2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第1期GAT-Xシリーズの完成を皮切りに、普及品として開発された制式採用型のMS群。第1期GAT-Xシリーズで検討されていた部隊運用や後続機での有用性を検証するトライアルはヘリオポリスにおける強奪事件によって早々に頓挫したため、開発ベースはGAT-X105 ストライクに絞られた。

105ダガー


これを元に設計されたフルスペックの主力量産機がダガーであったが、戦局の推移に伴い性能をダウングレードしてでも戦力の普及が求められたため、簡易型としてストライクダガーが開発される。

その後、ストライクダガーのアーキテクスチャーを元にダガーのスペックを新規製造・改装の双方で再現できるように作られた機体がダガーLである。いずれもG兵器の携行型ビーム兵器や100系列フレームといった基本フォーマットは採用し、標準的な性能を引き継ぐ。一方で、デュアルアイには防護ゴーグルを装着した方式をとっている。

操縦系統は第2期GAT-Xシリーズとコクピットの仕様はまったく同じ物を使用し、半自動操縦式を採用している。MSを動かすOSがブーステッドマン用かでナチュラル用かで違うことくらい。

その一方で地球軍内における少数のコーディネイターやブーステッドマンの能力を生かすべく、性能向上型のロングダガーも開発されている。また、バスターダガーやNダガーNのように鹵獲されたG兵器の性能を再現した機体も導入されるが、その生産数は少数に留まる。
一連の「GATシリーズ」の現時点での最終生産型はウィンダムであり、ナチュラルのパイロットであっても原機であるGAT-X105 ストライクのスペックを標準的に達成している。機体の素性やバックパックのリミッターも含めた場合、乗り手次第ではそれ以上である。

GATシリーズのフレーム

ダガー系フレーム
X100系フレームの内、GAT-X105 ストライクの基本フレームを参考に、制式採用した量産用のフレーム。
ミラージュコロイドを用いるNダガーNもここに含まれる。

700系フレーム
X200系フレームをベースに、海中戦を目的としたチタニウム耐圧殻を採用し、本体の対水圧性を確保した特殊なフレーム。

300系フレーム
制式採用されたX300系フレーム。航空戦力のレイダーに採用されている他、実験機のワイルドダガーも含まれる。

該当機種

ダガー系フレーム
GAT-01 ストライクダガー
GAT-01A1 ダガー105ダガー
GAT-01A2R スローターダガー105スローターダガー
GAT-A01/E2 バスターダガー
GAT-S02R NダガーN
GAT-01D ロングダガー
GAT-02L2 ダガーL
GAT-04 ウィンダム
700フレーム
GAT-706S ディープフォビドゥン
GAT-707E フォビドゥンヴォーテクス
300フレーム
GAT-333 レイダー(制式仕様)
GAT-X399/Q ワイルドダガー※1
※1 この中でワイルドダガーのみは鹵獲したガイアガンダムのコピーモデルであり、厳密にはダガーシリーズとは別系統の機体である。しかしながら、生産パーツの多くはダガーシリーズのものに置き換えられているほか、多数が配備され相応の機数を持つ。

関連タグ

地球連合製のMS・MA・戦艦

関連記事

親記事

地球連合製のMS・MA・戦艦 ちきゅうれんごうせいのもびるすーつもびるあーまーせんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「GATシリーズ」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました