ピクシブ百科事典

デュエルガンダム

でゅえるがんだむ

デュエルガンダムとは、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(G兵器 / 前期GAT-Xシリーズ)の1機。劇中での正式名称はデュエル(「ガンダム」の名称は本シリーズでは正規のものとしては存在しない)。

本機は前期GAT-Xシリーズの中で最初に完成したMSであり、将来の連合軍主力MSの基本形として、要求性能をバランスよく備えた汎用機というコンセプトで開発された。他の4機は、本機を基に各々のコンセプトに特化して開発されている。「デュエル=決闘」という名のとおり、本機は軽量な機体を活かした高い運動性能と、ビームライフルやビームサーベルを駆使した白兵戦を基本戦術としている。
またこの構成は、GAT-Xシリーズの技術を盗用して開発されたアストレイシリーズと類似している。
ザフトにより奪取され、以降イザーク・ジュールの乗機となる。
その後兄弟機であるストライクガンダムとの戦闘で中破し、改修を兼ねて追加武装「アサルトシュラウド」が追加される。
これによって火力と防御力は向上したが、アサルトシュラウドは前述のコンセプトをスポイルするかの如き重厚な装備であり、機動力の低下は否めず、有重力下、特に砂漠などではその自重を支えられないなど欠点も多い。

戦後はバスターガンダムと共に連合軍に返還され、博物館に展示されたと言われている。
発展形にアクタイオン・プロジェクトで再生産された機体を改修したブルデュエル、ライブラリアンで製造されたレーゲンデュエル等がある他、アサルトシュラウドのコンセプトはロングダガーデュエルダガーに受け継がれている。

武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル
ビームサーベル
対ビームシールド
350mmレールバズーカ「ゲイボルグ」(ゴールドフレームが持ち逃げしたため本編では未使用)

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
イザーク・ジュール

pixivに投稿された作品 pixivで「デュエルガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55025

コメント