ピクシブ百科事典

バリー・ホー

ばりーほー

機動戦士ガンダムSEED MSV及びSEEDASTRAYシリーズの登場人物

概要

CV:中井和哉
元は廃棄された無人コロニー群転々とする放浪の武道家という、SEED世界では既におかしい経歴を持つ人物、ナチュラルでありながらコーディネーターを素手で倒すほどの強さを持つ。

偶然C.E.71年のオーブ解放作戦に巻き込まれ、クサナギに収容されてパイロットとなったが、それまでMSに触れたこともないのに、「神無」のマーキングがされたM1Aアストレイを駆り、僅か2ヶ月でエースパイロットに上り詰める。付いた異名は「拳神」。
ここまでならガンダム世界ではよくいるエースパイロットであるが、彼の真価はそんなものではない!。

C.E.のガンダムファイター

彼の場合は何と「」が使用でき、生身どころかMSでの戦闘も殆ど徒手空拳で行う。しかもMSに乗ったまま機体にそれを纏わせたり発勁でPS装甲ごと敵MSを破壊したりしている(そもそもSEED世界のMSは普通は素手で相手を殴る様には想定されていない)。

明らかに登場する世界観を間違えている!

他にも南アメリカ独立戦争の折には、搭乗していたストライクダガーが大破した際に、乗機のコックピットから目の前に居たダガーLの頭部まで跳躍し、そのまま蹴りで頭部カメラを破壊。18m近い高さから難なく着地し、人間など簡単にひき肉になるであろう105ダガーの12.5mm対人機関銃を喰らって軽傷で済んでいる

こんな事はスーパーコーディネーター強化人間だって無理である。完全にGガンダムのガンダムファイターの所業である。

そんな彼も東アジア共和国でのゲリラ活動中の、戦闘用に生み出されたコーディネイター「スー 」との戦いにおいて、スーの化け物じみた身体能力と学習能力の前に死亡してしまう。

コメント