ピクシブ百科事典

ジャスティスガンダム

じゃすてぃすがんだむ

ZGMF-X09A ジャスティスとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

機体番号ZGMF-X09A
全高 18.56m
重量75.4t
装甲材質フェイズシフト装甲
動力源核エンジン
所属ザフト三隻同盟
パイロットアスラン・ザラ


概要

パトリック・ザラの指示のもと、国力・物量に劣るザフトが、単機で絶対多数の敵を殲滅するほどの圧倒的戦闘力を示すための対地球連合軍の切り札として、鹵獲した4機の第1期GAT-Xシリーズのデータ、および鹵獲し損ねたストライクとの交戦データを注ぎ込み、兄弟機であるフリーダムとともに開発したザフト軍の試作型モビルスーツ

モビルスーツ用のニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジンを採用したファーストステージシリーズの1機であり、コンセプトとしては鹵獲したGAT-X303イージスの後継機となるが可変機構は採用せず、MSとしての汎用性はそのままにMAとしての特化性能をリフターに分割する事でこれを補完している。その副次的な効果としてリフターは換装機能も兼ねたバックパックとなり、ジャスティス本体とのコンビネーションで敵機を翻弄する戦術も可能となった。

ジャスティス本体はビームサーベル、ビームライフル、シールドを持つオーソドックスな装備構成となっており、汎用性にも抜かりはない。一方で近距離戦闘のため機関砲は増量され、特殊装備よりも弾幕を利用した堅実な白兵戦を得意とする。

自由と正義


機体名の由来は同時開発されたフリーダムと合わせて実父パトリックが提唱した「ナチュラルに“正義”の鉄槌を下し、コーディネイターの真の“自由”を勝ち取る」という過激化した反ナチュラル思想に基づくもの。
だが当のパトリックがアスランにジャスティスを託して最初に命じたのは強奪されたフリーダムの奪還のみならず、相手がコーディネイターであろうが奪取に関わった者全員の抹殺という無慈悲なものだった…(フリーダム強奪に関わってるのはコーディネイターしかいない)。

型式番号

型式番号の「09」はジン、シグー、ディン、バクゥ、ザウート、グーン、ゾノ、ラゴゥと数えて9番目に制式化した機体の番号として与えられている。
技術試験機であったため解体処分が決定していたドレッドノートと、ビーム兵器実装のためにジャスティスよりも制式化が遅れたゲイツは除外される事になっているが、同時にロールアウトしたフリーダムが10番目の制式採用機、以降の機体も11番目と12番目と13番目の制式採用機となってしまう事になるが、詳細は不明。フリーダムが盗まれた際にその穴にゲイツを入れたのであろうか?

活躍

キラ・ヤマトの駆るストライクを撃墜した功績を讃えられたアスラン・ザララウ・ル・クルーゼの口から「ザフトからネビュラ勲章と共に最新鋭機が授けられる」という通達を受けたシーンで、フェイズシフトダウン状態のままデッキに収められた当機が整備されているワンシーンが映し出されていた。この話は32話で、実は主役機のフリーダムよりも本編への登場が早い(フリーダムの初登場は34話)。

フリーダムがキラによって奪取された後、フリーダムの奪還(に加え、関わった人物や施設の抹殺・排除)任務を与えられたアスランは、本機に搭乗して地球の各地を転々としながらフリーダムを捜索していった。
そしてオーブで、地球連合軍の第2期GAT-Xシリーズと交戦し劣勢に立たされているフリーダムを発見する。
これを見たアスランは任務を放棄してキラに加勢、キラ達が所属する三隻同盟に加わり、以降本機は三隻同盟の主戦力として連合軍、ザフトと戦った。

最終決戦においてはミーティアを用いてフリーダムとの連携でオルガ・サブナックを倒したのち、カガリ・ユラ・アスハと共にヤキン・ドゥーエに突入。本機を内部で核爆発させることで大量破壊兵器ジェネシスを破壊した。

武装

MMI-GAU1 サジットゥス 20mm近接防御用機関砲

頭部に4門内蔵されているバルカン砲。

RQM51 バッセル ビームブーメラン

両肩に装備されているビームブーメラン。
核エンジンからのエネルギー供給により高い威力を誇り、フォビドゥンのゲシュマイディッヒ・パンツァー表面を容易く切り裂いた(作中でゲシュマイディッヒ・パンツァーにまともなダメージを与えたのはこれが唯一)。手に持ったまま小型のビームサーベルとしても使用可能。
ビームの運動エネルギーが空間と干渉する際の作用を利用して飛翔し、投擲後は自力で位置と体勢を調節しながら戻ってくる。早い話がねずみ花火の凄い版である。
実はデザインが完成した時点では存在していなかった武装で、作中に登場するにあたって追加設定された。
この関係か放送当時に発売された立体物ではこの武装が付属しておらず、EXTENDED MS IN ACTIONで初めて再現された(ただしこの時点ではまだ別パーツで、本格的に着脱・変形も再現されたのはRGから)。

MA-M20 ルプス ビームライフル

ジャスティスのメイン武装。カラーリングが違うのみで、フリーダムが使っているものと同型。
核エンジンの恩恵により、デュエルやストライクなどのGAT-Xシリーズを始めとしたバッテリー駆動機のライフルを遥かに凌駕する出力と安定した威力を誇る。

MA-M01 ラケルタ ビームサーベル

格闘用武装。フリーダムと同じものだが、アスランは連結状態(アンビテクストラス・ハルバード)での使用を好む。
ゲーム作品などではサーベルを持ったまま手首を回転させてシールドのように使うこともある。

アンチビームシールド

フリーダムが使っているものと同型のラミネート装甲製シールド。
直撃したビームの熱をシールド表面で分散させてダメージを無効化させる。
ビームを長時間受け続けると熱拡散効率が悪くなり、シールドが変形してしまう。劇中ではカラミティのスキュラを受け止めてそのまま砲口までビームを押し戻した際に、シールド表面が焼け爛れたような状態となった。

MS支援空中機動飛翔体「ファトゥム-00」

本機の最大の特徴であるリフター。グゥルやインフェストゥスといったザフト製航空機の流れをくんでいる。普段は背中に装着されてメインスラスターとして機能し、戦闘時には分離して敵を攻撃したり、囮として使用したりすることが可能。サブフライトシステムのように上部に乗る事も出来る。
ビーム砲「フォルティス」2門、両側に旋回砲塔機関砲「ケルフス」2門、機関砲「フォルクリス」4門を内蔵している。

関連動画



立体物

過去に様々なブランドで出されてはいるものの、フリーダムと比べるとなかなか立体化の機会には恵まれない傾向が強い。また、アスランが搭乗した各機体のなかではインフィニットジャスティスの立体化が先行しがちという弊害があり、たいていインフィニット~の後に立体化される。

ガンプラ

1/144サイズはコレクションキットシリーズ、HG SEEDシリーズ、BB戦士シリーズ、RGシリーズにてラインナップ。
各々、劇中で使用した装備が同梱されておりHG1/144シリーズ、BB戦士シリーズではアクションを取らせることが可能。 更にファトゥム-00の分離⇔合体が可能なギミックが再現されている。
ただしフリーダムと違い、HG SEEDの発展型とも言えるHGCEでは未だに立体化は実現していない(インフィニットジャスティスは立体化済み)。

1/100サイズは長らくSEED1/100シリーズシリーズでしか展開されていなかったが、アニメ放送15年目の2017年6月についに初のMG化が決定した(インフィニットジャスティスの方は2008年10月にMG化している)。

アクションフィギュア

2000年代にはMS IN ACTIONおよびEXTENDED MS IN ACTIONで発売。
2012年のHDリマスター放送によりROBOT魂でも発売され、その後プレミアムバンダイ限定でMETAL ROBOT魂でも発売された。
フリーダムと違い、METAL BUILDでは一切発売されていない。

なおほとんどの立体物にも言えることだが、ファトゥム合体時頭部アンテナとフォルティスビーム砲がもろに干渉するため、細心の注意を払う必要がある(特にファトゥムを水平にして肩に載せる場合)。特にアンテナの方は細いため、気にせず動かしてたらアンテナがボキッと逝ったり、吹っ飛んで紛失したりなんてことも...
インフィニットジャスティスの場合は最新フォーマットのHGCEで干渉部分に可動軸を設けることでリスク回避を払った造形になっているが、無印ジャスティスにはデザインの関係上そういった機構は取り入れられていない。

余談

デザインの元ネタとなったのは『機甲戦記ドラグナー』に登場するドラグナー1型。SEEDの監督が新人演出家だった頃に同作に関わっており、飛翔翼型リフターや連結型サーベル等にそのリスペクトがあると語っている。

  • 講談社「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.3」において「装備換装型強襲用MS」という表記があり、ファトゥム-00以外の装備に換装する云わば「ザフト版ストライク」として本機が設定されていた可能性が窺える。
    • しかし、ファトゥム-00以外の装備が登場する事は無かった。ひょっとしたらドラグナーのようにキャバリアー0や仮設リフターに値する装備があったのかもしれない。
    • シャスティスの初期案によれば換装装備の一つとして「MAと合体する」という案がある。その形状はどっからどう見てもミーティアで、形や運用方法は変わってしまったが、ファトゥム-00以外の換装装備はしっかり登場していた。

関連イラスト

ジャスティスガンダム
ジャスティス



関連項目

機動戦士ガンダムSEED
アスラン・ザラ
フリーダムガンダム
インフィニットジャスティスガンダム

コルベット・ブースター:ファトゥム-00の運用方法はこちらに近い。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャスティスガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジャスティスガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154712

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました