ピクシブ百科事典

ストライクダガー

すとらいくだがー

ストライクダガーとは、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

地球連合軍が開発した初の量産型モビルスーツ。
GAT-X奪取によって他機の開発データが不十分であったことから、ベースにはストライクガンダムが選ばれている。元々は正式な生産型機体としてダガー(105ダガー)が設計されていたものの、戦時下において急速なMS普及が必要であったためPS装甲、ストライカーパックシステムといったものはオミットされており、いわゆる簡易量産機という位置づけである。

こうした機体仕様からコンセプトはむしろデュエルに先祖返りしたが、105ダガーよりも先行配備された都合からストライクダガーと命名されている。早期の戦力投入を可能とするためソフトウェアの完成を待たずに機体生産はスタートされ、ナチュラルの身体的な不利(コーディネイターに比べて劣るシナプス代謝速度)がボトルネックとなっていた神経接合の不適合は、あらかじめ決められた動作パターンをインプットした半自動操縦とすることで解決した。これは戦闘のパターン化から対処される新たな弱点も生んだが、敵機に対する多対一戦法を基本とする事で穴埋めしている。

簡易型とはいえハード面は優秀であり、ストライクで洗練されたX100フレームを受け継ぎ、その稼働性によって運動性においてはジンを圧倒する。兵装面においても通常装甲を一撃で破壊し得るビームサーベルとライフルを標準搭載し、戦争後半の投入ながら戦力の巻き返しに貢献した。一方で電波防護が不十分であることやユニウス条約後の環境では時代遅れな機体と化していき、大西洋連邦では退役。二線級の連合加盟国への払い下げやダガーLへの改装、MA用部品になる等の運命をたどった。

武装

M703 57mmビームライフル
連合軍が開発した初の量産機用ビームライフル。形状はストライクのものよりデュエルガンダムのものに近く、グレネードランチャーを装備する。
量産機という位置づけかビームの音はストライクと異なる。後のダガーLウィンダムも同様。

ES01 ビームサーベル
背部の1基のみ装備されている接近戦武装。ビームの色はイージスガンダムと同じく黄色。

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に内蔵されているバルカン砲。量産する前提の為、装備されているのは片方のみ。

対ビームシールド
耐ビームコーティングを施したシールド。ジンの重斬刀を受け止めることも可能。
初期設定ではストライクガンダムが使うシールドと同じものが使われる予定だったらしい。

パラシュートパック
背部のアタッチメントに装着されるオプション武装。上空の輸送機から降下する際に使われる。
但し、装着箇所の都合上ビームサーベルを外さなければならない。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
105ダガー ダガーL ウィンダム スローターダガー
バスターダガー デュエルダガー ロングダガー
ゲルズゲー
ストライクガンダム
ジム

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライクダガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17247

コメント