ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

機体番号GNW-003
頭高長19.4m
本体重量67.7t
所属ソレスタルビーイング
パイロットネーナ・トリニティ


概要

末妹ネーナ・トリニティが搭乗するガンダムスローネの3号機。ドライはドイツ語で「3」の意味。
機体各部に大容量のGNコンデンサーを搭載しており、スローネアインへの粒子供給や、GNステルスフィールドによるジャミングなど、戦闘支援能力に優れている。その反面、武装は必要最低限のものしか持たず、本格的な交戦はあまり想定されていない(それでも、太陽炉非搭載機相手なら充分戦えるレベルではある)。
これは、アイン・ツヴァイと共に行動する事を前提として設計されているためである。
コクピット内部には、AIロボット「HARO」を設置するための台座が用意されており、操縦支援等を行っている。
苛烈だが目的のある武力介入を行っていたトリニティにおいて唯一、無関係の民間人に対する虐殺(ルイス・ハレヴィの家族と親族を殺害した)を行った機体であり、その事がガンダムに対する否定的な世論を決定づけることとなった。
2nd Seasonではネーナが操縦する武装コンテナユニット「リィアン」の内部に格納されており、劇中後半にて1度のみ登場。王留美の乗る小型艇を撃墜し殺害したあと、直後に現れたルイスの搭乗するレグナントとも交戦するが、圧倒的な性能差の前になす術もなく撃墜された。

武装

GNステルスフィールド
背部のユニットとGNシールドからGN粒子を雲のごとく大量に放出し、広範囲のジャミングを行う。その放出粒子量・制御可能範囲は他のガンダムの数十倍にもなる。
ただし当然大量に粒子を消費するため、他の武装での粒子消費は最小限に抑える必要がある。

GNハンドガン
基本的にはツヴァイのものと同じだが、ドライは右腕に装備しており、また粒子消費を抑えているため威力は低い。しかし…

ネーナ:みんな死んじゃえばいいよ!』

GNビームサーベル
スローネ共通の装備。

GNシールド
左肩に装備するシールド。GNステルスフィールド使用時に展開するほか、限定的ながらセンサーとしての機能も有する。

GNシールドポッド
右腕に装備するシールド。内部に7つのブロックを持ち、任務に応じてミサイルや予備のビームサーベルなどを収納できる。

派生機

リィアン

ちんまいネーナ2nd


機体番号GNW-003/SH
所属王商会
パイロットネーナ・トリニティ

Second Seasonに登場した武装コンテナユニット。擬似太陽炉を搭載しており、宇宙・重力下での運用が可能。スローネドライが王商会によって輸送機に偽装された姿である。
ステルス性の高さから主に偵察等に用いられるが、装備されたGNロングライフルによってある程度の戦闘もこなせる。このGNロングライフルは、砲塔を取り外してスローネドライのGNハンドガンに合体させる事が可能。
劇中ではアロウズの襲撃を受けたカタロンの救援・物資運び出しのほか、イノベイターと交戦するダブルオーライザーの援護も行った。

余談だが、実はこの「リィアン」という名称は劇中では用いられずデザイナーも知らなかったらしい(単に「偵察機」と呼ばれていた)。

ガンダムスローネドライ トゥルブレンツ

スローネドライに追加武装ユニットを装着した形態。トゥルブレンツはドイツ語で乱気流の意。
ドライ用の詳細は不明だが、コンテナユニットにはGNステルスフィールドを搭載する。なお、腰のGNファングコンテナは空となっている。

アルケーガンダムドライ

ネーナ・トリニティとリジェネ・レジェッタがリボンズ・アルマークにアルケーガンダムの支援機としてプランを提出し、設計されたとされる機体。
詳細は当該記事にて。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダムスローネ 鷲尾直広

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION:劇場版機体中の人搭乗している。ちなみに別の機体には

関連記事

親記事

ガンダムスローネ がんだむすろーね

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムスローネドライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17035

コメント