ピクシブ百科事典

フレイ・アルスター

ふれいあるすたー

アニメ『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日C.E.56年3月15日
没年月日C.E.71年9月27日
星座魚座
血液型A型
年齢15歳
身長162cm
体重53kg
CV桑島法子


人物

キラ・ヤマトたちが通うカレッジのマドンナ的存在であり、憧れの人でもあったナチュラルの美少女。ミリアリア・ハウは同じサークルに所属する先輩でもある。
地球連合政府の外務次官ジョージ・アルスターの一人娘(所謂、お嬢様)で、サイ・アーガイルとは婚約していた。母親は幼少時に病気で他界している。

決して悪い人間ではないのだが、お嬢様として何不自由なく育ったがゆえに非常にわがままな性格で、世間知らずで一般常識や自制心に欠けており、他人からの親切を「当たり前のもの」として受け止める傾向が強い上に、自己中心的な癖に他者に依存しないと何もできないという札付き筋金入りのトラブルメーカーであった。(この辺りは、父親のジョージもそっくりであるため親譲りでもある)

特に物語序盤では空気を読まない過激な言動や、彼女の自分勝手な感情任せの軽率な行動が原因で、数々の人間関係のトラブルを引き起こしており、物議を醸す事も多かった。さらに父親がブルーコスモスだった関係から感化されたのかコーディネイターに対して強い偏見を抱いており、父がザフトの攻撃を受けて死んだ際には憎悪にまで発展した。

上述の性格から来る劇中での行いから『SEED』の女性キャラの中でも特に批判されることの多い彼女であるが、一方で序盤と終盤とでファンからの評価がガラリと変わったキャラクターでもある。ある意味では、この作品の中で一番人間臭い人物だったと言える。

監督の福田己津央氏は、もしも彼女が生存していたとしたら、キラは「戦争の中で傷つけてしまった彼女と結ばれるだろう」と発言している。

略歴

ザフトのヘリオポリス襲撃の際たまたま居合わせたことで避難民となり、アークエンジェルに乗船。

その後、他の避難民と共に地球へ送り届けられる予定だったが、地球への帰路の途中、目の前で父・ジョージをザフトに殺されたこと及びイージスガンダムのパイロットの正体がキラの幼馴染であるから同胞とほんきでたたかっていなかったことにより地球軍に志願。
(皮肉にも後に地球へ降下しようとした避難民のシャトルはイザークによって撃墜される事となり、「コーディネイターへの復讐」という歪んだ動機であれ、軍に志願したことで結果的に生き延びたのである)
この際、コーディネイターへの偏見が憎しみに変わり、キラとの歪んだ関係が始まる。

自分が無力であることを知っている彼女は、「キラの力を使ってコーディネイターに復讐してやる」と決め、女の武器(身体)で籠絡し関係を持つ。
一方で婚約者であったサイを無視するようになり、キラの前でこっぴどく振った。
しかし、嫉妬による暴走でストライクガンダムに無断で乗ったサイに涙する、罰で独房に入れられた彼を密かに心配するなど未練はあった模様。

しかし時が過ぎ、キラとの歪な関係が続きながらも、の苦悩や優しさに触れていく中で無意識に惹かれていく。(所謂、ミイラ取りがミイラになる)
キラが関係の歪さを「このままではいけない」と思い始め、オーブで破局するも自分の想いに素直になろうと対話による和解と関係の修復を望んでいたが、キラがアスランとの交戦の末生死不明(MIA)となり、その約束は果たされなかった。そして、ここから彼女の転落劇が幕を開ける…。

当初の復讐を成し遂げたものの達成感は全く感じられず、虚しささえ感じて拠り所を無くしたフレイはサイと縒りを戻そうとするが、自分の精神状態や真実をキラに惹かれていたことを見抜かれたのもあるが、自分からこっぴどく振ったくせに、キラがいなくなればケロッとなかった事にしようとするあまりにも自分勝手なフレイの態度に、温厚なサイも遂には激怒し拒否されてしまう。今まで見たことないサイの剣幕にたじろぎながらも異を唱えるが、結局彼に見捨てられてしまいショックを受ける。

他のメンバー達も、キラとトールがMIAになった事より、以前より艦内の空気がギスギスし始め、日頃の行いの悪さも祟って孤立する事となった。復讐を成功させた代わりに失った代償はあまりにも大きく、この時はまだ幼稚な内面を持つフレイはそれを理解する事ができずにいた。

その後、医務室で激昂したミリアリアが捕虜ディアッカに襲いかかって怪我を負わせていたところに遭遇し、衝動的に自分の手でコーディネーターを殺そうとキャビネットにあった拳銃でディアッカを射殺しようとしたが、我に返って間一髪で割って入ったミリアリアに止められ未遂に終わる。しかし、この件で原因はどうあれ捕虜を虐待したという事で、多少のワガママは大目に見てくれたマリュー・ラミアスも、この事態は流石に見過ごす事はできずミリアリアと共に別々の自習室に入れられる謹慎処分を受けた。

紆余曲折を経て精神的にボロボロになった彼女は、アークエンジェルのアラスカ基地帰還に伴い「『アルスター家の娘』という肩書きがコーディネーター排除の世論誘導に使える」と踏んだ連合軍の命令によりナタル・バジルールムウ・ラ・フラガと同じ再編後の新軍隊転属となり、マリューやサイら他のアークエンジェル勢とは離れ離れになる事を強いられてしまう。

そんな中アラスカにてザフトの襲撃に遭い、転属命令に反対していた事もあってどさくさに紛れてアークエンジェル勢の元へ戻ろうと独断で脱走するも、基地内部にたまたま潜入していたラウ・ル・クルーゼの気まぐれで拉致された(なお、同じく事態の異変に勘付いたムウも連合軍から独断で脱走しているが、彼はアークエンジェル勢の元へ戻る事に成功している)。この時クルーゼの声を聞いたフレイは「パパ…?」と呼んでいるが、これはジョージの中の人がクルーゼと同じ関俊彦氏である事に由来している所謂中の人ネタである。この時、皮肉にも生きていたキラはラクスからフリーダムを託されてアラスカ基地に急行しており、アークエンジェルの危機を救い合流しているので、寸でのところでニアミスになってしまった。

以降クルーゼ隊とともにザフトの軍艦ヴェサリウスで初めは捕虜として後々は付き人として生活していたが、(リマスター版では全裸で更に涙目でベットで横になっている(寝ているかどうかは不明)新規カットが加えられた)クルーゼの思惑により、『戦争を終わらせる”切り”(ニュートロンジャマーキャンセラー搭載のMS(=核動力))』の情報を持たされて戦場の只中に送り出されてしまい、この時ようやくキラが自分を守るために戦っていた戦場の怖さを我が身で知る事となる。地球軍の軍艦・ドミニオンに回収される。この際キラの生存を知り、喜びの涙を流した。

今までの自分の行いを深く反省し、別離前に約束していたキラ(やサイ達)との対話による和解を望み、ドミニオン乗艦を希望。ニュートロンジャマーキャンセラーを手に入れた功績から曹長(アークエンジェル乗艦時は、サイ達同様に二等兵)へ昇進し、ドミニオンのオペレーターとなる。

しかし、混迷を極める最終決戦で追い詰められた事で、狂気的な本性を現したアズラエルが指揮権のないオブサーバーの癖に艦長のナタルに銃を向けて喚き散らす姿を見て、かつての自分の姿と重なり父がいたという理由だけで賛同していたブルーコスモスの実態をようやく知り、遂に反旗を翻す事を決意。

独断でインカムを使ってアークエンジェルに逃げるように通信を送るが、それを見たアズラエルの怒りを買い、中盤でディアッカにした仕打ちが自分に返ってきたかのように彼に撃ち殺されかける。ナタルが割って入っていなかったら、間違いなく射殺されていたであろう。いくら悔い改めようとも、自分が過去にしでかした罪からは逃れられない事を象徴するシーンでもある。

遂にはナタルも反旗を翻し、彼女の最後の計らいである総員退艦命令を受け他のクルーと共に避難用シャトルで退艦し、その後間もなくドミニオンは撃沈。

最終話にてアークエンジェルに向かうも、キラの目の前でクルーゼによってシャトルは沈められ、命を散らした。皮肉にもそれは父親と同じ死に方であり、父の本当の仇でもあったクルーゼに父娘二代で殺されるという悲しい最期であった。

私の本当の想いが


この際フレイの魂(本当に彼女の魂だったのかは定かではない)がキラの前に現れ、今までの行いを謝罪し「わたしの本当の想いがあなたを守る」と願い消えていった。この時の彼女は生前のようなものとは違うとても素直な表情であった。

砂漠時のコーディネイターへの憎悪や復讐心に塗れて囁いた偽りの言葉であった「私の想いがあなたを守る」と同じだが、その心情はその時とは真逆の本当の想いからだった・・・。しかし、監督によればこの時のフレイの言葉はキラには届いておらず、フレイの死は彼を長年苦しめる事となった。

彼女の序盤から中盤にかけての行動は、お世辞にも褒められたものではなく目に余るものがあり、アークエンジェル内部のトラブルメーカー的な役回りから視聴者からもその言動を疑問視され、このような末路を辿ったのは自業自得な面も多々あった。しかし、結局のところ言ってしまえば彼女も終盤では自分の所業の数々を深く反省しており自分なりの方法で贖罪しようと努力していたため、総合的に見ればフレイも「ナチュラルとコーディネイターの相克の中で、人生や運命を狂わされた被害者」だったと言える。ただ、あまりにも反省するのが遅かった事が悔やまれてならない………。

ゲームでの活躍

スーパーロボット大戦Wでは第2部に登場。
原作通り、キラに対して八つ当たり同然の暴言を吐くが、
カズマ・アーディガンに全てを話す事で少し気持ちが楽になる。
その後、Nジャマーキャンセラーのデータを持たされ、
ドミニオンに回収される寸でで、ノイ・ヴェルターに保護されるというif展開となる。
そこでキラと再会し、今までの事を全て謝罪し、最終決戦後はサイと寄りを戻した。
ドミニオンに回収されなかったことやラクスの命懸けの行動によって原作のような悲惨な最期を迎えることなく生存した。(更にコーディネイターに対する偏見も消えて無くなっており、初めて本当の意味で父から自立する事ができて大人になったと言える。)

また、第3次スーパーロボット大戦Zにおいて、直接登場こそしないもののキラの台詞の中において彼女について言及しているものが存在する。

関連イラスト

君は今でも
タンクトップフレイ


♪Happy Birthday♪
フレイ



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
地球連合軍 アークエンジェル
サイ・アーガイル キラ・ヤマト
ミリアリア・ハウ トール・ケーニヒ カズイ・バスカーク
ラウ・ル・クルーゼ イザーク・ジュール
ラクス・クライン カガリ・ユラ・アスハ

悲劇のヒロイン
ルイス・ハレヴィ…似たような境遇からフレイとはよく引き合いに出される。ただ彼女はPTSDや薬物投与の副作用を患いながらも最終的に生存している。

カップリングタグ

サイフレ キラフレ イザフレ

pixivに投稿された作品 pixivで「フレイ・アルスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 264843

コメント