ピクシブ百科事典

チームトリニティ

ちーむとりにてぃ

チームトリニティとは、機動戦士ガンダム00に登場する勢力の一つである。
目次[非表示]

概要

ソレスタルビーイング』のセカンドチーム。三人ともガンダムスローネのパイロットである。
ヨハンの話によると、血の繋がりはあるらしい。外伝作品『機動戦士ガンダム00I』により、アレハンドロ・コーナーの依頼を受けた医師クレーエ・リヒカイトの手によりリボンズ・アルマークの遺伝子から作り出された事が判明する。三人のうちネーナはミーナ・カーマインの先祖の遺伝子をベースとしていることから、チーム・トリニティらもイノベイド同様にかつてソレスタルビーイングに協力した科学者の塩基配列をベースとしていることが伺える。

当初はヴェーダのデータ上にも存在しないプトレマイオス側から見ても謎の部隊だったが、その正体は計画への介入を目論む監視者のアレハンドロ・コーナーの意向を受けて作られた存在であり、同じく監視者のラグナ・ハーヴェイからの指示で、プトレマイトスのガンダムマイスターとは別に武力介入を行っていた。そのやり方は徹底的に相手を潰すという非常に過激なもの。(プトレマイオスチームやそこに所属するガンダムマイスター達のやり方は、ぬるいとして露骨に見下している)
民間人が働いているアイリス社を襲ったり、挙句の果てにはネーナの気まぐれでルイス・ハレヴィがいるスペインの保養地で開かれていた結婚式を襲撃。彼女を含む何の罪もない民間人を虐殺すことにも躊躇しないなどそのやり方は下手なテロリストよりも質の悪いものだった。
実は彼らが作られた裏の目的は世界の敵意をソレスタルビーイングに集めて統一を促すというものであり、その目的こそ果たしたものの、逆に刹那・F・セイエイも彼らを「紛争幇助の対象」として、ティエリア・アーデロックオン・ストラトスと共に武力介入を行い、プトレマイオス側からも完全に決別されてしまうのだった。

最終的にはアレハンドロの裏切りによってネーナを残し壊滅する。

余談

尚、名前の「トリニティ」はキリスト教における三位一体の意味もあり、三兄弟のうちヨハンはヨハネ、ミハエルはミカエルと聖書に登場する預言者や天使の名のドイツ語系である。ネーナもまたドイツの名詞であるが、彼女は「幼い子」と聖書とは関わりがない命名。

メンバー


関連イラスト

トリニティ。
トリニティ3兄妹


悪役兄妹
よく頑張ったな



関連タグ

機動戦士ガンダム00 ソレスタルビーイング ガンダムマイスター

関連記事

親記事

ガンダムマイスター がんだむまいすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チームトリニティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9849

コメント