ピクシブ百科事典

デュエイン・ハルバートン

でゅえいんはるばーとん

デュエイン・ハルバートンとは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「君の力は魅力だが、君だけで戦争は終わらない。うぬぼれるな。意思のない者に何もできんよ」
CV:龍田直樹

人物

地球連合軍第8艦隊司令官
階級は准将(という設定の筈だが、アニメで身に付けている階級章を確認するとは少将となっている)。
乗艦はアガメムノン級戦艦「メネラオス」

マリュー・ラミアスの直属の上司でかつての恩師。ブルーコスモスの過激な思想に染まっている連合の将官・上層部の中でも、唯一の常識的で穏健派な人物と言っても過言ではない。
そのため、現場の人間の犠牲を紙面上での数字でしか知らず、自分の利益を優先して軍本部の腐敗した上層部を「馬鹿な連中」と痛烈に批判しており、当の本人も上層部からは陰口を叩かれるなど疎まれている。後述の件もあり、軍の名門の出身であるナタルや副官であるホフマン大佐ともあまり良好な関係とは言えなかった。

かねてからザフトとの戦争に勝利するためには、従来の戦艦モビルアーマーによる物量戦だけではなくモビルスーツが不可欠であると考えており、後に「ガンダム」と呼ばれるモビルスーツ「G兵器」の開発プロジェクトを提唱した。
当初は却下されたものの、賛同者達の協力でプロジェクトは進行し、2年後にGAT-Xシリーズとダガーシリーズとなって現実のものとなり、ザフト軍の攻勢を押し返す原動力となった。

厳格にふるまいつつも冷静な判断力や固定観念にとらわれない柔軟な発想を併せ持ち、ラウ・ル・クルーゼからも「知将ハルバートン」と称された。

コーディネイターに関しての考えは詳しくは不明だが、キラ・ヤマトにも一定の理解を示し、気さくに話しかける場面もあった。上記のセリフはその時のものである。強力な戦力となったキラを(強制)入隊させようとキラの両親を人質にするよう進言するナタル・バジルールにデスクを叩いて激怒するなど、その端が見える。

アークエンジェル地球降下時には第8艦隊を率いて護衛に回り、追撃して来たクルーゼ隊から最後の最後までアークエンジェルを守り抜いたが、第8艦隊は壊滅し乗艦するメネラオスも特攻をかけて来たガモフを至近距離から爆撃して撃沈させたが、著しく損傷を受け同時に大気圏からの離脱も出来なくなったため、乗員と共にアークエンジェルに敬礼し、燃えつきる艦と運命を共にした。

余談だが、劇中では一貫して「ハルバートン提督」と呼称されており、フルネームが発覚したのは本放送時から暫く経ってからである。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

外部リンク

ニコニコ大百科

コメント