2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ユーラシア連邦

ゆーらしあれんぽう

アニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する架空の国家、及び同国が有する軍隊。メイン画像はユーラシア連邦のMS「ハイペリオン」。
目次[非表示]

概要

西暦末期に勃発した再構築戦争(第三次世界大戦)の結果誕生した、ロシアEU諸国西アジア黒龍江省北海道による連邦国家。首都はブリュッセル。
旧プラント理事国の一つ。軍事要塞アルテミスを所有していた。
領内にはMS開発メーカーのアクタイオン・インダストリー社や大型MA開発メーカーのアドゥカーフ・メカノインダストリー社と言った軍事企業が軒を連ねている。

連合軍内でのユーラシア連邦

将校クラスの制服の色はフロスティブルー。
アルテミスにおいて大西洋連邦の秘密兵器であったG兵器とアークエンジェルの捕縛・確保を試みた地球連合軍はこちらであり、アークエンジェルを追ってきたクルーゼ隊との交戦でブリッツの侵入を許してしまい、堅牢と言われたアルテミスを失ってしまう。
さらに、アラスカ基地での防衛戦に友軍として招集を受け、部隊を展開してザフトを迎撃するものの、サイクロプスによる自爆と言う「友軍からの騙し討ち」を受けて部隊は壊滅する。
ザフトに勝つために友軍さえも捨て駒にする作戦内容から不快感を示し、独自にMS「ハイペリオン」の開発を行うなどの方法で大西洋連邦と大きな溝を作るが、大西洋連邦がNJCを得たことでこれを撤回、ハイペリオンの開発計画を凍結してダガーシリーズの供給を得る方向に舵を取る。
ブルーコスモスの影響が少ないとはいえ、研究施設から預かったカナード・パルスを道具のように扱っているなど、コーディネイターへの風当たりは強い。

続編のSEED Destinyでの出番も少ない。出ないわけではないが。
強いて言えば、ダガーシリーズを供給されるなどの大西洋連邦に攻勢に出られない政府に国民が反発を示しだしてその対応に頭を悩ませる事に、さらにロゴスの私兵であるファントムペインがそれらを勝手に鎮圧してしまい、大西洋連邦の発言力が強くなり、連合内での影響力は低下をしていく一方となった。
ちなみに、ファントムペインによってデストロイが初投入されて壊滅したのも管轄であるユーラシア連邦西部である。デストロイの製造元のアドゥカーフ・メカノインダストリー社はユーラシア連邦内の軍事企業であり、ロゴスによって国内で秘密裏に製造された上、その兵器で窮地に陥れられている事になる。
アルテミスの件といい、大西洋連邦のせいで毎度毎度と貧乏くじを引いてる気がしてならない。

主な組織・団体

アクタイオン・インダストリー社

ユーラシア連邦領内にある軍事企業で、地球連合軍ともザフトとも取引を行っている。戦闘車両メーカーからMS部門に参入した経緯を持つ。

アドゥカーフ・メカノインダストリー社

ユーラシア連邦領内にある軍事企業で、地球連合軍との取引を行っている。『DESTINY』から登場したザムザザーゲルズゲーユークリッドデストロイと言った大型MAの開発はこのメーカーがすべて担っており、光波防御シールド「陽電子リフレクター」のテストもこのメーカーが主に行っている。

関連タグ

地球連合(ガンダムSEED)

関連記事

親記事

地球連合(ガンダムSEED) ちきゅうれんごう

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました