ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

生年月日C.E.56年3月15日
没年月日C.E.71年9月27日
星座魚座
血液型A型
年齢15歳
身長162cm
体重53kg
CV桑島法子


人物

キラ・ヤマトたちが通うカレッジのマドンナ的存在であり、憧れの人でもあったナチュラルの美少女。ミリアリア・ハウは同じサークルに所属する先輩でもある。
大西洋連邦政府の外務次官ジョージ・アルスターの一人娘(所謂、お嬢様)で、サイ・アーガイルとは婚約していた。母親は幼少時に病気で他界している。

決して悪い人間ではないのだが、お嬢様として何不自由なく育ったがゆえに非常にわがままな性格で、世間知らずで一般常識や自制心に欠けており、他人からの親切を「当たり前のもの」として受け止める傾向が強い上に、自己中心的な癖に他者に依存しないと何もできないという札付き筋金入りのトラブルメーカーであった(この辺りは、父親のジョージもそっくりであるため親譲りでもある)。

特に物語序盤では空気を読まない過激な言動や、彼女の自分勝手な感情任せの軽率な行動が原因で、数々の人間関係のトラブルを引き起こしており、物議を醸す事も多かった。さらに父親がブルーコスモスだった関係から感化されたのかコーディネイターに対して強い偏見を抱いており、父がザフトの攻撃を受けて死んだ際には憎悪にまで発展した。

上述の性格から来る劇中での行いから、『SEED』のみならずガンダムシリーズ全体でも批判されることが多い女性キャラクターの1人で、劇中では同じく避難民の少女のエル(CV:豊口めぐみ)に八つ当たりもしている。
一方で終盤では成長の片鱗を見せていたため、ファンからの評価が分かれるキャラクターでもある。
ある意味では、この作品の中で一番人間臭い人物だったと言える。

献身的なラクスを差し置いてキラの心を終始掴み続けた本作品のメインヒロインであるが、中盤以降彼らが対面することはなかった。
約束した対話が果たされないままフレイが死亡したことで、キラはフレイの影に囚われ続けることとなる。
監督の福田己津央氏は、もしも彼女が生存していたとしたら、キラは「戦争の中で傷つけてしまった彼女と結ばれるだろう」と発言している。

略歴

第1クール

ザフトのヘリオポリス襲撃の際たまたま居合わせたことで避難民となり、アークエンジェルに乗艦。

他の避難民と共に地球へ送り届けられる予定だったが、地球への帰路の途中、目の前で父・ジョージをザフトに殺されたことでコーディネイターへの偏見が憎しみに変わり、キラとの歪んだ関係が始まる。

フレイはキラの力を利用してコーディネーターを殺害し、その果てに「父の敵」であるキラを戦死させる復讐を考えついてキラに接近、言葉巧みにアークエンジェルを守らなければならないという強迫観念を抱かせる。
さらに、地球降下にあたってキラ達ヘリオポリスの一行に下艦の許可が与えられると、大勢の前で地球連合軍に志願し、サイを始めキラの仲間たちをアークエンジェルに留まるよう誘導することで、同胞と戦い続けることをキラに運命付けた。
なお、志願した当のフレイは(既にマリューらから役に立たないと見られていたためか)、軍務にはほとんど関わらず、戦闘中は自室に篭っていた。

第2クール

キラが地球降下の際に意識不明の重体となると、フレイは付け入る好機と見て、付きっきりで看病を行い、キラが目覚めるとさらに関係を深めて衾を同じくするまでになる。
キラはフレイの思惑通り(あるいはそれを超えて)、バーサーカーと評される活躍を見せるが、「ナチュラルとの違い」を目の当たりにした仲間たちとキラとの関係はぎこちなくなり、キラはフレイへの依存を強めていく。

フレイは婚約者であるサイに対しては「婚約は親が決めたこと」と公言し、最終的にサイをキラの前でこっぴどく振っているが、これは全て復讐のための演技であり、サイへの想いは留めていた。
サイがキラへの嫉妬に狂い、無断でストライクガンダムに塔乗する暴挙に出た際も、サイのために涙しているが、それを周囲には隠していた。
しかし、フレイのキラへの計略はここで綻びを見せ、サイを気にかけるキラに対して「(サイは)バカよね、キラにかなうわけないのに」と口を滑らせてしまう。
この言葉にフレイのサイへの想いとキラへの強い偏見を敏感に感じ取ったキラは、フレイが実は自分のことを気にかけていないことに気づいてフレイに深入りしないようになる。

一方、フレイは利用しようとキラに接近し続けたことでキラの苦悩と優しさに直面し、無意識にキラに惹かれていた。
フレイはキラと共に周囲から孤立していく道を取ったが、率直でコーディネーターとの違いを意識しないカガリがアークエンジェルに乗り込んだことでふたりの孤独は破られ、フレイのみが周囲から孤立する結果に終わる。
ひとまず孤立から回復し、精神的にも余裕を取り戻したキラはフレイを気にかけ、世話するようになり、キラとフレイの関係は反転する。

オーブでも一向が家族と面会する中、両親は既に死亡しているフレイの孤独は解けることがなく、ひとりアークエンジェルの艦内に引き返すが、そこで自分と同様ひとりで作業するキラを見つけ、感極まって「キラの方がつらいのに、同情しているのか」と激昂する。(キラには彼自身の家族に会いたくない理由があったのだが、フレイはそれを吐露する相手ではなかった)
キラは詰め寄るフレイに対し今の関係を改め、再構築することを求めたが、フレイはこれを拒絶する。

フレイから対話に臨もうとするのはキラのストライクでの最後の出撃直前であった。
キラは「帰ってから(話そう)」と述べて出撃したが、アスランとの激闘の末に生死不明(MIA)となり、約束は果たされなかった。
これが2人の最後の会話となった。

第3クール

当初の目的であったはずの復讐を成し遂げたものの、拠り所を無くしたフレイは虚しさを埋めるためにサイと縒りを戻そうとするが、キラとトールがMIAになった事で、フレイのわがままにつきあう余裕はサイからも失われており、すげなく断られる。
フレイは「本当はキラのことなんか(好きじゃなかった)」と食い下がるが、それが却ってキラたちの死の悲しみを受け止めていたサイを激昂させ、自分が本心からキラのことを好きになっていたことを指摘される。
なおも食い下がろうとしていたところでミリアリアが捕虜となっていたディアッカに挑発され、襲いかかろうとしている場面に遭遇すると、サイに拒絶されたうえキラの死にショックを受けている自分を自覚し動揺していたフレイは、衝動的にキャビネットにあった拳銃で名も知らぬコーディネーターの射殺を試みる。(我に返ったミリアリアにすんでのところで止められた)

連合軍内部のブルーコスモスによりアラスカ基地に到達したアークエンジェルとその乗員は生還の見込みのない囮作戦に投入することが秘密裏に決定されたが、ブルーコスモスにとって有益とみなされたナタル・バジルールムウ・ラ・フラガとともに「『アルスター家の娘』という肩書きや志願兵という経緯がコーディネーター排除のプロパガンダに使える」として、転属命令が下り、アークエンジェルを降りることになる。
転属には反発しながらも、異動のための輸送船の待機列に並ばされるが、ザフトの侵攻開始による混乱に紛れて、アークエンジェルへ戻ろうと脱走するも、基地内部に潜入していたラウ・ル・クルーゼに遭遇。父親のそれによく似たクルーゼの声を聴いて「パパ?」とつぶやいたことでアル・ダ・フラガの遺伝子とかかわる人物かと思い至ったクルーゼにより拉致された。(実際、ジョージの声優はクルーゼと同じ関俊彦氏である。メタ的には中の人ネタである。ただしカットされた描写もあるため詳しい理由は不明)

以降はザフトで初めは捕虜として、のちになし崩し的にクルーゼの付き人としてすに上がり、軍艦ヴェサリウスで生活していた。
リマスター版では、全裸で更に涙目でベッドで横になっている新規カットが加えられている。明確な描写はないため寝たとは言い切れないが、クルーゼがイザークに「フレイを捕虜らしく扱うべき」と忠言されていることを考えあわせると、性暴力を振るわれていたと考えられる。

第4クール

その後、クルーゼに『戦争を終わらせる””』といってニュートロンジャマーキャンセラー搭載のMS(=核動力)の情報をそうと知らずに持たされたまま小さな救命ポッドで戦場の只中に放り出される。
この時ようやくキラが自分を守るために戦っていた戦場の怖さを我が身で知る事となる。
アークエンジェルに回収されたいという意思と流れ弾に当たる恐怖から、国際救難信号でクルーゼに言われたまま戦争を終わらせるためのカギを持っていると触れて回ったことで地球軍の軍艦ドミニオンに搭乗していたブルーコスモスの盟主・ムルタ・アズラエルの興味を引き、回収される。この際国際救難信号を通じてキラの声を聴き、彼の生存に喜びの涙を流した。

今までの自分の行いを深く反省し、別離前に約束していたキラやサイ達との対話による和解を望み、アークエンジェルと巡り合えるだろうドミニオンへの乗艦を希望。ニュートロンジャマーキャンセラーを手に入れた功績から曹長(アークエンジェル乗艦時は、サイ達同様に二等兵)へ昇進し、ドミニオンのオペレーターとなる。

アークエンジェルへ帰ることを望みながら、アークエンジェルとの闘いに身を投じていくが、最終的にアズラエルが(被弾したムウのストライクを回収するため)ハッチを解放した無防備なアークエンジェルに対してローエングリン発射の命令を下したため、独断でインカムを使ってアークエンジェルに逃げるように通信を送ろうとしたことでアズラエルの怒りを買い、撃ち殺されかける。
フレイに続いてナタルがアズラエルに反旗を翻したことで助けられ、彼女の退艦命令を受け他のクルーと共に避難用シャトルで退艦し、その後間もなくドミニオンは轟沈。

最終話にてアークエンジェルに向かうも、クルーゼによってキラの精神を破壊するためだけにキラの目の前でシャトルを沈められ、命を散らした。
皮肉にも父親と同じ死に方であり、父の本当の仇でもあったクルーゼに父娘二代で殺されるという悲しい最期であった。

センシティブな作品


この際フレイの魂(本当に彼女の魂だったのかは定かではない)がキラの前に現れ、今までの行いを謝罪し「わたしの本当の想いがあなたを守る」と願い消えていった。この時の彼女は生前のようなものとは違うとても素直な表情であった。

砂漠時のコーディネイターへの憎悪や復讐心に塗れて囁いた偽りの言葉であった「私の想いがあなたを守る」と同じだが、その心情はその時とは真逆の本当の想いからだった……。しかし、監督によればこの時のフレイの言葉はキラには届いておらず(アムロララァのようなものではなく、カイミハルのやり取りがモデルだそう)、フレイの死は彼を長年苦しめる事となった。

彼女の序盤から中盤にかけての行動は、お世辞にも褒められたものではなく目に余るものがあり、アークエンジェル内部のトラブルメーカー的な役回りから視聴者からもその言動を疑問視され、このような末路を辿ったのは自業自得な面も多々あった。

しかし、結局のところ言ってしまえば彼女も終盤では自分の所業の数々を深く反省しており自分なりの方法で贖罪しようと努力していたため、総合的に見ればフレイも「ナチュラルとコーディネイターの相克の中で、人生や運命を狂わされた被害者」だったと言える。ただ、あまりにも反省するのが遅かった事が悔やまれてならない……。

ゲームでの活躍

Gジェネレーションシリーズ

SEEDにデビューして以来、着実に参戦したが、出席率は低調な方。
ここでは原作の悲劇的な運命から抜け出すことができ、戦闘員として活用した場合、ラウ・ル・クルーゼを相手にリベンジマッチ(残念ながら関連セリフはなし)も可能。適合するユニットを選ぶならガンダムスローネドライ

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦シリーズではガンダムSEEDよりも続編のガンダムSEED DESTINYの方が参戦機会が多いため、登場回数は少なめ。

『第3次α』と『J』では原作同様に悪女のような一面が描写され最後はクルーゼに命を奪われてしまう(特に第3次αは初登場ながら悪女方面が強く描写され、登場期間が短いこともあってキラ以外に特にその死を悲しまれないなど非常に不遇)。

スーパーロボット大戦Wでは第2部に登場。
原作通り、キラに対して八つ当たり同然の暴言を吐くが、カズマ・アーディガンに全てを話す事で少し気持ちが楽になる。
その後、Nジャマーキャンセラーのデータを持たされ、ドミニオンに回収される寸でで、ノイ・ヴェルターに保護されるというif展開となる。
そこでキラと再会し、今までの事を全て謝罪し、最終決戦後はサイと寄りを戻した。

ドミニオンに回収されなかったことやラクスの命懸けの行動によって原作のような悲惨な最期を迎えることなく生存した(更にコーディネイターに対する偏見も消えて無くなっており、初めて本当の意味で父から自立する事ができて大人になったと言える)。「キレイなフレイ様」と言う人も。

スーパーロボット大戦Zシリーズでは第2次Z再世篇と第3次Z時獄篇にてにおいて、直接登場こそしないもののキラの台詞の中において彼女について言及しているものが存在する(DESTINYのキラがフレイについてはっきり語るのは今回が初となる)。

関連イラスト

君は今でも
タンクトップフレイ
♪Happy Birthday♪
フレイ
センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
地球連合軍 アークエンジェル
サイ・アーガイル キラ・ヤマト
ミリアリア・ハウ トール・ケーニヒ カズイ・バスカーク
ラウ・ル・クルーゼ イザーク・ジュール
ラクス・クライン カガリ・ユラ・アスハ
蓬仙あおい無限のリヴァイアスのヒロインで、中の人も同じ。更に彼女の幼馴染である相葉兄弟もサイやキラと中の人が同じ。

悲劇のヒロイン
セイラ・マス…特に小説版における主人公との関係と描写のオマージュと思われる。
ルイス・ハレヴィ…似たような境遇からフレイとはよく引き合いに出される。ただ彼女はPTSDや薬物投与の副作用を患いながらも最終的に生存している。
リュ・ヘナ - フレイと同じ、紫朱色の髪の毛がポイント。だが目色は違う。

カップリングタグ

サイフレ キラフレ イザフレ

関連記事

親記事

地球連合軍(ガンダムSEED) ちきゅうれんごうぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フレイ・アルスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 913442

コメント