ピクシブ百科事典

ユニオンフラッグ

ゆにおんふらっぐ

ユニオンフラッグとは、『機動戦士ガンダム00』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ユニオンフラッグとは本来イギリス国旗を指す。
pixivでは区別のため、ユニオンジャックが使われている。

機体データ

機体番号SVMS-01
頭頂高17.9m
本体重量67.1t
所属ユニオン→地球連邦軍、カタロン
パイロットグラハム・エーカー、ユニオン兵→地球連邦軍兵、カタロン兵


概要

ユニオンの次世代型可変MS「Solresived Viliable(ソルレシーブド・ヴィリアブル)」シリーズの第1弾として開発されたユニオンリアルドの後継機。2307年時点で、同国最新鋭の量産機でもある。設計主任はレイフ・エイフマン教授。

主電源はGNドライヴ機普及以前の機体ゆえにバッテリー。駆動方式はモーター方式。飛行型MSらしく大気圏内での推進方式は電流で着火したプラズマを使用したジェットエンジンである。基本骨格はカーボンフレームで構成されており、炭素分子結合体内にジェットエンジン用の主燃料である水素を分子レベルで浸透させている。このため、燃料スペースおよび供給用のパイプラインを撤去することが可能となり、機体の大幅な軽量化に成功している。

また、リアルドと違い換装作業無しでの変形が可能だが、仕様上は空中変形には対応していない。ただし、パイロットの技量次第では可能であり、この変形を伴う空戦機動は最初に空中変形を披露したグラハム・エーカー中尉の名前を取って「グラハム・スペシャル(あるいはグラハム・マニューバ)」と命名されている。

最新鋭の機種故、配備は十分ではなく、ユニオンではMSWADを始めとした精鋭部隊への配備が優先されている。そのためフラッグのパイロットはフラッグファイターと呼ばれている。
『2nd』では擬似太陽炉搭載機の登場で本格配備前に生産が打ち切られたことで、連邦正規軍カタロンを問わず希少な機体となっている。

なお、ファーストシーズンで主に活躍した機体は大気圏内用の装備であるため、宇宙で運用する際は使えないジェットエンジンは撤去される。そのためオービットパッケージを装備し、宇宙型として投入される(これはAEUのイナクトや旧式機のリアルド、ヘリオンも同様)。

武装

リニアライフル
その名のとおり電磁力で弾丸を高速射出する口径120mmの主兵装。電圧を調節することで破壊力の大きい単射モードと、高速戦闘に対応した連射モードを選択することが出来る。フラッグ用のものは機体同様、貴重な扱いを受けているらしく、劇中で本兵装をエクシアに破壊された際にグラハムは「始末書ものだ…」と言及している。

ソニックブレイド(プラズマソード)
超高硬度カーボン製のアサルトナイフ。刃を高周波振動させ切断力を増大させる。また、刀身からプラズマを発生させ剣状に収束するプラズマソードを装備する機体もある。このプラズマの収束機構は、ビームサーベル開発の過程で生み出された技術を転用したものである。

ディフェンスロッド
左腕の防御装備。回転するローターに適切な傾斜角で敵弾を着弾させ跳弾させる。また、着弾の瞬間にはプラズマフィールドが展開される。空戦機の観点から、重量負担の大きい通常のシールドを装備出来ない機体のために用意された。

20mm機銃
腹部ドラムフレーム左側に内蔵された機銃。ミサイル迎撃や威嚇射撃、対人戦闘など幅広い用途を持つ。

ミサイル
フラッグのミサイルは、脚部内装式と主翼、副翼下に設置される懸架式の2種が存在する。

関連イラスト

フラッグ
ユニオンフラッグ



関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00
グラハム・エーカー ビリー・カタギリ レイフ・エイフマン ハワード・メイスン ダリル・ダッジ
ユニオンリアルド ユニオンフラッグカスタム オーバーフラッグ マスラオ スサノオ ブレイヴ

関連記事

親記事

ユニオン ゆにおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユニオンフラッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156714

コメント