ピクシブ百科事典

レナ・イメリア

れないめりあ

『機動戦士ガンダムSEEDMSV』の登場人物。
目次[非表示]

概要

性別女性・ナチュラル
年齢27歳
所属地球連合軍、大西洋連邦
搭乗機デュエルダガーバスターダガー、ソードカラミティ(初号機)

CV:向殿あさみ

経歴

地球連合軍カリフォルニア士官学校にて教官を務めていた女性パイロット。エドワード・ハレルソンジェーン・ヒューストンの他、本来の初期GAT-Xシリーズのパイロット達の教官でもあった。頬筋から背中にかけて舞い散る桜の花弁のような痣があり、更にMS戦において高機動によって相手を撹乱し、ミサイルの乱射で大破させる戦法から「乱れ桜」の異名を持つようになる。

厳格な中にも女性らしさを見せる人物で兵士達からの人気も高かったが、コーディネイターとの紛争で弟を亡くしており、コーディネイターに対して強い憎しみと殺意、異常なまでの差別意識を抱くようになってしまっている。

コーディネイター並みの反射神経を持ち、MSを自在に操ることのできる数少ないナチュラルであり、MSパイロットの教官を務めた後、デュエルダガーやバスターダガーを駆って前線に立ち、数多くの戦果を挙げている。「乱れ桜」の所以たる戦法とバスターダガーによる活躍から砲撃戦のエキスパートと思われがちだが、ソードカラミティでエドワード・ハレルソンと互角に渡り合うなど、接近戦でも高い技量を誇るオールラウンダーである。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後においてもコーディネイターに対する憎悪は収まらず、勃発した南アメリカ独立戦争においてエドに対する最後の刺客としてソードカラミティ初号機と共に送り込まれ、エドのソードカラミティ2号機を終始圧倒するも、乗機を撃破され瀕死の重傷を負った。
その際、ジェス・リブルによってエドと共にザフトの基地に搬送され、皮肉にも憎悪の対象であるコーディネイターによって命を救われることになる。その後は軍に復帰したが、コーディネイターに対する考え方が変わったかどうかは不明。


関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY 機動戦士ガンダムSEEDMSV

pixivに投稿された作品 pixivで「レナ・イメリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430

コメント