ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レイフ・エイフマン

れいふえいふまん

レイフ・エイフマンとは、TVアニメ『機動戦士ガンダム00』の登場人物。(メイン画像右)

CV:土師孝也

概要

世界的に有名なユニオンの技術者。73歳。機械工学、材料工学など、あらゆる工業分野に精通しており、その見識の深さを見込まれて、対ガンダム調査隊に技術主任として招聘された。


グラハム・エーカーの依頼を受けてフラッグの強化改修を行い、僅か一週間カスタムフラッグを完成させている。

ユニオンの技術顧問ビリー・カタギリと、ソレスタルビーイングの戦術予報士スメラギ・李・ノリエガの大学時代の恩師でも在る。

また、麻薬紛争の原因として心底嫌っており、タリビアにガンダムが現れた際には、目的が麻薬畑を焼き払う事と見抜き、出撃しようとするグラハムを引き止めている。

独自にGNドライヴの研究を行い、その本質に迫る事で、イオリア・シュヘンベルグには戦争根絶とは異なる真の目的が在るとする結論に達した。

しかしその直後、「You have witnessed too much…(あなたは知りすぎた)」という何者かからのメッセージと共に、チームトリニティによりMSWAD本部が襲撃され、スローネドライと連結したスローネアインによるGNメガランチャーの直撃を受けて、死亡した。


しかし、死後も物語に大きな影響を残しており、何と2ndシーズンにてビリーが彼の遺したメモからトランザムを再現する。

これだけだと何が凄いか分からないかもしれないが、エイフマンが死亡した時点ではまだトランザムは登場していない

つまり、イオリア以外誰もトランザムの事を知らない時点でトランザムの存在に行き付いていた

後にビリーが「トランザムを実装出来る技術者」としてソレスタルビーイング号に招かれた事から、リボンズ・アルマークもこの事には相当驚き、高く評価したと思われる(尤も、エイフマン抹殺の黒幕は恐らくリボンズであると考えると皮肉では在るが)。


また、劇場版に登場するフラッグの発展機であるブレイヴには彼の名を冠した『LEIF』という専用OSが搭載されている。


関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00

ユニオン ユニオンフラッグ ユニオンフラッグカスタム オーバーフラッグ

グラハム・エーカー ビリー・カタギリ スメラギ・李・ノリエガ

トランザム

関連記事

親記事

ユニオン ゆにおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6958

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました