクにしがみ付き、イージスを自爆させたアスランは脱出。キラはセーフティーシャッターが閉じたことから助かり、ASTRAYの主人公:ロウ・ギュールの手によって、マルキオ導師の元へと運ばれた。
ラクスから聞いていた導師は秘密裏にプラント・クライン邸へと移送、保護された。
漸く目が覚めたキラの目の前にラクスが現れるのだった。
2人が本気の殺し合いをしたと聞かされたラクスは、
「でもそれは仕方のない事ではありませんか?『戦争』であれば・・・。
お2人共、『敵』と戦われたのでしょう?違いますか?」
そう静かに告げた・・・。

傷付いた心と身体を癒すキラの元へ、発動されたオペレーション・スピッドブレイクの目標がパナマではなく、アラスカである事が知らされた。
仲間と友人たちの死の危機に、遂にキラは再び起つ事を決意する。
「『何』と戦うべきか、分かったような気がするから・・・」

まなざしの先


「貴方(キラ)が行ったところで戦争は終わらない」という問いに対する己の望む「応え」を返したキラに自分も動くことを決意したラクスは新たな剣としてフリーダムガンダムを託すのだった。

ラクス出撃

フリーダム奪取とスピッドブレイクの失敗を繋げたパトリック・ザラはクライン父娘の捕縛(抵抗する場合も射殺も止む無し)と共にクライン派の更迭を命じる。
潜伏しながらもプラントの市民に平和を説くラクス。
同じく潜伏していた父・シーゲルの死とAA(=地球軍製)のシャトルで戻ってきたアスランの件から遂にラクスはプラントからの脱出と本格的に動くことを決める。

アスランを救出し、エターナルでプラントを飛び出したラクス達は、アスランの護衛にと近くで潜んでいたキラに助けられ、共にL4コロニーへと向かった。

父の死を覚悟していたこととはいえ、父を喪った哀しみから抱き付き、涙するラクスをキラはそっと抱きしめるのだった・・・。

キラの出生の秘密

メンデルのラボでラウ・ル・クルーゼから聞かされた己の出生の秘密と立て続けに行われた三つ巴の戦闘とフレイの件で心身共に疲弊し、意識を失うキラ。
目覚め、「泣かないと決めた」と傷付きながらも涙を我慢するキラにラクスは、
「泣いて・・・良いのですよ?だから、人は泣けるのですから・・・」と優しく諭すのだった。

スペシャルエディション版では、己の出生の秘密を話し、「自分は生まれてきても良かったのか」と葛藤し、胸の内を静かに吐露するキラに、
「昔・・・、母に言われました。
『世界』は『貴女』のもので、そして『貴女』も『世界』のものなのだと・・・
生まれ出てこの世界にあるからには、と・・・。
『わたくしは』、『貴方』に出逢えて幸せになりました。
『貴方に』生きて欲しい・・・。わたくしは・・・」
と今の己の気持ちを素直に告げる新規シーンが追加された。
この時に触れていた指輪が、最終決戦時にキラへと託した母の形見の指輪だという伏線が追加もされている。(本放送時は突然の指輪描写であったため)

最後の戦い

フレイから齎されたNJキャンセラーの情報から核を再び放った地球軍に対し、ザフトは報復にジェネシスを発射。互いに殲滅戦へと発展してしまう。
核とジェネシスを防ぐ為、キラ達は動くことを決める。
『何か』を決意したキラに不安を隠せないラクスは、母の形見である指輪をキラに預け、
「帰ってきて下さいね。『わたくしの許』へ・・・」と告げた。

この時、アスカガムウマリュがはっきりとした恋愛感情を示したことと唇へのキスだったのに対し、この2人は、キラからラクスの頬へのキスのみであった。
これが同志止まりであった所以である。

EDテーマ


第1,2クールEDテーマである、See-Sawの「あんなに一緒だったのに」の映像はメインキャラクターを横スクロールで映してしていくものなのだが、1番目がキラで最後がラクスになっており、最初と最後を繋げると、2人が見詰め合っている構図になっている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

オーブで過ごす2人と始まり

前大戦でのプラントへの反逆行為と既に家族がない事からオーブへと亡命、マルキオ導師の許で心身共に傷付け果てたキラの身を案じながら、孤児達と過ごしている。
ブレイク・ザ・ワールドでマルキオ導師の家が流されたため、オーブ本土に移り住んだ。
しかし、夜更けにコーディネイターの特殊部隊が強襲。
部隊の目的がの暗殺だったことから、議長に疑念を抱くことに。

13話


このときのラクスは、大切に想っているキラを再び戦いの道に送るだろうことに、年相応に躊躇いと葛藤を見せており、それをキラが抱き締めて諭すという珍しいシーンとなっている。

AA潜伏期

スカンジナビア王国の伝手を頼り、AAで潜伏した面々は、プラントに己の偽物がいる事からますます、議長への疑念を抱く。
ラクスはプラントや議長の情報を得る為、バルトフェルドと共に宇宙へと上がった。

DESTINY PLANとストライクフリーダム

メンデルで得た議長が目指そうと画策している「DESTINY PLAN」を知ったラクス達だが、メンデルを見張っていた部隊に発見、攻撃を受ける。
ファクトリーに協力してくれていた人々と新たな機体、そして新しく得た情報を守る為に地球の軌道上まで逃げるエターナル。その危機をターミナルからの連絡で知ったキラはストライクルージュを借り、駆けつけるのだった。
久し振りの逢瀬と互いの無事に喜び抱き合う2人。
シンとの戦いでフリーダムを失い、無力を感じていたキラにラクスは新たなる剣としてストライクフリーダムを託すのだった。

ミーアの死

ラクスがオーブ攻防戦後にカガリと共に表舞台に立ったことでミーアは議長から身を隠すよう命じられたのだった。自分の立場の危うさに不安を駆られ、また、『ラクス・クライン』であったことへの充実感が忘れられず、本物を闇に葬り、成り代わろうとしたミーア。
しかし、「自分は自分以外の何者にもなれはしないこと」「『夢』を他者に利用されてはならないこと」を説かれ、涙する。
サラの凶弾からラクスを庇い、息を引き取るミーア。
彼女の付けていた記録を読んだラクスは、自分が逃げたことが彼女を死に追いやってしまったとキラの腕の中で後悔の涙を流す。これが、彼女がオーブとプラントの戦いの後にプラントへと戻る決意をした1つの要因になっている。

共にプラントへ

キラもラクスと共にプラントへと身を置くことに。
ザフトの白服を着ている。
ラクスは議長かどうかは不明だが、議員の1人となっている。

関連イラスト

SEED

新DVD-BOX記念!
出会い
【種運命】キララク
会いたい


DESTINY

キララク
願いを思いに変えて
絆


スペシャルエディション,ファイナルプラスなど

SPARK6 新刊 Sweet 表紙
ないしょ
【イラリク】キララク
キララク



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
キラ・ヤマト ラクス・クライン NL

pixivに投稿された作品 pixivで「キララク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 487309

コメント