2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

第1期GAT-Xシリーズ

だいいちきじーえーてぃーえっくすしりーず

第1期GAT-Xシリーズとは、大西洋連邦が開発した試作型モビルスーツ群。
目次[非表示]

【Welcome to M・O・S】
MOBILE SUIT OPERATION SYSTEM
 General
 Unilateral
 Neuro - link
 Dispersive
 Autonomic
 Maneuver
 (Synthesis System)

概要

大西洋連邦のMS開発計画「G計画」で開発された機体、通称『G兵器』とも呼ばれるデュエルバスターブリッツイージスストライクら5体からなるGAT-Xシリーズである。後発で出るGAT-Xシリーズの登場以降は、「初期GAT-Xシリーズ」「前期GAT-Xシリーズ」「第1期GAT-Xシリーズ」などの呼称に変化する。
パイロットのサバイバビリティに憤りを感じていたデュエイン・ハルバートンが立案した機体らしく、そのコンセプトは徹底した対抗措置と新技術の投入によってザフトのMSを圧倒するコズミック・イラ初の対MS用MSである。当時ザフトの主力兵装であった実体兵器はフェイズシフト装甲によって無効化され、逆にザフト機の平均的な装甲は携行型ビーム兵器によって容易く貫通する。Nジャマー下において重要となる機動戦(ドッグファイト)能力は人体の動作再現度を高めたフレーム構造による姿勢制御を採用し、運動性でも圧倒した。また、開発時には基本形・白兵戦型、砲戦型、奇襲型、機動戦強襲型、換装遊撃型とコンセプトを振り分けた機体をそろえる事によって部隊運用のシミュレートや、後の量産型で最も適切な種別のトライアルを加味している。

画期的な点としてインナーフレームの共通構造を取り入れた点にあり、相応に機体操縦性も近似するため、コーディネイターに比べて身体能力の劣るナチュラルでも機種転換が容易である。

資源コロニー「ヘリオポリス」で製造された機体の内、デュエルバスターは第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦まで乗り越えて戦後は地球連合軍に返還されている。それ以外の機体はいずれも爆散もしくは原型を留めないほどの大破という最期を迎えている。
後にアクタイオン・インダストリー社がファントムペインが主導するMS改良計画「アクタイオン・プロジェクト」のためにOEM生産を委託、第1期GAT-Xシリーズの再生産が行われる。
オーブ連合首長国では、極秘に製造していたストライクの予備パーツと同国の最新技術を惜しみなく投入してオーブ製のストライクが開発されている。

新型OS

操縦系統は既に標準化されていたパイロットとの神経接続方式を導入し、その分散処理をスムーズに行うナチュラル用の新型OSを採用した。キラ・ヤマトが起動画面に表示される単語の頭文字GUNDAMをとって「ガンダム」と呼んだ事がきっかけで、その特徴的な頭部デザインも相まって、後にコズミック・イラにおけるガンダムタイプとして一連の構成は拡散されていく事となる。

キラ「ここにはまだ人が居るんです! こんな物に乗ってるんだったらなんとかしてくださいよ!!」
  「無茶苦茶だ、こんなOSで…これだけの機体を動かそうなんて……
マリュー「まだ、全て終わって無いのよ。仕方ないでしょ」

ただし、鳴り物入りの新型OSは構築が完全でなかった事もあってまともな動作も出来なかったため、四機は強奪の際にOSを書き換える形で対応して、最後のストライクはキラがOSを最適化した事で運用してみせた。

型式番号

最初期機体であるため10の位の番号はすべて0番台となる。

該当機種

GAT-X102 デュエル
GAT-X103 バスター
GAT-X105 ストライク
GAT-X207 ブリッツ
GAT-X303 イージス

亜種

MBF-02 ストライクルージュ

関連タグ

地球連合製のMS・MA・戦艦

関連記事

親記事

GAT-Xシリーズ じーえーてぃーえっくすしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「第1期GAT-Xシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5147

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました