ピクシブ百科事典

ジムシリーズ

じむしりーず

地球連邦軍の量産型MS『ジム』の系譜に属する機体の総称。ジム系列とも言われる。
目次[非表示]

RGM-79 ジム

ジム


1stガンダムに登場する初代ジム。劇中ではザクⅡと並ぶやられ役だったが、ボールと共に物量を持って連邦軍を勝利に導いた。この機体から膨大な派生機・後継機が作られていった。ちなみに機体名は「Gundam type Mass-production model」の略称。

派生機・バリエーション

ジム・トレーナー
ジム・キャノン
ジム・ライトアーマー
ジム・スナイパーカスタム
アクア・ジム
水中型ガンダム
陸戦用ジム
デザート・ジム
装甲強化型ジム
ジム・ガードカスタム
ジム・インターセプトカスタム
ジム・ナイトシーカー

RGM-79[G] 陸戦型ジム

RGM-79 陸戦型ジム


ガンダムの実働データが得られる前に完成した先行量産型。陸戦型ガンダムの量産ラインを転用して開発されたため性能はジムより高い。ブルーディスティニーは当初、本機をベースに開発が進められていた。

派生機・バリエーション

ジム・スナイパー
先行量産型ジム
ブルーディスティニー1号機

RGM-79G・RGM-79GS ジム・コマンド

RGM-79G ジム・コマンド(宇宙用)


初代ジムを設計図通りに作った機体。カタログスペック上はガンダムと同等(一部の機体はガンダム以上)の性能を持つが、劇中では専らやられ役である。地上用と宇宙用の2つの仕様がある。

派生機・バリエーション

ジム寒冷地仕様
ジム・コマンド・ライトアーマー
ジム・スナイパーⅡ
ジム・スパルタン
ハイブースト・ジム

RGM-79C ジム改

GM改


一年戦争末期に先行試作型が投入され、戦後に連邦軍の主力機となった機体。ジム・コマンド同様、地上用と宇宙用が存在する。

派生機・バリエーション

パワード・ジム
ジム改高機動型
ジム・スナイパーⅢ
ジム・ストライカー
ジム改 ワグテイル

RGM-79N ジム・カスタム

ジムカスタム


ジムの上位機種。ジムをベースにオーガスタ研究所の技術が組み込まれており、特長がないのが特徴とまで評されるほど無難で安定した機体性能を持つ。エース用の少数量産機ながらグリプス戦役時にも運用されていた。

派生機・バリエーション

ジム・カスタム高機動型
ジム・キャノンⅡ
ジム・クゥエル

RGM-79R・RMS-179ジムⅡ

RGM-79R ジムⅡ


ジムの改修型。カタログスペック上ではガンダムを上回るが、グリプス戦役序盤からすでに旧式化しており新鋭機相手にとって代わられていった。宇宙世紀0096年時点でも戦略的価値の薄い拠点などで運用されていた。

派生機・バリエーション

ジムⅡ・セミストライカー

MSA-003 ネモ

ネモ


アナハイム・エレクトロニクス社がエゥーゴの主力量産機として開発した機体。厳密にはジム系ではないが、ジム・スナイパーⅡの設計を踏襲しており、ムーバブルフレームやガンダリウム合金製の装甲を採用している。『機動戦士ガンダムUC』では後述のジムⅢ共々、首都ダカールの守備隊として登場した。

派生機

ネモ・カノン
ネモ・ディフェンサー
ネモ・ハイマニューバ
ネモ改
ネモⅡ
ネモⅢ
ネロ
ネロ・トレーナー

RGM-86R ジムⅢ

ジムIII(RGM-86R)


ジムⅡの設計を大幅に見直し、ガンダムMk-Ⅱの技術を組み込んだ革新的な機体。総合性能はMk-Ⅱと同等であり量産機としては高い部類に入るが、ジェガンの登場により800機程が作られた段階で生産が中止された悲劇のMS。『機動戦士ガンダムUC』にも登場する。

派生機・バリエーション

ヌーベルジムⅢ

RGM-89 ジェガン

ジェガン


アナハイム・エレクトロニクス社が、ジム系MSの技術とネモの技術を統合して開発した機体。高い信頼性と操縦性を持っており、開発から60年後においても警備用として運用されていた。ちなみにメインカメラはモノアイ

派生機

スターク・ジェガン
ジェスタ
グスタフ・カール

RGM-109 ヘビーガン

RGM-109 ヘビーガン


ジェガンの設計を元に開発されたジム系初の小型MS。しかし性能面では要求水準に達しておらず、その後の寄より高性能な小型MSへの繋ぎ役として扱われた、しかしそれでも主力量産機として一定数が生産され、使用された。『機動戦士ガンダムF91』に登場し、その後『機動戦士Vガンダム』でもマケドニアコロニー軍仕様に改修された物が登場した。

派生機

ハーディガン

RGM-119 ジェムズガン

シュラク隊の防壁


ヘビーガンの後継機として開発された機体。出力が不足しており、作業用とすら揶揄されてしまっていたが、地球内の各環境下における汎用性が評価されて地上各地で使用された。『機動戦士Vガンダム』にも登場したが、その時点では既に旧式となっていた。

RGM-122 ジャベリン

ジャベリン


ジェムズガンとほぼ同時期、数年後に開発された機体。名前の通りジャベリン・ユニットと呼ばれるショットランサーを装備しているのが特徴。宇宙世紀0150年代の連邦軍の主力量産機だが、ジェムズガン同様旧式化は否めない。

派生機

ジャベリンキャノン

RGM-196 フリーダム


地球連邦軍が崩壊までの最末期に使用していた機体。この機体を改修したFセイバーをベースにGセイバーが開発された。『G-SAVIOUR』にサイド8・ガイアのMSとして登場したが、既に旧式だった上に整備が行き届いておらず、標準の装備も揃っていない有様であった。

他のシリーズにおいてジムポジションに相当する機体

ノブッシ機動武闘伝Gガンダム
リーオー(新機動戦記ガンダムW)
ドートレス (機動新世紀ガンダムX)
ストライクダガー機動戦士ガンダムSEED
105ダガー機動戦士ガンダムSEEDMSV
ダガーL機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ダークダガーL機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ウィンダム機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
スローターダガー機動戦士ガンダムSEEDC.E.73STARGAZER
アルヴァアロン機動戦士ガンダム00
AEUイナクト機動戦士ガンダム00
ユニオンフラッグ機動戦士ガンダム00
GN-X機動戦士ガンダム00
GNアーチャー機動戦士ガンダム00
ジェノアス(機動戦士ガンダムAGE)
シャルドール(機動戦士ガンダムAGE)
アデル機動戦士ガンダムAGE
クランシェ(機動戦士ガンダムAGE)
カットシー(Gのレコンギスタ)
ムアルジ (SDガンダム外伝)
ガウッサ (ガイア・ギア)
イデオン伝説巨神イデオン
余談だが、機動戦士ガンダム劇場版・めぐりあい宇宙ではスタッフの遊び心でジムの顔が1コマだけイデオンのものに変わるシーンが存在している。

関連タグ

ガンダム 宇宙世紀 地球連邦軍 4月6日

pixivに投稿された作品 pixivで「ジムシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2359

コメント