ピクシブ百科事典

ブルーコスモス

ぶるーこすもす

『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、イデオロギー及びその信奉者の諸集団の総称。
目次[非表示]

概要

コズミック・イラ世界における、反プラント・反コーディネイターを掲げる人々の諸集団あるいはそれが掲げるイデオロギー
スローガンは「青き清浄なる世界のために」

前駆組織はC.E.において地球圏の政財を牛耳ってるゆかいな仲間も輩出してることでお馴染みのアズラエル財団が作った自然保護団体
つまりかの財団のロビイストという「どこかで聞いたような来歴」がバックボーンになっているのだが、遺伝子操作によって生まれる人類【コーディネイター】が爆誕するとその存在は生命倫理違反として弾圧したり、反対デモを行い始める。

しかし国際法でコーディネイターの出産は禁じられたにも関わらず違法に生まれ続けるコーディネイターに不満を覚えた一部のブルーコスモスが過激派と化し、コーディネイターに対する迫害やテロを行うようになっていった。また、宇宙クジラこと地球外生命体「・エヴィデンス01」の発見以降その教義の矛盾から人気の落ちていたカトリックイスラムなどの宗教関係者達が新たなファン活動の場として合流していき、具体的な団体から集団の面も持つ一大イデオロギーへと変化していった。

ブルーコスモスの思想を持つ人間やそのシンパは非常に多く、経済界の大物や地球連合軍の軍幹部、政治家といった有力者にもブルーコスモスの賛同者がいる。
当然一般市民にも数多く賛同者が存在し、その殆どがナチュラルである。一方でコーディネイターの中にも出生に苦悩した末に反コーディネイター思想に生きる道を見出した者がいるため、極僅かだがブルーコスモスとなるコーディネイターもいる。
構成員を自称するものを含めて総数は数十万人程度と、規模そのものは地球全域に影響力を持つにしては中小レベルに過ぎないが、心情的にその主義主張に共感する人は世界中に存在するため、人数面の不利は存在しない。

地球とプラントの戦争の引き金となった「血のバレンタイン」は、ブルーコスモス派の地球連合軍将校が独断で核ミサイルを持ち込み発射させた事で引き起こされたという※1。

ブルーコスモス主義者の内、政治面で特に有力な人物を「盟主」と呼び、その「盟主」であるアズラエル財団出身のムルタ・アズラエルは軍の行動にも口出し出来るほどの力を持ち、対プラント戦争を強力に推進した。
しかしアズラエルは第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で乗艦していたドミニオンもろとも戦死してしまい、その後を継いでロード・ジブリールが「盟主」となった。



C.E0073では


地球連合軍内部に「ファントムペイン」という直属の独立部隊を配備させているのもブルーコスモスである。

なお、プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの演説により「母体」だとされるロゴスが「戦争を裏から操り、自分達の利益を生み出す死の商人」「人類が戦うべき真の敵」として断罪されたことにより民衆が蜂起、最終的にはジブリールがレクイエム攻防戦で戦死しロゴス共々壊滅させられた模様である。

ただし、「組織としての」ブルーコスモスが壊滅したとしても、前述のようにその主義主張に共感する人々は世界中に存在し続けるため、「イデオロギーとしての」ブルーコスモスが消滅することは決して無いと思われる。

※1 漫画作品「機動戦士ガンダムSEED Re」ではこの時の将校がアズラエルの腹心ウィリアム・サザーランドだったという扱いになっている。もっともTVシリーズ作中では月面基地での会議の折に「もう核は一度使ったんだから」というアズラエルの談に連合高官が「あれは君たちが勝手にやった事」という旨の反論を行っているのみに留まる。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ムルタ・アズラエル ロード・ジブリール
ロゴス ファントムペイン
ティターンズアロウズ:同じくガンダムシリーズの腐敗した地球連邦の組織

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED きどうせんしがんだむしーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーコスモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24584

コメント