ピクシブ百科事典

イノベイド

いのべいど

アニメ『機動戦士ガンダム00』に登場する人造人間。
目次[非表示]

概要

イオリア・シュヘンベルグが予見した「純粋種」のイノベイターを模して作られた人造人間
ヴェーダとリンクして情報収集や計画の遂行を為すとともに、人類の「純粋種」への覚醒を促進する役割を持っていたが、リボンズ・アルマークなどが人類の踏み台となることを受け入れず「自分たちこそがイノベイターだ」と宣言して反逆したことによってその存在意義が歪んでいくことになる。
ヴェーダへの干渉や作戦内容の告示など、イノベイド内でも一定の地位があり、リボンズがヴェーダ全ての権限を掌握する立場であるのに対し、ティエリアはアクセス権はあれど、一定レベル以上の機密をヴェーダと一体化するまでは知ることが出来ていなかったなど、個体差がある。


ナノマシンによる補助もあって不老長寿であり、戦闘面においても「純粋種」と同様に脳量子波を使用可能で彼等に引けを取らない。
ただし、リボンズをはじめとして「人間よりも優れている」と言う自負心から人類を見下す者が多く、それ故に慢心してしまう側面もある。
その結果ヴェーダに依存し過ぎ経験の差でマイスターたちに苦戦したり、突如飛び出したハロにもてあそばれたりといった醜態を晒す者も多い。
特にヒリングはアレハレ無双の前にほぼ一方的に叩き潰され、リヴァイヴもライルの見せ球に引っかかる形で撃墜されている。

機体としては、「GNZシリーズ」(通称「ガ系」)のものを使用する。

一応、彼らは「イノベイターの模倣品」なのだが、TV版においてリボンズらが自身らを「イノベイター」と称していた影響で、リボンズらの集団を「イノベイター」と呼ぶことも多い。
ただし、劇場版00以降は、「純粋種」に覚醒した刹那デカルトがいるため、「イノベイド」の方の呼称が一般的である。

性別の取り扱いについて

基本的には無性別なのだが、人間社会と馴染ませるために、情報収集を行う個体には性別が与えられている。
逆に、戦闘を目的とした「マイスター型」と呼ばれる個体は、社会に馴染む必要が無いため性別を持っていない。

ただ、このような無性別設定の生物でも『体内の余剰水分および老廃物を破棄する身体構造の大部分がどのように機能するのか』という生物学的に絶対必要な身体構造がある。これには日常生活で蓄積された毒素の除去が行われるので、仮に排尿機構が無い場合、体内毒素を人工透析なり光合成で破棄する・汗だけで全てを済ますと言った、特殊な方法を取る必要があると思われる。

誕生経路

イオリアは複数の研究者から得た遺伝子を元にイノベイドを誕生させている。
現在までのイノベイドはすべてこの提供遺伝子を元に誕生されており(性別のあるイノベイドが自然出産した、という情報源求む)、基礎塩基配列を元にして戦闘型・情報収集のいずれかで誕生する。


殺害されたとしても意識はヴェーダ内に残り、予備の肉体を用いて復活することも可能である。(マイスター型のみに付与された機能の可能性もある。)
そのため、愁い皆無で自爆特攻を行うことも可能。


元なったサンプル数が少ないのか、リボンズとヒリングティエリアリジェネのように塩基配列パターンが同じ場合、容姿も似たようなものになる。
特に後述する塩基配列パターン0666の個体は画面を埋め尽くさんばかりの数が登場しており、最終決戦の場では特攻兵器ガガに搭乗して盛大に散っていったうえそれでもまだ相当数残っており(或いは新規生産されたか)、劇場版ではソレスタルビーイング号の作業員やガガキャノンのパイロットとして大量に登場する。

ヴェーダの情報端末である情報収集型は無自覚なままリンクが特定周期で繋がっている以外、普段はイノベイドとしての自覚は無いが、手順を踏めばイノベイドとして覚醒可能。
このような情報収集型のイノベイドは世界中に散らばっており、その数は2万人とも言われる。第二期最終回・劇場版では、これまでに登場したイノベイドと似通った姿の人物たち(リボンズも例外ではない)が一般人として登場、生活している様子が見て取れる。
これらイノベイドの視野を通した情報は量子脳からヴェーダに送られ、ヴェーダそのものによるネットワークの監視と併せ世界はある種ヴェーダの監視下に置かれている。
外伝作品『ガンダム00I』では各産業やカタロンのような武装組織にも溶け込むイノベイドが登場した。

イノベイド 塩素配列パターン一覧

塩基配列パターン ◆0026
サンプル提供者  ◆E・A・レイ
リボンズ・アルマーク
ヒリング・ケア
スカイ・エクリプス
レイヴ・レチタティーヴォ(ビサイド・ペイン)』

塩基配列パターン ◆0988
サンプル提供者  ◆???
ティエリア・アーデ
リジェネ・レジェッタ
レティシア・アーデ

塩基配列パターン ◆0666
サンプル提供者  ◆???
ブリング・スタビティ
デヴァイン・ノヴァ
『フリンチ・ブレイク』
『ブラッド』
イノベイド兵

塩基配列パターン ◆???
サンプル提供者  ◆???
リヴァイヴ・リバイバル
アニュー・リターナー
『ピティホープ・グリース』
『報道官』

テリシラ・ヘルフィ
スルー・スルーズ

ハナヨ』※肉体を持たない擬似人格AI
ハヤナ
『ハーミヤ』

同型個体未確認
グラーベ・ヴィオレント
ヒクサー・フェルミ
ブリュン・ソンドハイム
ラーズ・グリース

未確認(舞台版専用)
イース・イースター

イノベイドに類似する存在

チームトリニティ
 イノベイドであるリボンズの遺伝子を元に作成した三人。
 それぞれ容姿が違う事から、リボンズのクローンでは無く、リボンズに加えコーナー家に寄せられた遺伝子サンプルを元に作られている。
 言うなれば、リボンズの子供達。イノベイド誕生には培養ポットで行われ、これをコーディネイターでも使われる疑似子宮と仮定した…としてもリボンズが父か母かという事はまったくわからず、リボンズ当人も駒以外の認識はない。

超兵
 人類革新連合のとある研究部門によって極秘裏に進められた、脳量子波を使用できるように調整した人類。
 ある程度まで成長した子供を手術によって改良したパターンと、受精卵の段階で遺伝子改良したパターンに分かれる。
 技術的に見ればイノベイド誕生技術の初期段階にあたり、イオリア達CB創設メンバーもこれと似たような実験を行っていた可能性が高い。
 人類革新連合側もこのまま実験を続けていけばイノベイドを誕生できた物と推測でき、その到着点は『反射と思考の融合』。

 前者の場合、幼く十分な成長を見込める子供に手術を行う事で情報を集める意味合いが高く、被験者は皆孤児であったり、誘拐されるなどの人権を無視した方法で集められた。
 後者の場合、蓄積したデータを元に遺伝子段階での改良と実験を続け、無数の赤子を文字通り『生産』し続ける事で生産性を高めようとしていた。
 どちらもイノベイドと比べれば非効率極まりない方法であり、肝心の脳量子波能力も、イノベイドをAとするならば、高くてもD止まりと評価を受けている。
 あまりにもな非人道的ぶりに人類革新連合内部でも批判を受けており、高い成果も出す事が出来なかったが、デザインベイビーの一人を「完成体一号」として上層部に報告する。
 だが、この事をきっかけに廃棄を経て生存していた被験者の一人が超兵計画の存続を知り、研究施設を破壊の上情報を全目界にリーク。なおかつ一号の直接上官となった軍人が研究内容を嫌悪していた事で庇う事無く研究凍結を行い、一号及び生存者、そして研究施設の外に出ていた少数を除き、超兵の技術は封印・凍結された(と思われる)。

関連記事

親記事

イノベイター いのべいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イノベイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38921

コメント