ピクシブ百科事典

ユニウス条約

ゆにうすじょうやく

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場した架空の条約。
目次[非表示]

概要

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』において登場した架空の条約
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、急進派に対しクーデターを起こしたクライン派の議員、アイリーン・カナーバが臨時最高評議会として連合に対して停戦を呼びかけた後、
C.E.72年3月10日、地球連合プラント間に正式に停戦条約として締結された。
臨時最高評議会議長だったアイリーン・カナーバはナチュラルにかなりの譲歩を見せたこの条約に不満を抱いたプラント国民の不信任により、この条約を締結させた後、任をとかれた。
その後任として正式な議長になったのがギルバート・デュランダルである。

条約案

一.MSMA宇宙戦艦の数は人口、GDP、失業率等のパラメーターにより算出される。
一.双方賠償金はなし。
一.戦犯は国家ごとに独自に裁判にかける(国際法廷は開かない)。
一.プラントはジブラルタルとカーペンタリア以外の地球上の占領地を無条件で放棄。
一.双方、リンデマン・プラン遵守の査察を無条件・無制限で受け入れる。
一.MS等、兵器へのニュートロンジャマーキャンセラーの搭載禁止。
一.ミラージュコロイド技術の軍事的使用を禁止。
一.プラント及びザフト側条約監視団常駐基地や在地球公館の所在地として、ジブラルタルやカーペンタリアの使用を認める。
一.地球連合及び連合加盟国側の条約監視団常駐基地や在プラント公館として、ザフトの軍事衛星の一つを提供する。
一.プラント近くの軍事衛星が提供される。月は全域を中立地帯とするが、双方同数の拠点を置くことを認める。
一.地球連合は後にアルザッヘル基地を建設。地上の国境線および国家を戦前のコズミック・イラ70年2月10日の状態に復旧する。

よく指摘される疑問

なお、よくユニウス戦役において歌姫の騎士団がフリーダムを運用していることについて条約違反と指摘する方がいるが、条約は批准した国家間による国際合意であるのでそもそも国家ですらない彼女たちが守る義務はない。とはいえ、条約に批准したオーブの代表であるカガリがメンバーにおり、彼女もそれを公表しているのでグレーゾーンではある。また,あくまでも休戦協定に過ぎないため戦争が始まった時点で効力は実質的に失われる
同様の例として、

などがあげられる。

コメント